横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
VORT新横浜2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > ブログ > 横浜市西区で外壁塗装の時期を迎えたお住まいの点検

    工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
    新型コロナウィルス対策について
    オンラインでの無料相談・ご提案について

    本日の現場ブログ

         

     日々の現場の様子をブログにてご紹介しております。
    ご質問などはお気軽にお問い合わせください!

    横浜市西区で外壁塗装の時期を迎えたお住まいの点検

    更新日:2016年10月3日

    本日は横浜市西区で行ったお住まいの点検をご紹介いたします。そろそろ外壁塗装をしなければと考え、どれくらい費用がかかるかまずは見積もってほしいとのご連絡をお受けいたします。弊社では点検・お見積りが無料ですので、まずは点検を行って必要な工事をご提案させていただきます。

    横浜市西区 外壁塗装が必要になったお住まいの調査 横浜市西区 外壁塗装前には屋根に梯子をかけて屋根の状態も確認します

    これから調査を行うお住まいです(左写真)。遠目からですとあまりわかりませんが、近くで見たりすると色褪せしており塗料が劣化しているチョーキング(白亜化)という現象も見られました。
    お住まいの調査を行う場合、必須といえるのが屋根に上るための梯子です(右写真)。お見積りを作成するにあたり、屋根に上って屋根材の劣化具合や軒天の状態なども確認する必要があるからです。点検と称しても地上から双眼鏡で見たりするだけという業者もありますが、それでは屋根材の状態や下地の劣化具合、クラックなどは分かりません。外装リフォームを成功させるためにも、まずは事前の点検をしっかり行うことがとても大事なのです。

    横浜市西区 雨樋が外れている 横浜市西区 途中まで塗装している雨樋

    屋根に上ってみると、下屋の上にある雨樋が外れていました(左写真)。これでは排水が正しく行われず、大屋根からの雨水が下屋にまき散らすことになります。多少の雨であればそれほど問題はないかもしれませんが、雨量が多いと下屋の軒樋がオーバーフローして軒天を濡らしたりしてしまいます。当然軒天は劣化を早めますし、外壁を伝って流れる雨水で汚れも発生します。

    竪樋の一部が塗装されていました(右写真)。ご自分で塗装されたのかもしれませんが、おそらく高所は塗装が困難なので途中であきらめたのでしょう。今回の外壁塗装に合わせて雨樋(軒樋や竪樋)もしっかり塗装しておきますのでご安心ください。

    横浜市西区 軒天の化粧板が波打っている 横浜市西区 軒天の塗膜が剥がれている

    軒天の化粧板が波打っています(左写真)。おそらく水分の影響で木部が変形したのでしょう。だいぶ傷んでいるので軒天は補修が必要です。また、他の部分を見ると塗膜の剥がれも見られます(右写真)。軒天の傷んだ箇所は交換し、さらに塗装を行って保護しておきましょう。

    今回のお住まい調査から外壁塗装に合わせて雨樋工事と軒天の補修をご提案させていただきました。外壁塗装そう何度もあることではなく、10数年に一度くらいという間隔で行っていくものです。ですので、工事のタイミングに合わせてお住まいの傷んだ箇所をまとめて補修しておくことをお勧めします。一度の工事にしっかりメンテナンスしておけば次の塗装時期まで安心ですし、なにより今後の状態管理もしやすくなります。
    外壁塗装については専用ページでも紹介しておりますので、詳しく知りたい方はそちらも合わせてご覧ください。外壁の塗り替えをお考えの方へ

     

    街の外壁塗装やさん横浜店

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の外壁塗装やさん横浜支店

      お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着ブログ一覧

      IMG_8524

      IMG_8524

      2021-05-13
      横浜市緑区東本郷で積水ハウスのアパートの外壁塗装工事

       横浜市緑区東本郷で外壁塗装工事をおこないます。  アパートのオーナー様からのご要望で塗装工事をおこなうのですが、建物は積水ハウスで建てられていて、外壁はパネルで目地部分にはガスケットという樹脂製の目地材が嵌め込んであります。  築年数が経過してい...続きを読む

      IMG_8524

      IMG_8524

      2021-05-13
      横浜市青葉区美しが丘にて現地調査、スレート屋根の端が変色している場合はスレートが雨水を吸収しているサインです

       横浜市青葉区美しが丘にお住まいのH様より、「屋根・外壁塗装を検討している」と、メールでお問い合わせをいただき、現地調査へ伺いました。私たち街の外壁塗装やさんでは、お電話以外にもメールでのお問い合わせも可能となっています(メールでのお問い合わせはこちらから)。...続きを読む

      IMG_8524

      IMG_8524

      2021-05-11
      横浜市中区本牧満坂で外壁の点検、塗膜のひび割れとチョーキングを確認いたしました

        以前に塗装した外壁も年数が経過してくると傷んできます。横浜市中区本牧満坂にお住いになられているM様のお宅では、12年前に建物全体をメンテナンスした際に外壁塗装も行っておりました。しかし、12年が経過して少し異変に気が付いたそうです。それは外...続きを読む

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る