横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > ブログ > 横浜市都筑区|紫外線の影響で色褪せ・外壁塗装調査

    本日の現場ブログ

         

     日々の現場の様子をブログにてご紹介しております。
    ご質問などはお気軽にお問い合わせください!

    横浜市都筑区|紫外線の影響で色褪せ・外壁塗装調査

    更新日:2018年2月18日

    本日は横浜市都筑区にお住いのS様宅へ外壁塗装の為の調査へお伺いしました。S様宅では先日、屋根に雪止めを設置する工事を行いました。その際、屋根と外壁の色褪せが気になり、お尋ねすると塗装を行う為にいくつかの業者さんに調査・お見積りをお願いしているとの事です。

    紫外線の影響での色褪せ 増築部分(ガレージ)

    先日の雪の影響もあって、塗り替えを行う前に先行して雪止めの設置を考えていたそうです。すぐに対応が出来るところが、たまたま弊社であったのがきっかけで、雪止めの設置をさせて頂きました。そこで、建物に関するご事情をお伺いし、改めて、屋根・外壁の調査に参加させて頂く事になりました。

    S様宅は築15年、今回が初めての塗装になります。数年前に建物(ガレージ)の増築を行っており、その時から増築部分と比べ、汚れや色褪せが目立つのが気になっていたそうで、今回はその増築部分を除いての塗装をお考えの様です。

    増築部分との違い 色褪せが目立つ外壁

    確かに増築部分と比べると色褪せや古さが目立っている状況です。色褪せが起こる原因は紫外線によるものが多く、特に日当たりが良い箇所に関しては塗膜の劣化が極端に早く進みます。他の箇所と比べ、部分的に色褪せが目立ってしまう所が出てしまうのも紫外線の当たり方の影響によるものでもあります。逆に日当たりが悪く、湿気が溜まりやすい箇所に関しては、コケや藻が繁殖しやすく、黒ずみ、カビが発生しやすい原因になります。

    やや古さを感じる外壁 外壁材の劣化状況

    塗装を行う理由としては、紫外線や雨風などの自然環境から建物を保護するためです。素材に被膜をつくり、劣化の原因から建物を守ります。また、防水性の維持、美観を保つためにも必要なメンテナンスです。塗装の目安としては、新築や前回の塗装から10年以上経過している場合には検討する時期といえるでしょう。外壁に汚れやコケの繁殖、カビが確認されたり、手で触れると粉が付く(チョーキング(白亜化))の発生などが塗装時期のサインとなります。また、外壁にひび割れや反りなどが確認される場合は、雨水などが内部に浸入する危険性もある為、早急にメンテナンスを行う必要がございます。雨漏りなどをおこしてからでは下地補修など、余計に費用が掛かってしまう事にもなります。

    S様宅

    S様宅では現在、雨漏りなどの不具合は見つかっておりませんが、素材表面の劣化は顕著ですので、なるべく早めに塗装を行うのが良いと判断できます。

    今回の調査結果をもとに、塗装の仕方、塗料の選択、塗装後のアフターケアについてなど、弊社での出来る限りのご提案をさせて頂きます。街の外壁塗装やさん横浜店では調査・お見積りは無料です。他との違いを比べるためのご相談でも、お気軽にお声がけください。(フリーダイヤル0120-948-355)

     

    街の外壁塗装やさん横浜店

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
    1. お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着ブログ一覧

      2018-09-20 21:09:01 横浜市港北区築14年の屋根調査、防水効果を失った化粧スレートの現状

      IMG_8524

      本日は横浜市港北区にて、築14年で初めての屋根塗装を行う前に経年劣化や傷みがどの程度あるのか、しっかり調査しご説明するために屋根に上らせて頂いた時の様子をお伝えいたします。   築14年だからこうだ、など答えは常に同じとは限りません。様々な要因によって傷み具合も、その原因も建物によって異なります。同じ屋根の...続きを読む

      2018-09-18 07:57:08 川崎市高津区で塗装による外壁リフォーム、色はブラウン系(ND-342)の半艶です

      IMG_8524

      本日は川崎市高津区T様宅で行われました、塗装による外壁リフォームの様子をお伝えいたします。T様宅は築20年、中古で購入したばかりの建物になります。引っ越しを行う前に建物の点検を行ったところ、外壁塗膜の劣化「チョーキング」が窺われたため、塗装にるメンテナンスを行う事になりました。 「高圧洗浄を行う際は塗装とセットで...続きを読む

      2018-09-16 11:45:47 横浜市保土ヶ谷区のモルタル下地の外壁調査、モルタルは築10年前後で亀裂が入ることが多い

      IMG_8524

      近年建てられる住宅の外壁は、モルタル下地を使用した外壁とサイディングボードを使用した外壁が多いのですが、モルタルを下地に使用した外壁は亀裂が入りやすいと言われております。確かに調査にお伺いすると、サッシの四隅から亀裂が出来ていたり、コーナーが割れていたりするのを見かけます。亀裂から雨水が浸入すると、モルタル自体も傷みやすくなりさ...続きを読む

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る