横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > ブログ > 横浜市南区で塗装時期を過ぎて屋根材が割れてしまった屋根の調査

    本日の現場ブログ

         

     日々の現場の様子をブログにてご紹介しております。
    ご質問などはお気軽にお問い合わせください!

    横浜市南区で塗装時期を過ぎて屋根材が割れてしまった屋根の調査

    更新日:2016年4月4日

    本日は横浜市南区で行った屋根塗装前の調査をご紹介します。普段からあまり屋根を見る機会はありませんが、見えにくいだけで常に太陽からの紫外線や降雨によって日々変化しています。屋根に塗られた塗料も時間が経っていくことでその効果がなくなります。放置すれば材自体を劣化させてしまいますので、そうなる前に必要なメンテナンスを行っていく必要があります。
    弊社の無料点検については「街の外壁塗装やさん横浜店のお住まい調査」で紹介しておりますので、あわせてご覧ください。

    横浜市南区 屋根塗装前の点検 横浜市南区 屋根塗装前の点検 採光窓

    これから調査を行うお住まいです(左写真)。こうして見ると、地上からはほとんど屋根は確認できません。郊外であればちょっと遠目からであれば屋根の状態が見えるのですが、住宅が密集しているところではそうもいきません。だからといって屋根に上るとなると長い梯子が必要になりますし、何よりも高所からの転落の危険がりますのであまりお勧めはできません。また、素人目では判断できない不具合もありますので、できるだけ専門業者に依頼するようにしましょう。ちなみに手前に見える梯子を使って屋根に上って点検を行います。
    屋根には採光窓が付いていました(右写真)。採光窓の付近は特に雨漏りなどの不具合が発生しやすい箇所です。コーキングなどの防水部が劣化してきたり、板金が剥がれてしまったりすることがありますが、現状大きな問題はなさそうです。しかし、年数が経っているので汚れやチョーキング(白亜化)が発生しています。

    横浜市南区 屋根塗装前の点検 スレートの淵の塗膜が薄くなっている 横浜市南区 屋根塗装前の点検 棟板金が浮いている

    屋根材表面の塗膜が劣化して薄くなっています(左写真)。全体的に塗膜が劣化していますが、特にスレートの淵は水分が長く滞留しますのでそこは色が変色していました。
    棟板金を固定する釘に浮きがありました(右写真)。釘が緩んでいることから棟板金自体も浮いてしまっています。こちらは早めに直しておかないと、強風が吹いたときに飛散してしまう危険があります。今の状態であれば釘をしっかり打ち込んでおけば問題ありませんが、放置していると棟板金が飛散して棟板金自体を交換しなければならなくなるかもしれません。工事の時は今より固定力の強いステンレスビスを使いますので、以前よりも強い棟板金になると思います。

    横浜市南区 屋根塗装前の点検 スレートが割れている 横浜市南区 屋根塗装前の点検 スレートが割れている

    スレートが割れてしまっている箇所が何箇所かありました。塗膜の保護機能が失われてしまえば屋根材は直接紫外線や水分の影響を受けることになります。屋根材自体を長持ちさせるためにも定期的に塗装することが大事です。屋根材が長く持つということはお住まいにとっても重要で、お住まいの寿命は屋根で決まると言われるくらいです。ですが、見えにくいからといってそのままというのは非常に危険ですので、定期的な点検を受け、不具合があればその都度補修するように心がけましょう。

    街の外壁塗装やさん横浜店

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
    1. お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着ブログ一覧

      2018-08-07 09:55:18 相模原市緑区のお客様からのご相談「軒天の塗装やメンテナンスについて」

      IMG_8524

      ...続きを読む

      2018-07-28 10:05:19 秦野市|スレート瓦の劣化症状の確認と屋根塗装に絶対必要な工程をご紹介

      IMG_8524

      ...続きを読む

      2018-07-14 07:48:41 横浜市鶴見区|5,6年後を見据えたメンテナンス・屋根外壁塗装

      IMG_8524

      本日は横浜市鶴見区にお住いのS様より、屋根外壁塗装の為の調査依頼を頂きました。S様宅は築30年、5,6年後には建て替え、若しくは建て壊しを検討。現状、雨漏りなどはないが、5、6年間何も手を付けないのには不安があるとの事で、全体的に塗装を施したいとのご要望です。 外壁にはところ所で補修痕が見受けられます。今まではご...続きを読む

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る