横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
VORT新横浜2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > 施工事例 > 寒川町小動で錆と塗膜剥がれが発生しはじめた心木無し瓦棒屋根を屋根塗装でリフレッシ.....

    寒川町の施工事例

    寒川町小動で錆と塗膜剥がれが発生しはじめた心木無し瓦棒屋根を屋根塗装でリフレッシュ

    【施工前】
    塗装前の瓦棒屋根

    【施工後】
    屋根塗装でリフレッシュされた瓦棒屋根

    【お問い合わせのきっかけ】

    下屋、1階の屋根を塗り替えたいという寒川町小動のお客様です。2階建てのお家で2階の屋根は耐久性の高い瓦屋根で、1階屋根は心木無しの瓦棒屋根でした。瓦棒屋根は金属で葺かれた屋根です。トタン屋根といった方がわかりやすいかもしれません。こらちの屋根、何回か塗り替えられているそうですが、以前の塗装から年月が経過しているため、錆が発生し、塗膜も剥がれてきていました。ここで、屋根塗装しておかなくては錆で穴が開き、雨漏りが始まってしまうでしょう。瓦棒屋根の寿命を延ばすため、屋根塗装を行います。


    担当:富田


    下屋、1階の屋根を塗り替えたいという寒川町小動のお客様です。2階建てのお家で2階の屋根は耐久性の高い瓦屋根で、1階屋根は心木無しの瓦棒屋根でした。瓦棒屋根は金属で葺かれた屋根です。トタン屋根といった方がわかりやすいかもしれません。こらちの屋根、何回か塗り替えられているそうですが、以前の塗装から年月が経過しているため、錆が発生し、塗膜も剥がれてきていました。ここで、屋根塗装しておかなくては錆で穴が開き、雨漏りが始まってしまうでしょう。瓦棒屋根の寿命を延ばすため、屋根塗装を行います。


    担当:富田


    【工事内容】
    屋根塗装
    【工事詳細】
    使用材料
    1液ハイポンファインデクロ,ファインルーフSi
    施工期間
    5日間
    築年数
    築33年
    平米数
    68.1㎡(下屋部分)
    施工金額
    詳しくはお尋ねください
    お施主様
    Y様邸
    保証
    金属の塗装なのでお付けしておりません
    ハウスメーカー
    お近くの工務店
    屋根塗装

    点検の様子~錆が発生し、塗膜も剥がれてきた瓦棒屋根

    塗膜が薄くなってきた瓦棒屋根 塗膜の剥がれが発生

    見た目でも分かるとおり、経年による風化のため、塗膜が薄くなってきた瓦棒屋根です。錆が発生し、塗膜が剥がれてきた部分も出てきました。錆が発生すると、その部分の鋼板の体積も増えるため、塗膜が剥がれやすくなります。

     

    錆が発生し、塗膜が剥がれている 錆が拡がってしまった金属屋根

    こちらではより錆が進行し、赤錆になってしまっていました。こうやって錆によって塗膜が点々と剥がれてしまうことを「花が咲く」と言うらしいのですが、塗装に関して言えば可憐な言葉ではなく、寧ろマイナスです。しっかりと屋根塗装して花のない均一な塗装面へと戻します。

     

    施工の様子~ケレンで錆を取ってから再塗装

    瓦棒屋根を高圧洗浄 錆がある部分は水圧を弱くして洗浄

    錆が出ている瓦棒屋根なので状態を見ながら高圧洗浄を行っていきます。強い水圧ですと錆びた部分に穴が開いてしまう可能性もあるため、慎重に洗浄を進めていきます。浮いている塗膜はこの洗浄で剥がれてきます。

     

    スクイーパーでケレン サンダーでケレン

    浮いている塗膜や表面の錆を削り取るためにケレンを行います。スクイーパーによる手作業の他、吊子の部分にはサンダーを使用しました。心木なしの瓦棒屋根は吊子の中は空洞のため、スクイーパーで勢いよくケレンすると変形させてしまう可能性もあるからです。

     

    下塗りは錆止め塗料を使用 小さな穴はテープで補強

    金属を塗装する場合、下塗りには錆止め塗料を使用します。今回は1液ハイポンファインデクロを使用しました。錆によって小さな穴が開いたり、下地が脆弱になってしまっている部分にはアルミテープで補強しておきます。アルミテープはアルミなので錆が発生しにくいのです。

     

    塗りにくい部分から塗っていくのが塗装のセオリー ローラーで中塗り

    塗装は塗りにくい部分や狭い部分から塗っていくのが決まりです。最初にひろい部分を塗ってしまうと、足の踏み場に困りますし、塗り忘れも生じやすいからです。狭い部分を刷毛で塗った後、広い部分をローラーで塗っていきます。色は深みのあるチョコレート色です。

     

    ファインルーフSiで上塗り 上塗りで錆ともおさらば

    最後の仕上げである上塗りを行います。この工程まで進むと、数日前は錆びて塗膜が剥がれていた屋根とは想像できなくなります。金属らしい艶を持った屋根となり、すっかり新しくなりました。これでしばらくは錆とは無縁の瓦棒屋根になりました。

     

    竣工、心木無し瓦棒屋根の塗装

    瓦棒屋根への塗装完了

    心木の無い瓦棒屋根は心木のある瓦棒屋根に較べて寿命が長いと言われています。雨水を吸ってしまう木製の心木がない分、周辺が錆びにくいからです。下屋ということで、二階の部屋の窓から目視による点検も容易です。季節毎に定期的にチェックしていただければと思います。

    街の外壁塗装やさん横浜店

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店

      お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着ブログ一覧

      2020-09-17 11:21:23 横浜市青葉区奈良にてお家の点検調査、外壁と一緒に軒天や雨樋など付帯部と呼ばれる場所も塗装をします

      IMG_8524

       横浜市青葉区奈良にお住まいのS様より、お住まいの点検調査とお見積もりの作成のご依頼をいただき、ご自宅へ伺いました。私たち街の外壁塗装やさんでは点検調査〜お見積もりの作成まで無料で行っております(詳しくはこちら)。  いまだ収束の兆しが見えない新型コロナウイルスに多くの方が不安を抱えているかと思います。街の外壁塗装やさんでは新...続きを読む

      2020-09-15 11:04:51 横浜市港南区笹下にて築15年のお住まいの点検調査、外壁のコーキング材は塗料と同じ耐用年数のものがお勧めです

      IMG_8524

       横浜市港南区笹下にお住まいのS様より「築15年が経った家の屋根と外壁の塗装を検討中」とのご相談をいただき、点検調査に伺いました。  街の外壁塗装やさんでは新型コロナウイルス感染拡大防止の対策を徹底し、お客様のお家へ伺っております。 屋根の色あせと苔の発生は塗料の劣化が原因です  まずは屋根に登って点検調査をし...続きを読む

      2020-09-09 12:04:12 横浜市泉区下和泉にて下屋の点検調査、金属屋根の塗装には錆を落とすケレン作業が欠かせません

      IMG_8524

       横浜市泉区下和泉にお住まいのY様より「塗装を考えている」とのご相談があり、点検調査に伺いました。  街の外壁塗装やさんでは新型コロナウイルスの対策を行ってお客様のお家に点検調査に伺っております。詳しくは「新型コロナウイルスについて」をご覧ください。 金属屋根の軽度な劣化は塗装によって補修します  今回は下屋を...続きを読む

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る