横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > ブログ > 横浜市鶴見区磁器タイルやタイル目地の保護にファイングラシィSi

    本日の現場ブログ

         

     日々の現場の様子をブログにてご紹介しております。
    ご質問などはお気軽にお問い合わせください!

    横浜市鶴見区磁器タイルやタイル目地の保護にファイングラシィSi

    更新日:2017年6月10日

    横浜市鶴見区では戸建ても含め、磁器タイルを使用したビルやマンションが多く建てられております。

    磁器タイル張り

    モルタルやALC、コンクリートの外壁では塗装にてメンテナンスを行うことが多いのですが、磁器タイルを使用した外壁も塗装でメンテナンスをすることができます。磁器タイルやタイル目地用の塗料が存在します。中でも代表的なのが日本ペイントさんのファイングラシィSiです。ファイングラシィSiは、安定したシロキサン結合により強靭にタイル面へ付着して、ナノレベルの非常に薄い水膜を張ることで、タイル面や目地を炭酸ガスや酸性雨、凍害、汚れから長期間保護します。

    磁器タイル洗浄前 磁器タイル洗浄後

    磁器タイル面や目地を塗装する場合には、まずは塗料の付着を高めるために汚れを落とします。特に目地には汚れは浸み込んでいることが多く、浸み込んだ汚れを落さないと塗料の付着力低下に繋がります。磁器タイル用塗料は、タイルの色や形をそのまま残すためにクリヤー(透明)な仕様となっております。塗ってしまうと汚れが塗膜の内側に残ってしまうため、出来る限り落としておく必要があります。タイル用の洗浄剤を塗り、汚れが著しいところは洗浄剤を浸み込ませてから磨くなどしてから水で洗い流します。上の左側の画像は洗浄前にで、まだ目地が黒くなっておりますが、右側の洗浄後になると目地が白くなっているの分かると思います。洗浄するとこれだけ違いが出ます。

    ファイングラシィSi1回目

    タイル面の乾燥がしていることを確認したら、ファイングラシィSiを塗っていきます。ファイングラシィSiは2回塗りで今回は艶有りを使用しておりますが、艶の種類は5分艶と3分艶もあります。

    ファイングラシィSi2回目 ファイングラシィSi仕上り

    ファイングラシィSiの仕上りは、水で濡らした様な塗れ色と言われる仕上りになります。ピカピカと輝いてるように見えます。磁器タイルを使用した外壁は、築年数が経過するにつれ亀裂やタイル落下という現象が起こるようになります。前もって塗装をしておくことで劣化を防ぎ、亀裂やタイル落下という現象を防止することが出来ます。亀裂やタイル落下が起きてしまってからでは、タイルの補修や目地の打ち替えなどの塗装よりもコストのかかるメンテナンスとなりますので、そうなる前にまずは調査を行いましょう。磁器タイルの調査は弊社にお任せください。横浜市鶴見区磁器タイルやタイル目地の保護にファイングラシィSiをお伝えしました。

     

    ご質問やご不明な点が御座いましたら、フリーダイヤル0120-948-355までお気軽にご相談・お問合せ下さい。

    街の外壁塗装やさん横浜店

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
    1. お問い合わせはこちらから

      の各工程は下の一覧からご覧いただけます。

      の一覧

      2017/06/10 横浜市鶴見区磁器タイルやタイル目地の保護にファイングラシィSi 【現在閲覧中!】

         横浜市鶴見区では戸建ても含め、磁器タイルを使用したビルやマンションが多く建てられております。 モルタルやALC、コンクリートの外壁では塗装にてメンテナンスを行うことが多いのですが、磁器タイルを使用した外壁も塗装でメンテナンスをすることができます。磁器タイルやタイル目地用の塗料が存在します。中でも代表的なのが日本ペイ...続きを読む

      2016/05/24 藤沢市築18年のモルタルと磁器タイルの外壁を塗り替え調査

         藤沢市にある築18年のお宅より塗り替えの調査依頼がありました。 道路に面しているところは磁器タイルの壁で、面していないところはモルタルの壁です。以前に1度モルタル壁のみ塗り替えを行っているそうです。それでは調査に入ります。 モルタルの壁では亀裂がいくつか確認できます。塗膜の撥水性能が低下しているよう...続きを読む

      このページと共通する工事内容の新着ブログ一覧

      2019-01-13 09:10:31 横浜市南区三春台で外壁塗装の調査、取合いに打たれたコーキングの劣化でサイディングが傷んでおりました

      IMG_8524

      「築年数が結構経ってきたので、そろそろ外壁塗装をしたい」とご相談がございましたのは、横浜市南区三春台に住まいのN様からでした。さっそく調査にお伺いさせていただきました。建物には違う材料との隙間(取合い)にコーキング材が打たれていることが多く、そのコーキング材も築年数の経過とともに劣化していきます。このコーキングが劣化すると外壁に...続きを読む

      2019-01-13 08:06:19 横浜市保土ヶ谷区初音ヶ丘で日本ペイントパーフェクトトップND-503を使用しての外壁塗装

      IMG_8524

      本日は横浜市保土ヶ谷区T様宅で行われました、外壁塗装工事の様子をお伝えいたします。T様宅は築35年、先10年程は安心して暮らせるメンテナンスを、との事で今回屋根・外壁の塗装を行う事になります。もともとは屋根の劣化が顕著になり、屋根のみのメンテナンスをお考えでしたが、足場の有効活用も考慮に入れ、外壁の塗装も併せて行うことになりまし...続きを読む

      2019-01-11 15:02:58 横浜市青葉区美しが丘で行った外壁調査、ALCを使用した外壁は水を吸いやすいので早めに塗装でメンテナンス

      IMG_8524

      近年外壁に使用される材料はいくつか種類があります。大手の住宅メーカーで使用されるケースが多いのはALCという材料です。軽量気泡コンクリートを短縮してALCと呼んでおります。コンクリートなのに軽く、断熱性や耐震性、耐火性、耐久性に優れており、多くの新築建物に使用されております。メリットやデメリットと言ってしまうと「良い」とか「悪い...続きを読む

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る