横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > ブログ > 平塚市で外壁塗装前の点検でコーキング劣化やサイディング浮きを確認

    本日の現場ブログ

         

     日々の現場の様子をブログにてご紹介しております。
    ご質問などはお気軽にお問い合わせください!

    平塚市で外壁塗装前の点検でコーキング劣化やサイディング浮きを確認

    更新日:2016年8月1日

    平塚市で外壁調査のご依頼をお受けいたしました。
    新築で購入し、今年で20年ほど経つというお話しですが、今回が初めての外装リフォームだそうです。20年というとお住まいにとっては何かしら不具合が発生してもおかしくない時期です。今のところ特に建物で問題を感じたことはないということですが、点検では何か異常が見つかるかもしれません。

    平塚市 外壁塗装前の点検  平塚市 外壁塗装前の点検 外壁にチョーキングが発生している

    これから調査を行うお住まいです(左写真)。全体を見た感じで、極端に汚れていたり傷んでいたりということはなさそうですが、うっすらと汚れてくすんだ印象を受けます。
    外壁を手で直接触ってみるとサイディング表面がざらついて、さらに粉状のものが手に付着しました。この、粉状のものは塗料が劣化したチョーキング(白亜化)という現象によるものです。チョーキングが見られた場合、表面の保護機能や撥水効果が低下しているということですので外壁塗装の時期と判断できます。

    平塚市 外壁塗装前の点検 サイディングボードの浮き 平塚市 外壁塗装前の点検 コーキングが痩せて隙間になっている

    サイディングボードに浮きが見られました(左写真)。固定用の釘が緩んできているようなので、こちらもメンテナンスが必要です。
    コーキングにも異常が出ており、痩せて隙間ができてしまっています(右写真)。コーキングは耐用年数が数年ですので、交換時期はゆうに過ぎています。年数が経ったコーキングは硬化して建物の伸縮に追従できなくなります。するとこのように隙間が発生し、そこから雨水が侵入すれば雨漏りになって建物を傷めることになるのです。

    平塚市 外壁塗装前の点検 サイディングがひび割れしている 平塚市 外壁塗装前の点検 苔が生えている

    サッシ付近にはサイディングボードにひび割れば発生しています(左写真)。また、日当たりの悪い北側の外壁には苔の発生も見られます(右写真)。ちょっと分かりにくいのですが、表面が緑っぽくなっているのがお分かりいただけるでしょうか?この緑のところが苔が生えている箇所です。苔の発生も外壁塗装の時期を知らせるサインです。

    今回の点検から外壁塗装、さらにコーキングの交換やサイディングボードのクラック補修をご提案いたしました。
    外壁塗装については専用ページがございますので、詳しく知りたい方はそちらもご覧ください。外壁塗装をお考えの方へ
    長く住んでいるお住まいでは、どうしても何かの不具合が発生してしまいますが、素人目では判断できない不具合も多くあります。ですので、別段悪い箇所がないとしても年数が経っている場合は専門業者に点検をお願いすることをお勧めします。
    街の屋根やさんでは点検、お見積り無料ですので、お気軽にご連絡ください。

    街の外壁塗装やさん横浜店

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
    1. お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着ブログ一覧

      2018-09-18 07:57:08 川崎市高津区で塗装による外壁リフォーム、色はブラウン系(ND-342)の半艶です

      IMG_8524

      本日は川崎市高津区T様宅で行われました、塗装による外壁リフォームの様子をお伝えいたします。T様宅は築20年、中古で購入したばかりの建物になります。引っ越しを行う前に建物の点検を行ったところ、外壁塗膜の劣化「チョーキング」が窺われたため、塗装にるメンテナンスを行う事になりました。 「高圧洗浄を行う際は塗装とセットで...続きを読む

      2018-09-16 11:45:47 横浜市保土ヶ谷区のモルタル下地の外壁調査、モルタルは築10年前後で亀裂が入ることが多い

      IMG_8524

      近年建てられる住宅の外壁は、モルタル下地を使用した外壁とサイディングボードを使用した外壁が多いのですが、モルタルを下地に使用した外壁は亀裂が入りやすいと言われております。確かに調査にお伺いすると、サッシの四隅から亀裂が出来ていたり、コーナーが割れていたりするのを見かけます。亀裂から雨水が浸入すると、モルタル自体も傷みやすくなりさ...続きを読む

      2018-09-16 08:21:14 横須賀市で築30年の外壁塗装、付帯部分は人気のこげ茶「ファインSi(23-255)」

      IMG_8524

      本日は横須賀市M様宅で行われました外壁塗装工事の様子をお伝えいたします。M様宅は築30年、外壁はラップサイディングで施工されており、塗装によるメンテナンスは今回が初めてになります。色は今までと似た色合いをご希望との事で、外壁には日本ペイント パーフェクトトップからND-105。付帯部分には人気のこげ茶、日本ペイントファインSiよ...続きを読む

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る