横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > ブログ > 川崎市高津区の外壁塗装前点検からクラックや塗膜剥がれが発覚

    本日の現場ブログ

         

     日々の現場の様子をブログにてご紹介しております。
    ご質問などはお気軽にお問い合わせください!

    川崎市高津区の外壁塗装前点検からクラックや塗膜剥がれが発覚

    更新日:2016年9月8日

    本日ご紹介いたしますのは川崎市高津区で行った外壁塗装前の調査の様子です。過去に数回外壁塗装を行っており、今回もそろそろ塗り替えが必要かと思って問い合わせをしたということです。まずはお住まいの状態を確認し、塗装に限らずお手入れが必要な箇所のメンテナンスをご提案させていただきたいと思います。

    川崎市高津区 点検時の外観 川崎市高津区 外壁のクラック

    お住まいの外観です(左写真)。点検当日は曇りということもありますが、全体的に色褪せしておりどことなく暗い印象を受けます。バルコニー付近には錆の流れたような跡も付いているので、そこも気になる所です。
    さらに近くで見ると、随所にクラックが発生していることが分かりました(右写真)。モルタルの外壁は経年によってこのようにクラックが発生することがよくあります。クラックには軽度のヘアクラックから、お住まいの耐久性を低下させる構造クラックなど、状態によって呼び方が変わります。ヘアクラックであれば塗装で対応できますが、構造クラックの場合は周辺をカットしてモルタル再施工が必要になります。

    川崎市高津区 軒天の化粧板が剥がれている 川崎市高津区 鼻隠しがずれている

    軒天にも傷みがでていました。化粧板が剥がれてしまっている他(左写真)、鼻隠しの接合部がずれたりしています(右写真)。軒天が傷むと、その隙間から屋内に小動物が侵入することがあります。中に巣を作られてしまうと糞尿によって悪臭だけでなく木部を著しく傷めることになりますので、早めに補修して健全な状態にしておかなければなりません。

    川崎市高津区 木部の塗膜が剥がれている 川崎市高津区 霧除け庇の塗膜が劣化してチョーキングを起こしている

    木部の塗膜が剥がれて下地が見えていました(左写真)。木はご存知の通り水分によって劣化が進みます。塗膜があることで水分から保護されているのですが、その効果がなくなれば劣化を早めることになってしまいます。霧除けもチョーキング(白亜化)という塗料の粉化が見られましたので、塗り替えが必要であると判断できます。

    今回の調査から、外壁塗装に合わせてクラック補修と軒天の補修をご提案させていただきました。塗り替え時期を迎えたお住まいは、だいぶ年数が経っているのでほとんどの場合で別にもお手入れが必要になります。一度の工事に合わせて補修をまとめて行えば、時間差で不具合が出てくることも少なく、また次回のメンテナンス時期も分かりやすいです。街の外壁塗装やさん横浜店では塗装工事が終わった後も定期点検にお伺いしますので、これからのお住まいの健康管理も安心です。
    外壁塗装については専用ページで紹介しております。さらに詳しく知りたい方はそちらも合わせてご覧ください。外壁塗装をお考えの方へ

    街の外壁塗装やさん横浜店

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
    1. お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着ブログ一覧

      2018-09-18 07:57:08 川崎市高津区で塗装による外壁リフォーム、色はブラウン系(ND-342)の半艶です

      IMG_8524

      本日は川崎市高津区T様宅で行われました、塗装による外壁リフォームの様子をお伝えいたします。T様宅は築20年、中古で購入したばかりの建物になります。引っ越しを行う前に建物の点検を行ったところ、外壁塗膜の劣化「チョーキング」が窺われたため、塗装にるメンテナンスを行う事になりました。 「高圧洗浄を行う際は塗装とセットで...続きを読む

      2018-09-16 11:45:47 横浜市保土ヶ谷区のモルタル下地の外壁調査、モルタルは築10年前後で亀裂が入ることが多い

      IMG_8524

      近年建てられる住宅の外壁は、モルタル下地を使用した外壁とサイディングボードを使用した外壁が多いのですが、モルタルを下地に使用した外壁は亀裂が入りやすいと言われております。確かに調査にお伺いすると、サッシの四隅から亀裂が出来ていたり、コーナーが割れていたりするのを見かけます。亀裂から雨水が浸入すると、モルタル自体も傷みやすくなりさ...続きを読む

      2018-09-16 08:21:14 横須賀市で築30年の外壁塗装、付帯部分は人気のこげ茶「ファインSi(23-255)」

      IMG_8524

      本日は横須賀市M様宅で行われました外壁塗装工事の様子をお伝えいたします。M様宅は築30年、外壁はラップサイディングで施工されており、塗装によるメンテナンスは今回が初めてになります。色は今までと似た色合いをご希望との事で、外壁には日本ペイント パーフェクトトップからND-105。付帯部分には人気のこげ茶、日本ペイントファインSiよ...続きを読む

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る