横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
VORT新横浜2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > 落ち葉除けネットの設置で雨樋の破損を防ぎましょう

    工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
    新型コロナウィルス対策について
    オンラインでの無料相談・ご提案について

    落ち葉除けネットの設置で雨樋の破損を防ぎましょう

    落ち葉除けネットの設置で雨樋の破損を防ぎましょう

     定期的な住宅メンテナンスでは塗装がメインであり、築10年程度が経過された頃から塗装を検討される方が多いかと思います。屋根外壁はお住まいの経年劣化を見極める部位としてしっかり見られますが、雨戸や雨樋といった付帯部はただ屋根外壁塗装メンテナンスのついでに塗り替えているという方が多いのではないでしょうか?塗装を行う事で太陽光や雨水による経年劣化を防ぎ破損や腐食のリスクを軽減させることが出来ますが、中でも雨樋はどのお住まいにも外周を囲うように取り付けられているため屋根同様被害を受けやすい部位でもあります。破損してしまうと多くのケースで足場を仮設しなければならず補修費用も嵩んでしまいます。


     雨樋が破損する主な原因は風や雪などの自然災害によるものと経年劣化・雨樋の詰まり等によるものが挙げられます。自然災害によって破損した場合は火災保険が適用されますので自己負担なく復旧工事を行うことも出来ますが、雨樋の詰まり等によって破損してしまった場合は100%自己負担での補修となります。ご自身の支出を防ぐ為にも如何に破損を防いでいくかという事がポイントになります。そして経年劣化での雨樋破損はまだしも雨樋の詰まりは小さな工夫で防ぐ事が出来ます。そこでこのページでは雨樋破損の原因にもなる雨樋の詰まりを防ぐ落ち葉除けネットについてご紹介したいと思います。屋根外壁塗装等で必要になる足場仮設を有効活用して雨樋の破損も防いでいきましょう。

    【動画で確認「落ち葉除けネット」】
    長い文章のページとなっていますので、内容を動画でもまとめています。

    動画で見たいという方は是非ご覧ください!

    雨樋の詰まりがお住まいに与える悪影響とは?

     皆さんは雨樋が割れや歪みなど際立って破損している訳でもないのに雨水があふれ出てしまうといったトラブルに見舞われたことがありませんか?雨樋の継目に隙間が出来て漏れる状態でも、雨樋が外側に傾いている状態でもないのにも関わらず雨水が溢れてしまうというケースです。このようなケースはそれこそ何度も経験されたことがあるというお住まいと、長く住んでいるにも関わらず一度も経験したことが無いというお住まいと両極端に分かれます。
    雨樋の破損が無いのに雨水があふれ出てしまう
     雨樋が詰まる原因としては落ち葉や枝・土が溜まりやすい立地であるということが挙げられます。例えば公園や学校の近く、お住まい周辺もしくは庭に木々が生い茂っている等、周辺環境に大きく影響されます。庭の木々が問題であれば伐採すれば大きな改善を図れますが、公共施設の木々が問題であれば勝手に処分することも出来ない為ご自身のお住まいで対策を講じる必要があります。
    周辺に木々が生い茂っていると落ち葉などが雨樋に溜まりやすい
     雨樋が詰まる原因として「雨樋に鳥が巣を作ってしまった」というケースも多くご相談をいただくようになりました。鳥は木々等に巣を作っていたためこういったトラブルは少なかったのですが大きな鳥などの外敵から身を守る手段として、住宅の雨樋や瓦内部に鳥の巣を作ることが増えました。雨樋に鳥の巣が作られてしまうと雨水の流れが悪くなるだけでなく、鳥が運ぶ枝やビニール等の大きなゴミが雨樋を破損させてしまうきっかけになりかねません。
    鳥が雨樋に巣を作ってしまった
    雨樋から溢れた雨水は様々な悪影響を及ぼす

     落ち葉や土が雨樋に溜まってしまうと、本来雨水を地上に流す為の雨樋が詰まってしまいますので雨水があふれ出てしまいます。


     すると通常は雨水に晒される機会の少ない鼻隠しの腐食や劣化を引き起こしたり、軒天などの付帯部へ雨水が廻り変色やカビの発生、雨水が地上に落水してしまう事で跳ねた雨水が外壁を汚したりと様々な悪影響を及ぼしてしまいます。

    鼻隠しの劣化
    鼻隠しの腐食
    軒天など付帯部へ雨水が廻り変色やカビ
    地上に落水した雨水が外壁を汚す

     このような被害が生じると普段は気づきませんが、雨樋がお住まいの美観や耐久性を維持するために非常に重要な役割を持っているということが改めてわかっていただけるかと思います。


     雨樋の詰まりが起きないような状態を保つことが、結果として雨樋だけでなくお住まい全体を守る事にも繋がります。

    雨樋の詰まりを防ぐ為のメンテナンス方法
     雨樋に落ち葉や枝が溜まらないようにするためには定期的な清掃を行うか、落ち葉除けネットの設置で防ぐ事が出来ます。前述したとおり雨樋の詰まりが起きやすい立地のお住まいは一度だけではなく、時期や風向きによって何度も発生してしまう可能性があります。そこで2種類のメンテナンス方法それぞれのメリット・デメリットをご紹介しますので、どちらの方が有効的なのかを判断しましょう。
    定期的な清掃や落ち葉除けネットの設置で雨樋の詰まりを防ぎます
    定期的な清掃
     半年や1年に1回定期的に雨樋に溜まった落ち葉や枝を取り除くことで、雨樋の詰まりを解消していくメンテナンス方法です。
    定期的な清掃のメリット
    メリットは都度のコストが低く比較的簡単に取り組めることかと思います。
    定期的な清掃のデメリット
    デメリットはお住まいによって足場が必要になる可能性があるということです。つまり今後もメンテナンスを続けていく必要がある場合は、落ち葉除けネットの設置よりもコストが掛かる可能性もあります。
     雨樋の詰まりがほとんど見られず、塗装や屋根工事等で足場を仮設するタイミングでの清掃で改善できるお住まいに向いています。ベランダやバルコニー、庭に落ち葉が多く見られるお住まいは雨樋にも落ち葉が溜まっている可能性がありますので、一度雨樋の状態も確認しましょう。
    ベランダやバルコニーに落ち葉が見られる場合
    雨樋にも落ち葉が溜まっている可能性があります
    落ち葉除けネットの設置費用
     雨樋にロール状のネットを差し込むことで、雨樋が詰まる原因となる落ち葉や枝が雨樋に入らないようにするための方法です。取り付けは簡単で費用も3500円/m~とリーズナブルな価格での施工が可能です。
    18-46
    19-44
    メリット
    デメリット
     雨樋清掃のタイミングを忘れてしまう、清掃を行っているのに落ち葉がすぐに詰まってしまうとお悩みの方はポリカ製の落ち葉除けネット設置がオススメです。
    落ち葉除けネットの取り付け方と注意点
     では落ち葉除けネットを設置するにあたっての施工方法を簡単にご説明いたします。作業内容としては簡単でご自身でも落ち葉除けネットの取り付けが出来ると感じますが、雨樋は外壁よりも外側に突き出している為、窓等から手が届くような場所でもありません。脚立で届かない場合は無理をせず、しっかり専門業者に落ち葉除けネット設置工事を依頼しましょう。
    雨樋に溜まっている落ち葉等を取り除きます
     まずは雨樋に現在溜まっている落ち葉や枝、土等を綺麗に取り除いていきます。この時点で雨樋に隙間や歪みが見られる場合はあらかじめ雨樋交換をしておきましょう。雨樋清掃はホースで水を流し詰まりを解消していくのですが、足場や脚立が濡れ足元が滑りやすくなりますので怪我をしないように慎重に作業を進めていきます。
    雨樋に隙間や歪みが見られる場合は雨樋交換しましょう
    雨樋清掃後は水を流し詰まりを解消します
     塗装メンテナンスの際に屋根外壁材にこびりついた汚れや塗膜を高圧洗浄で流していきますが、雨樋に高圧洗浄を行うとかえって破損してしまう可能性がありますので、水圧を充分に弱めるかホースで丁寧に流していきましょう。
    やじるし
    落ち葉除けネットを雨樋に差し込む
     落ち葉除けネットは網目をロール状に巻いているため取り付けは非常に簡単です。雨樋の形状・長さに合わせて加工し差し込みます。雨樋と落ち葉除けネットの間に少しでも隙間があると落ち葉が入り込んでしまい、更には清掃しにくくなっていますので隙間が空かないよう綺麗に加工し取り付けなければなりません。
    雨樋の形状・長さに合わせて加工し差し込みます
    隙間が空かないよう取り付けます
     また落葉と同時に飛んでくる砂は非常に細かい為、落ち葉除けネットでは防ぎきれません。通常は雨天時に綺麗に流れていく為問題はありませんが、多く溜まってしまうと雨水で流れず苔や植物の発生原因にもなる為定期点検と清掃は心がけましょう。
    砂は非常の細かいため落ち葉除けネットでは防ぎきれません
    砂が多く溜まってしまうと苔や植物の発生原因に
    やじるし
    雨樋金具の固定
     最後に落ち葉除けネットが外れてしまわないよう針金等で樋吊金具にしっかり固定します。これは既存雨樋の形状や金具の状態によって固定方法が異なりますので、現地調査の段階でしっかり確認させていただきます。
    落ち葉除けネットに絡んだ落ち葉は取り除きましょう

     今後落ち葉除けネットの上に落ち葉が落ちてしまっても、しばらく経つと落ち葉が自然に乾燥し風で飛んでいくので詰まりによるトラブルを回避出来ます。


     しかし枝や落ち葉除けネットに絡んでしまった落ち葉は地上から確認出来る程目立ってしまいますので、気づいた時点で取り除いてあげましょう。

    落ち葉除けネットの設置は屋根外壁メンテナンス時がオススメ!

     雨樋が詰まる原因となる落ち葉や鳥の巣に悩まず雨樋の状態維持が出来るので、落ち葉除けネットの設置は非常にオススメです。しかし設置は簡単といっても安全対策の為にも足場は欠かせず、費用も思っているより高額になってしまう可能性があります。そのため外壁塗装や屋根工事で足場を仮設するタイミングで落ち葉除けネットの設置を検討しましょう。

    落ち葉除けネット設置のタイミング
    足場を仮設するタイミングでの落ち葉除けネットの設置がおすすめです

     外壁塗装メンテナンスと同時に行う事で雨樋の外側も塗装で綺麗に仕上げられますし、内側は落ち葉除けネットを設置するお陰で破損のリスクを最小限に抑えることが可能です。

     

     落ち葉除けネット設置や雨樋補修・交換は通常屋根業者が行う工事内容でもありますが、街の外壁塗装やさんでは塗装だけでなくお住まいの経年劣化にあわせて外壁張替や屋根カバー工法といった外装全体のメンテナンスをご提案させていただくことも可能です。

    街の外壁塗装やさんでは外壁全体のメンテナンスも可能です
     塗装業者とは別に屋根業者や大工に工事を依頼すると施工の順番調整も難しいので工期も延び、業者の入れ替わり立ち替わりでお客様ご自身も大きなストレスを抱えてしまいます。せっかく塗装で綺麗に仕上げた雨樋や外壁を落ち葉除けネットの設置で汚してしまうことも考えられます。街の外壁塗装やさんは塗装の専門会社です。しかしお住まいの状態に合わせたメンテナンスをご提案させていただくためにも外装全体の調査を行い最適な補修方法を考えた上で決定していきます。
    外壁全体の調査を行い最適な補修方法を決定していきます
     外壁塗装は検討しているがそれ以外にも補修しなければならないような気になる部位がある、お住まい全体のメンテナンスを考えている、一社にまとめてお住まいのメンテナンスを任せたいという方は一度街の外壁塗装やさんへご相談ください。点検・お見積りは無料、数多くの施工案件から落ち葉除けネット設置後の様子や塗装の仕上がり(色・塗り分け・施工方法等)もあわせてご紹介させていただきますのでご安心ください。
    点検・お見積りは無料です!お気軽にご相談ください
    落ち葉除けネットの設置で雨樋の破損を防ぎましょうのまとめ

    お住まいの塗装 ここがポイント

    外壁塗装料金プラン
    施工事例
    7つの約束
    5つのルール
    後悔しない色選び
    会社概要

    お問い合わせページへのリンク

    ページの先頭へ戻る