横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > ブログ > 藤沢市辻堂東海岸にてファインパーフェクトベストの赤さび色で屋根塗装工事

    本日の現場ブログ

         

     日々の現場の様子をブログにてご紹介しております。
    ご質問などはお気軽にお問い合わせください!

    藤沢市辻堂東海岸にてファインパーフェクトベストの赤さび色で屋根塗装工事

    更新日:2019年4月3日

    本日は藤沢市辻堂東海岸I様宅で行いました、屋根塗装工事の様子をお伝えいたします。I様宅は築35年程、屋根にはスレートが葺かれておりますが、棟部分は瓦が載せられております。今回はスレート部分を塗装によるメンテナンスを行います。

    「高圧洗浄・タスペーサー」

    高圧洗浄 タスペーサー設置

    塗装の前には下地処理が必要です。まずは高圧洗浄にてこびりついた汚れや旧塗膜などを削ぎ落します。洗い流すのではなく、圧力を調節しながら削ぐイメージです。洗浄後は縁切り用にタスペーサーを設置いたします。縁切り作業は屋根塗装にとっては重要です。塗装後に屋根全体が塗膜で覆われたままですと、屋根内部(下地)に溜まった結露や水分の逃げ道がない状態になります。少なからず、屋根内部にも水分は発生しますので、逃げ道の確保は必須です。その隙間を設けるために設置するのがタスペーサー(縁切り作業)です。

    「屋根塗装(下塗り作業)」

    下塗り開始 下塗り後の様子

    塗装は下塗り・中塗り・上塗りの三工程が基本です。中でも下塗り作業は下地材の調整を含み、仕上げ塗料の密着性にも関わる重要な工程の一つです。塗料の吸い込みが激しい場合などは、下塗りを重ねて吸い込みを抑える役割も担います。下塗り作業までの工程を下地処理と位置付けているところもございます。

    「ファインパーフェクトベスト(赤さび)」

    ファインパーフェクトベスト 赤さび色

    今回I様宅で使用する仕上げ塗料は、日本ペイントのファインパーフェクトベストです。ファインパーフェクトベストはメーカー独自開発によるラジカル制御技術によって紫外線による塗膜の劣化を防ぐ特徴がございます。そのためシリコングレードを越える優れた耐候性を備えております。色は「赤さび」を選択。

    「屋根塗装完成」

    屋根塗装完成

    中塗り後は一度乾燥させ、上塗りの重ね塗りを行います。塗膜に厚みを持たせ、メーカー期待の耐候年数に近づけるためには、満遍なく全体的にしっかりと重ね塗るのが重要です。ただ厚く塗るのではなく、一定の厚みでムラなく塗り重ねるのが重要です。街の外壁塗装やさんでは施工に関する保証は勿論、塗装後のアフターメンテナンスも行っております。塗装に関するご相談はお気軽にお声がけください。

    街の外壁塗装やさん横浜店

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
    1. お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る