横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
横浜外壁塗装工房にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > ブログ > 相模原市南区木材で造られた化粧板とモルタル壁の劣化

    本日の現場ブログ

         

     日々の現場の様子をブログにてご紹介しております。
    ご質問などはお気軽にお問い合わせください!

    相模原市南区木材で造られた化粧板とモルタル壁の劣化

    更新日:2016年10月8日

    相模原市南区にあるお宅より塗り替え調査のご依頼がありました。

    外観

    築30年は経過しているとの事ですが、玄関前が吹き抜けになっていたり、コーナーや帯に木材で造られた化粧板をたくさん使用しており、とてもお洒落なデザインです。

    チョーキング① チョーキング②

    チョーキング③ チョーキング④

    外壁や裏にある倉庫の扉を指で触ってみると白い粉が付着します。これはチョーキング(白亜化)と言いまして、塗膜の撥水性が失われ効力が無くなっている証拠です。塗り替えの時期は訪れているということです。

    水切り塗膜剥がれ 水切り塗膜剥がれ拡大

    こちらは基礎に沿って流れている化粧板の上に取付けられた水切りです。塗膜が劣化しておりバリバリに剥がれております。錆びている訳ではないので、塗り替えればまだまだ長持ちします。ケレンでしっかり既存の塗膜を落してから塗らないといけません。化粧板も同様に塗膜の脆弱部はしっかり落とす必要があります。

    外壁亀裂 外壁亀裂拡大

    サッシの角から亀裂が発生しております。古くなればなるほど亀裂は増えていきますので、外壁は外から眺めることで確認できるところも多いと思います。皆様のご自宅でも亀裂がないか1度確認されてみてはいかがでしょうか。

    バルコニー笠木 バルコニー腐食

    バルコニーの手摺の下にある間柱だけ塗膜が著しく剥がれております。間柱を触ってみると柔らかく、中が腐食しているのが判りました。

    笠木隙間

    間柱のちょうど真上には笠木の継ぎ目がありました。指が少し入るくらい大きな隙間です。これだけ隙間があれば、雨水はすぐに浸入します。この隙間から流れた雨水は笠木の中を伝って木材を腐食させました。腐食した状態では塗ることは出来てもすぐに剥がれます。よって間柱は塗装前に新しく交換することをご提案いたします。塗り替え調査では現状に見合った塗料選びももちろん大切ですが、塗る材料の状態を確認することも非常に大切です。

     

    ご質問やご不明な点が御座いましたら、フリーダイヤル0120-948-355までお気軽にご相談・お問合せ下さい。

     

    横浜外壁塗装工房

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
    1. お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着ブログ一覧

      2018-07-22 08:27:43 調査でわかった縦に大きく入ったクラック|横浜市都筑区

      IMG_8524

      そろそろ素人目でも汚れが目立つようになってきたためと、築年数15年目ということもあり、塗装をしたいとのお問合せを受け調査にお伺いいたしました。 本日はその様子をお伝えいたします。今回は外壁を見ていきますが、モルタル外壁でコテ仕上げということもあり、デザイン性が高い外壁になっておりました。 さっそく見ていきます。 ...続きを読む

      2018-07-21 09:46:52 相模原市中央区|モルタル外壁の劣化症状とメンテナンス

      IMG_8524

      ...続きを読む

      2018-07-19 10:23:50 窯業系サイディングのメンテナンスについて|相模原市南区

      IMG_8524

      ...続きを読む

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る