横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > 施工事例 > 二宮町二宮で築18年、間違った補修をされたスレート屋根の棟板金交換して屋根塗装

    中郡二宮町の施工事例

    二宮町二宮で築18年、間違った補修をされたスレート屋根の棟板金交換して屋根塗装

    【施工前】
    屋根塗装前の茶色のスレート屋根

    【施工後】
    屋根塗装で緑になったスレート屋根

    【お問い合わせのきっかけ】

    外壁は定期的に塗り替えているものの、屋根は何年も前に一度だけ補修をしたという二宮町二宮のお客様です。ここ数年の大型化する台風の報道を見て、屋根はほぼ何もメンテナンスしていないから不安になり、ご相談をいただきました。実際にご近隣の方が何人か被災しており、そのこともお問い合わせする理由になったそうです。ご希望の工事はスレート屋根を屋根塗装して、この際だから悪くなっている部分を定期的に直したいということでした。点検した結果、スレート屋根は防水性を失っており、屋根塗装が必要な状態でした。また、棟板金におかしな施工をされており、こちらも修理が必要な状態でした。棟板金を交換と屋根塗装によるメンテナンスを行います。


    ITS事業部:魚住


    外壁は定期的に塗り替えているものの、屋根は何年も前に一度だけ補修をしたという二宮町二宮のお客様です。ここ数年の大型化する台風の報道を見て、屋根はほぼ何もメンテナンスしていないから不安になり、ご相談をいただきました。実際にご近隣の方が何人か被災しており、そのこともお問い合わせする理由になったそうです。ご希望の工事はスレート屋根を屋根塗装して、この際だから悪くなっている部分を定期的に直したいということでした。点検した結果、スレート屋根は防水性を失っており、屋根塗装が必要な状態でした。また、棟板金におかしな施工をされており、こちらも修理が必要な状態でした。棟板金を交換と屋根塗装によるメンテナンスを行います。


    ITS事業部:魚住


    【工事内容】
    屋根塗装 棟板金交換
    【工事詳細】
    使用材料
    ファインパーフェクトベスト
    施工期間
    7日間
    築年数
    築18年
    平米数
    71.7㎡(屋根部分)
    施工金額
    詳しくはお尋ねください
    お施主様
    I様邸
    保証
    8年(屋根塗装)
    ハウスメーカー
    お近くの工務店
    足場アイコン屋根塗装棟板金交換ン

    点検の様子~間違った施工された棟板金と色褪せたスレート屋根

    複雑な形状の屋根 棟板金カバー

    ドーマー(屋根の上に突き出した通風・採光用の窓)があるのはいいとして、複雑な形状の屋根です。こういった屋根は複雑な面を魅せるデザインだそうですが、雨漏りなどのトラブルが起こるとその浸入箇所などが分かりにくいと言われています。過去に補修歴があるということですが、その箇所はすぐに分かりました。棟板金の上に棟板金を被せて二重になっているところがあります。素直に棟板金を交換すべきなのに何でこのような補修をしたのでしょうか。

     

    苔が生えたスレート屋根 雨が降ってきたので撤収

    スレート屋根の表面は全体的に色褪せており、雨水が滞留しよすい部分は黒く変色しています。苔も発生していました。明らかに防水性が落ちている証拠です。明かり取り用の天窓が取り付けてあります。ここから雨漏りしたことはないそうですが、シーリングの跡があります。業者が念のために錆で穴が開きそうな部分を補修しておいたのでしょう。雨が降ってきたので急いで屋根から降りましょう。

     

    施工の様子~棟板金交換と屋根塗装

    足場仮設 棟板金と貫板撤去

    棟板金交換も、屋根塗装も、高所作業となるので足場を仮設します。勾配的には屋根足場をかけないでギリギリ作業できる範囲です。工事は棟板金交換から行います。棟板金を固定している釘は固定力がかなりなくなっており、釘貫で簡単に抜けてしまう状態でした。二宮町でも海の近くで風も強い地域で、昨今の大型化する台風でよく飛散しなかったものです。

     

    貫板取り付け

    棟板金を固定していた貫板も同様で腐食しており、ほぼ釘を抜くことなく屋根から撤去することができました。屋根に残った釘はすべて抜きます。何にしろ、被害が出る前に工事ができてよかったです。今シーズンは乗り切りましたが、来シーズンは間違いなく被災してもおかしくないレベルでした。棟板金を取り付ける新しい貫板をビスで固定し、棟板金をこれまたビスで固定していきます。

     

    棟板金交換、竣工

    棟板金交換完了

    棟板金交換が完了しました。これで通常の大きさの台風なら飛散することは絶対にありません。貫板は木製のため、雨水が浸入すると腐食していきます。そのため、棟板金は定期的な交換が必要です。設置から10年をめどに点検をしてあげて、必要に応じて交換工事を行えば、飛散は防げます。

     

    スレート屋根塗装の様子

    高圧洗浄 高圧洗浄2

    屋根塗装でなくても、建物において水で洗浄できる環境である場合、塗装する前には高圧洗浄を行います。画像だとただ水をかけているだけてのように見えますが、15Mpaの水圧で汚れだけでなく、脆弱になった塗膜も落としていきます。何しろ1㎠あたり150kgの圧力です。簡単に人の皮膚など切れてしまいます。取り扱いには注意が必要です。

     

    1液ベストシーラー シーラー塗布

    高圧洗浄後は1日以上、時間をおいてしっかりと乾燥させます。少しでも水分が残っていますと、塗料の密着力が落ちるからです。乾燥後はシーラーで下塗りを行います。シーラーにはこの後塗る塗料を密着させるはたらきがあります。乾燥時間については一番、シビアな工程です。

     

    タスペーサー挿入 中塗り

    スレートの重なり部分にタスペーサーと呼ばれるポリカーボネイト製の樹脂片を入れて、隙間を作ります。この隙間、実はスレート屋根にとってかなり重要な部分なのです。この隙間から屋根の下に入った雨水や湿気を排出しており、尾根塗装で隙間が塗料で塞がれたり、狭くなってしまうと雨漏りが発生する可能性があります。中塗り、下塗り前にタスペーサーで隙間を確保するのです。その後、中塗りに入ります。

     

    中塗り完了 上塗り

    中塗りが終了しました。この後、上塗りを行います。だいたいの塗装は下塗りと仕上げの中塗りと上塗りの計3回塗りです。もちろん、これ以上の塗りを重ねることもできますし、そのことによって塗膜を厚くすることもできますが、塗りを重ね過ぎると逆に塗膜は弱くなります。塗料の完全乾燥までには約1年かかると言われており、塗りを重ね過ぎるといつまでも乾かず、逆に脆弱になってしまうのです。

     

    竣工、スレート屋根塗装

    スレート屋根塗装完了

    スレート屋根への屋根塗装が完了しました。屋根が茶色から緑色にイメージチェンジしました。これだけでもお家全体のイメージチェンジになるものです。こちらのお家は屋根の勾配がかなりあり、地上からもよく見えるので余計にそう思えます。こちらの屋根塗装には8年の保証をお付けしましたので、安心してお過ごしください。

    街の外壁塗装やさん横浜店

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
        店舗詳細はこちら
    1. お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着ブログ一覧

      2020-07-08 12:51:01 横浜市戸塚区汲沢にて屋根と外壁の点検調査、色褪せしやすい色は赤で汚れが目立ちにくい色はベージュやアイボリー

      IMG_8524

       横浜市戸塚区汲沢にお住まいのH様より、屋根と外壁の点検調査のご依頼をいただきました。近所の屋根を工事していた業者からH様のお家についてご指摘があったようで、街の外壁塗装やさんにご相談くださいました。お家へ伺い、点検調査を行いました。 屋根の色褪せは屋根劣化のサインで赤は最も色褪せしやすい色  まずは屋根に登...続きを読む

      2020-07-06 12:12:05 逗子市桜山にて葺き替えをして20年経過したお家の点検調査、屋根は定期的に塗装をすることで耐用年数を伸ばすことができます

      IMG_8524

       逗子市桜山にお住まいのK様より、屋根葺き替えから20年経過したお家の点検調査のご依頼をいただきました。  現在もコロナウイルスの感染が広がる中、街の外壁塗装やさんではお客様に安心してご依頼いただけるよう対策を講じて点検調査を行っております。詳しくは「新型コロナウイルスについて」をご覧ください。   ...続きを読む

      2020-07-05 17:25:28 横浜市保土ヶ谷区上菅田町にて築20年以上経過した折板屋根、塗膜が剥がれ錆が屋根全体にまわる前に塗装工事をしておきましょう

      IMG_8524

       横浜市保土ヶ谷区上菅田町にお住まいのU様より、外壁塗装を以前やった時に屋根塗装を同時にしなかった。屋根だけ10年以上何もしていない状態なので心配との事でご相談がございました。折板屋根は金属ですので、錆が回ってしまったら雨漏りにも繋がりますし、錆が回りすぎ腐食が進んだ折板屋根は塗装ができなくなる事もございます。さっそく現地調査に...続きを読む

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る

      質問してね!

      私は街の屋根やさんの人工知能、AIコンシェルジュ!
      何を知りたい?

      9:03

      質問してね!