横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > ブログ > 鎌倉市の外壁塗装前の点検でクラックや塗膜剥がれを確認しました

    本日の現場ブログ

         

     日々の現場の様子をブログにてご紹介しております。
    ご質問などはお気軽にお問い合わせください!

    鎌倉市の外壁塗装前の点検でクラックや塗膜剥がれを確認しました

    更新日:2016年10月31日

    本日ご紹介いたしますのは鎌倉市で行った外壁塗装前の点検です。外壁塗装を検討しているが、どれくら費用がかかるか分からないので、まずはお見積りをとりたいとうことですが、弊社では事前に建物を確認させていただき、下地の状態や建物の不具合などを洗い出してからお見積りを作成いたします。よくいただくお問合せで、㎡数などで大体の金額を教えて欲しいといったことがありますが、建物の状態によって変わってくることなのでご検討いただく上では一度点検をしたことでお見積りを出してもらうことが大事です。

    鎌倉市 外壁塗装前の点検 鎌倉市 擁壁の汚れ

    これから調査を行うお住まいです(左写真)。まず気になったのは擁壁です(右写真)。大分年数が経っていることから汚れが目立っています。また、クラックも発生しているのでお手入れが必要であることが分かります。街の外壁塗装やさん横浜店では外壁だけでなく擁壁の塗装も承っております。擁壁に発生したクラックは時間と共に広がっていき、その耐久性も徐々に下がっていきます。そのタイミングで地震などが発生すると崩れたりする危険がありますので、外壁塗装に合わせて擁壁もメンテナンスしておくことをお勧めします。

    鎌倉市 外壁のクラック補修跡 鎌倉市 外壁に新しく発生したクラック

    続いて外壁を見ていきます。外壁にはクラックが発生しており、以前行った補修の跡が随所で見られました(左写真)。しかし、補修後から年数が経ち新しくクラックが発生しております(右写真)。特に今回の調査対象のようにモルタルの外壁は年数が経ってくるとクラックが発生しやすいので注意が必要です。また、外壁の塗装は撥水効果も残っておらず、チョーキング(白亜化)という塗料が劣化して粉状になった状態も見られましたので外壁塗装が必要である判断できます。

    鎌倉市 軒天が汚れている 鎌倉市 サッシ付近の塗膜が剥がれている

    外壁以外にも軒天の汚れ(左写真)やサッシ付近の塗膜剥がれ(右写真)が見られました。塗装が剥がれてしまうと、その箇所は水分の影響を受けることになります。ご存知の通り、木は水分によって腐食します。水分から守り材を長持ちさせるためのも定期的に塗装を行う必要があるのです。

    今回の点検から当初のご希望であった外壁塗装に合わせてクラック補修や軒天などの塗装も合わせてご提案いたしました。お住まいは年数が経てばどうしてもお手入れが必要です。お手入れの時期が遅くなると、それだけ建物の傷みは進行しますのでできるだけ早めに点検を行い必要な箇所をメンテナンスしていくことが大事です。
    外壁塗装については専用ページで詳しく紹介しております。こちらのページも是非参考にしてみてはいかがでしょうか?外壁の塗り替えを検討されている方へ

     

    街の外壁塗装やさん横浜店

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
    1. お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着ブログ一覧

      2018-09-18 07:57:08 川崎市高津区で塗装による外壁リフォーム、色はブラウン系(ND-342)の半艶です

      IMG_8524

      本日は川崎市高津区T様宅で行われました、塗装による外壁リフォームの様子をお伝えいたします。T様宅は築20年、中古で購入したばかりの建物になります。引っ越しを行う前に建物の点検を行ったところ、外壁塗膜の劣化「チョーキング」が窺われたため、塗装にるメンテナンスを行う事になりました。 「高圧洗浄を行う際は塗装とセットで...続きを読む

      2018-09-16 11:45:47 横浜市保土ヶ谷区のモルタル下地の外壁調査、モルタルは築10年前後で亀裂が入ることが多い

      IMG_8524

      近年建てられる住宅の外壁は、モルタル下地を使用した外壁とサイディングボードを使用した外壁が多いのですが、モルタルを下地に使用した外壁は亀裂が入りやすいと言われております。確かに調査にお伺いすると、サッシの四隅から亀裂が出来ていたり、コーナーが割れていたりするのを見かけます。亀裂から雨水が浸入すると、モルタル自体も傷みやすくなりさ...続きを読む

      2018-09-16 08:21:14 横須賀市で築30年の外壁塗装、付帯部分は人気のこげ茶「ファインSi(23-255)」

      IMG_8524

      本日は横須賀市M様宅で行われました外壁塗装工事の様子をお伝えいたします。M様宅は築30年、外壁はラップサイディングで施工されており、塗装によるメンテナンスは今回が初めてになります。色は今までと似た色合いをご希望との事で、外壁には日本ペイント パーフェクトトップからND-105。付帯部分には人気のこげ茶、日本ペイントファインSiよ...続きを読む

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る