横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > ブログ > 横浜市青葉区で塗装による外装リフォームの事前点検

    本日の現場ブログ

         

     日々の現場の様子をブログにてご紹介しております。
    ご質問などはお気軽にお問い合わせください!

    横浜市青葉区で塗装による外装リフォームの事前点検

    更新日:2016年6月4日

    本日は横浜市青葉区で行った屋根と外壁の塗装前調査をご紹介いたします。
    新築で購入したお住まいでも、時間が経てば汚れたり色褪せしたりして美しい景観を保てなくなります。また、見た目の問題だけでなく塗装による保護機能も低下して下地を傷めてしまうことにもなりますので、定期的に塗り変えを行う必要があります。

    横浜市緑区 外壁塗装前の調査 横浜市緑区 外壁塗装前の調査 サイディングのクラック

    これから調査を行うお住まいです(左写真)。外壁は白のサイディングで、一見すると汚れはそれえほど目立っておりません。しかし、実際に手で触れてみるとチョーキング(白亜化)という塗料の粉状になった現象が見られました。これは塗膜が劣化している証拠です。また、サイディングを固定している釘付近が割れてしまっている箇所も見つかりました(右写真)。

    横浜市緑区 屋根の調査には梯子を使って屋根に上ります 横浜市緑区 屋根塗装前の調査 スレートに苔が生えている

    続いて屋根の状態を確認します。

    屋根は地上からだけでなく、実際に梯子を使って屋根に上って確認します(左写真)。屋根の勾配が急だったり、あまりに傷みが進んで危険な場合以外は屋根に上り、野地板の状態やスレートの割れといった細かい部分までしっかりチェックします。
    右写真は下屋のスレートですが、塗膜はほとんど残っておらず、苔の発生が進んでます。

    横浜市緑区 屋根塗装前の調査 破風板の塗膜が剥がれている 横浜市緑区 屋根塗装前の調査 コーキングの劣化

    左写真は破風板部分ですが、このあたりの塗膜も劣化して剥がれてしまっています。そしてコーキングも硬化が進んでシール効果が期待できない状態になっています(右写真)。コーキングはある程度弾力がなければ、お住まいの伸縮に追従できません。また、硬化だけでなく痩せやひび割れも発生しているので、塗装に合わせてコーキングの交換も必要です。

    今回の点検の結果、外壁と屋根の塗装をご提案いたしました。屋根に関しては屋根材の劣化が見られましたが、今回は塗装を行い、次の塗装時期には屋根材を交換すべく屋根カバー工法や屋根葺き替え工事を行うのがよろしいかと思います。
    塗装に関しては専用ページがございますので、さらに詳しく知りたい方はそちらも合わせてご覧ください。

    街の外壁塗装やさん横浜店

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
    1. お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着ブログ一覧

      2018-09-20 21:09:01 横浜市港北区築14年の屋根調査、防水効果を失った化粧スレートの現状

      IMG_8524

      本日は横浜市港北区にて、築14年で初めての屋根塗装を行う前に経年劣化や傷みがどの程度あるのか、しっかり調査しご説明するために屋根に上らせて頂いた時の様子をお伝えいたします。   築14年だからこうだ、など答えは常に同じとは限りません。様々な要因によって傷み具合も、その原因も建物によって異なります。同じ屋根の...続きを読む

      2018-09-18 07:57:08 川崎市高津区で塗装による外壁リフォーム、色はブラウン系(ND-342)の半艶です

      IMG_8524

      本日は川崎市高津区T様宅で行われました、塗装による外壁リフォームの様子をお伝えいたします。T様宅は築20年、中古で購入したばかりの建物になります。引っ越しを行う前に建物の点検を行ったところ、外壁塗膜の劣化「チョーキング」が窺われたため、塗装にるメンテナンスを行う事になりました。 「高圧洗浄を行う際は塗装とセットで...続きを読む

      2018-09-16 11:45:47 横浜市保土ヶ谷区のモルタル下地の外壁調査、モルタルは築10年前後で亀裂が入ることが多い

      IMG_8524

      近年建てられる住宅の外壁は、モルタル下地を使用した外壁とサイディングボードを使用した外壁が多いのですが、モルタルを下地に使用した外壁は亀裂が入りやすいと言われております。確かに調査にお伺いすると、サッシの四隅から亀裂が出来ていたり、コーナーが割れていたりするのを見かけます。亀裂から雨水が浸入すると、モルタル自体も傷みやすくなりさ...続きを読む

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る