横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
VORT新横浜2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > 外壁塗装の工程の一つ、下塗りが重要である理由とは?

    外壁塗装の工程の一つ、下塗りが重要である理由とは?

    更新日:2020年1月27日

    皆様は外壁塗装の工程はご存知でしょうか?
    外壁塗装は、今ある外壁の上から塗料を塗るだけの作業だと、外壁塗装をした後の外壁に様々なトラブルが発生してしまいます。
    今回は、外壁塗装の重要な工程のひとつである、『下塗り』の必要性をお伝えしてまいります。
    下塗り作業

    下塗りの最大の目的とは

    外壁塗装の主な流れは、
    下塗り → 中塗り → 上塗り という工程となります。
    このうち、下塗りはプライマー、シーラー、サーフェイサーといった下塗り専用の塗料を使用し、中塗りと上塗りは仕上げ用の塗料を使用します。

    【下塗り塗料の役割】

    下塗りをする最大の目的は、「外壁材と上塗り塗料の密着性を向上させること」です。
    下塗りをせず、そのまま直接外壁材に上塗り塗料を塗ってしまうと、外壁材と仕上げ用塗料がしっかりと密着せず、塗膜が剥がれてきてしまうのです。
    では、下塗り塗料のその他の役割とは何でしょうか。

    ・思い通りの発色にしてくれる
    上塗りだけだと、下地の色が透けて見えてしまいます。下塗りをしてあげることで、仕上げ用塗料を塗った際に思い通りの発色にしてくれます。

    ・下地に上塗り塗料が吸収されるのを防ぐ
    外壁材によっては塗料を吸収しやすい材料でできている外壁材も存在します。上塗り塗料を吸収してしまうと、余計な塗料を消費し、その分費用も掛かってしまいます。下塗りは、下地に上塗り塗料が吸収されるのを防いでくれます。
    剥がれてしまった塗膜
    塗装

    下塗りをする際の注意点

    ・外壁に付着している汚れを落とす
    外壁に汚れなどが付着したまま下塗り作業をしてしまうと、塗膜が剥がれる原因となります。そのため、下塗りを行う前に高圧洗浄機で外壁に付着した汚れをしっかりと洗浄する必要があります。

    ・下地の補修
    もし外壁にクラック(ひび割れ)などが発生し補修が必要な場合は、先にクラック(ひび割れ)の補修を行ってから下塗り作業に進みます。
    また、塗膜の劣化が進み剥がれているのが見受けられた場合、古い塗膜も剥がしてから作業を行わないと、外壁塗装をしてもまた塗膜が剥がれてしまう原因となります。

    ・下塗りをしっかり乾燥させる
    下塗りがしっかりと乾いていない状態で中塗りや上塗りを行ってしまうと、こちらも塗膜が剥がれてしまう原因となるため、下塗りはしっかりと乾かす必要があります。
    高圧洗浄
    補修
    下塗りを行わないまま中塗りや上塗りをしてしまうと、外壁のトラブル発生へと繋がります。
    そのため下塗りは、外壁塗装の工程の中でも、一番重要な工程を言っても過言ではありません。
    皆様も外壁塗装をご検討の際は、このような必要な知識を身に着けてから依頼をするとさらに安心かもしれません。
    もし何かご心配なことがございましたら、街の外壁塗装やさん横浜店に是非お任せください。

    街の外壁塗装やさん横浜店

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
    1. お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る