横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
VORT新横浜2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > 外壁塗装をする際は破風や鼻隠しなどの付帯部と一緒に、雨戸のメンテナンスもしましょ.....

    外壁塗装をする際は破風や鼻隠しなどの付帯部と一緒に、雨戸のメンテナンスもしましょう

    更新日:2020年2月6日

    皆様は外壁塗装工事と聞くと、「塗装できるのは外壁だけなのかな?」と思う方もいらっしゃるかと思います。
    しかし、外壁塗装を行う際は、もちろん付帯部も一緒に塗装をさせていただきます。また、ご希望の場合は雨戸も一緒に塗装することができます。
    今回は、外壁塗装工事を施工する際に、外壁以外で塗装が出来る箇所、付帯部の『破風・鼻隠し』と『雨戸』をご紹介いたします。

    破風・鼻隠し

    破風 塗装作業
    破風
    鼻隠し 塗装
    鼻隠し
    まず、「破風・鼻隠しってどこの箇所?」と思う方もいらっしゃるかと思います。
    破風・鼻隠しとは、

    屋根の端の部材であり、
    ・雨樋が設置されておらず、傾斜がある部分を『破風』
    ・雨樋が設置されている横板状の部材を『鼻隠し』 と呼びます。
    イメージとしてはほぼ似た箇所ではありますが、傾斜と雨樋の設置の有無によって呼び方が変わっているのです。

    外壁の塗膜が剥がれたり劣化するのと同様に、破風・鼻隠しの塗膜も劣化が進むと剥がれてきます。
    さらに劣化が進むと、破風材自体の交換も必要になってきます。状態が悪化する前に補修をすることが大切です。

    雨戸

    雨戸 塗装中
    雨戸 塗装後
    次に、雨戸です。雨戸は、雨や風から窓を守ってくれています。
    雨風にさらされ続けることによって、劣化してきます。
    金属製のものは劣化してくると表面がサビてきてしまったり、木製のものは水分を吸収するため腐食してきます。
    雨戸が劣化してしまうと、外観も悪くなってしまいます。また、雨戸のサビや汚れが外壁に付着してしまうと、外壁の劣化、腐食の原因にも繋がってしまいます。
    外壁や破風・鼻隠しなどの付帯部だけでなく、雨戸も一緒に定期的にメンテナンスをし塗装してあげることが大切です。
    ただ、雨戸への塗装は破風や鼻隠し、軒天とは違い、別途費用が必要になりますので、ご相談ください。
    外壁塗装作業中
    お家の部材はそれぞれ大切な役割を担っています。
    外壁塗装をご検討の際は、外壁や付帯部だけでなく、雨戸などのメンテナンスも一緒に考えてみると良いでしょう。
    街の外壁塗装やさん横浜店では、無料で点検も行っております。何でもお気軽にご相談ください。

    街の外壁塗装やさん横浜店

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
    1. お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る