横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > ブログ > 秦野市|スレート瓦の劣化症状の確認と屋根塗装に絶対必要な工程をご紹介

    本日の現場ブログ

         

     日々の現場の様子をブログにてご紹介しております。
    ご質問などはお気軽にお問い合わせください!

    秦野市|スレート瓦の劣化症状の確認と屋根塗装に絶対必要な工程をご紹介

    更新日:2018年7月28日

    秦野市にお住まいのお客様より、屋根の点検を行ってほしいとのご相談をいただきました。
    前回のメンテナンスから約10年経つとのことで、見た目は劣化しているようにはあまり見えないが、専門業者の方に一度点検してもらい、必要であればメンテナンスを考えているとのことでした。
    屋根のメンテナンスは外壁同様10年に1度の間隔で行う事がおすすめです。
    新築から10年、前回のメンテナンスから10年経つお住まいは無料の点検を行いましょう。
    7a8c80bb04dd8532d73ff3fdd963c2ba-3
    早速ご相談を下さったお客様のお住まいを点検してまいりました。
    使用されている屋根材は、スレート屋根。
    スレート屋根は現在最もお住まいに使用されることが多い屋根材になります。スレート屋根材の寿命は約10~20年とされており、定期的なメンテナンスをしっかりと行う事で寿命を延ばすことが可能です。
    スレートの屋根の劣化症状を放置してしまうと、雨水が入り込み、雨漏りを引き起こしてしまう可能性もあります。雨が降るたびに、お住まいに雨水が入り込むと、お住まい内部の腐食が進み、お住まい自体の耐久性も低くなってしまうので気をつけなくてはいけません。
    実際にお客様の屋根に上がらせていただき劣化症状を確認していきます。
    スレート屋根の劣化症状には、色褪せやチョーキング、スレートの欠け、ひび割れがあります。
    お客様のお住まいの屋根では、色褪せやチョーキングはあまり見られませんでしたが、スレートの割れが一部発見されました。
    ひび割れも放置してしまうと割れた隙間より、雨水が入り込み雨漏りの可能性を引き起こしてしまうので、早めに補修を行う事をおすすめいたしました。
    31da7b7ea80d976ba176e8a1f803328c
    e15a96ed5ad6531d091b514e1a7f6890
    また、今回確認した中で気になったのが、縁切りです。
    この縁切りを行わないことで屋根の寿命は大きくかわります。
    ちなみに縁切りとは、屋根塗装を行う際にスレート瓦とスレート瓦の重ね目に塗料が入り込んでしまいそのまま乾燥して重ね目部分が塞がってしまわないように、カッターなどの工具で重ね目部分の塗膜を切っていくことです。
    これを行わないと、雨が降った際に重ね目部分から雨水が排出できず、雨水がお住まいに入り込んでしまうのです。
    そうなると、いくら塗装でメンテナンスを定期的に行っても、雨漏りを引き起してしまいます。
    縁切りされていないことが分かった場合は、屋根裏の確認も行っていきます。
    すでに雨漏りが発生していないか、雨漏りを引き起こす手前ではないか確認します。
    街の外壁塗装やさん横浜店では、外壁だけでなく、屋根の塗装、点検、ご相談も承っております。
    屋根の点検を行っていない方、これからメンテナンスを考えている方はお気軽にご相談ください。

    街の外壁塗装やさん横浜店

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
    1. お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着ブログ一覧

      2018-09-20 21:09:01 横浜市港北区築14年の屋根調査、防水効果を失った化粧スレートの現状

      IMG_8524

      本日は横浜市港北区にて、築14年で初めての屋根塗装を行う前に経年劣化や傷みがどの程度あるのか、しっかり調査しご説明するために屋根に上らせて頂いた時の様子をお伝えいたします。   築14年だからこうだ、など答えは常に同じとは限りません。様々な要因によって傷み具合も、その原因も建物によって異なります。同じ屋根の...続きを読む

      2018-09-06 09:38:10 秦野市でファインパーフェクトベストを使った鮮やかなブルーの屋根へ塗り替え

      IMG_8524

      スレートや経年によって色褪せやひび割れが発生する 本日ご紹介いたしますのは秦野市で行った屋根塗装の様子です。対象となる屋根にはスレートが使われていますが、スレートは経年によって劣化し色褪せやひび割れが発生します。それを防ぎ長持ちさせるためにも屋根の塗装を定期的に行っていく必要があります。今回はファインパーフェクトベストという屋...続きを読む

      2018-09-02 16:17:23 横浜市鶴見区で屋根塗装、遮熱塗料サーモアイのクールライトグレーで仕上げました

      IMG_8524

      本日は築14年経ちました横浜市鶴見区の木造2階建て住宅の屋根塗装、仕上げの様子をご紹介致します。 遮熱塗料サーモアイを使って塗ると決めてから、塗料の性質上淡い色の方がより遮熱効果が得られるのと、もっと屋根を明るくしたいとのご希望もあったため、今回はクールライトグレーを使う事に決めておりました。一番反射率が高いものでクールホ...続きを読む

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る