横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
VORT新横浜2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > 春に向けて外壁塗装のご検討をお勧め!付帯部や屋根の状態もチェックしてみましょう

    春に向けて外壁塗装のご検討をお勧め!付帯部や屋根の状態もチェックしてみましょう

    更新日:2020年2月13日

    2月ももう中旬となり、まだまだ冷え込む季節ではありますが冬ももうすぐ終わりが近づいてきましたね。
    皆様は外壁塗装が湿度や温度などの関係から、春が適していることをご存知でしょうか?
    外壁の劣化がそろそろ気になってきた方や、ご自宅を一度もメンテナンスされていない方は、春に向けて外壁塗装を是非ご検討してみてください。
    でも、「外壁はまだまだ劣化してないし塗装しなくても良さそう・・・」と思う方もいらっしゃるかと思います。しかし、劣化する箇所はもちろん外壁だけではありません。
    今回は、外壁と、外壁の他にもチェックしてほしいご自宅の箇所についてお伝えします。
    春は外壁塗装に最適の季節

    ご自宅の状態をチェック!

    【まずは外壁が劣化していないか確認してみましょう】

    ・苔や藻、カビの発生
    ・汚れが付着している
    ・クラック(ひび割れ)が発生している
    チョーキング(白亜化)現象が発生している
    ・塗膜の色褪せ

    外壁に上記のような症状が見受けられた場合は、そろそろ外壁塗装の時期なのかな?と思っておいた方が良いでしょう。
    放置してしまうと、さらに深刻なダメージへと繋がり、塗装だけでは補修が出来なくなる場合もあります。また、その分費用もかかってしまいます。
    何か少しでも異常を見つけた場合は、一度メンテナンスをすることをお勧めします。
    雨樋の劣化
    雨戸に汚れが付着
    【雨樋や雨戸など、付帯部も劣化していないか確認しましょう】

    もちろんお家の構造は外壁だけで出来ているわけではありません。
    外壁だけでなく付帯部の状態も是非チェックしてみてください。

    ・雨樋が破損していないか
    ・雨戸はサビていないか
    ・破風や鼻隠しの塗膜が剥がれていないか
    ・窓のサッシは劣化していないか

    雨樋が破損してしまっていると、雨水を下水や地上に誘導する機能を失うため、外壁の劣化にも繋がります。
    また、窓のサッシも劣化していると、隙間から雨水の浸入を許してしまい、そこから雨漏りの原因となることもあります。
    破風や鼻隠しも劣化すると、補修が必要です。破風や鼻隠しに関しては高いところにありご自身でチェックしにくい箇所でもあるかと思うので、専門の業者に依頼してみると良いでしょう。
    破風のチェック
    屋根に苔や藻
    また、もちろん外壁や付帯部だけではなく、屋根もチェックが必要です。
    屋根にも苔や藻、カビが発生することがあります。苔や藻、カビが発生しているとどうしても外観も悪くなってしまいますし、屋根材の内部まで腐食してしまう原因にもなります。

    もし屋根もご心配な場合は、業者に点検を依頼しましょう。ただ、屋根はご自身の目で確認しにくい場所でもあります。そのため状態を偽って伝えてくる業者もあるので、注意が必要です。
    屋根の点検などを依頼する場合は、きちんと信頼できる業者を見つけることも大切です。
    街の外壁塗装やさん横浜店では、無料点検の際に、きちんと現状を撮影して写真や動画にし、皆様にご確認していただきますので、安心してお任せください。

    街の外壁塗装やさん横浜店

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
    1. お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る