横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
VORT新横浜2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > サイディングと本物のタイルの見分け方をご紹介

    サイディングと本物のタイルの見分け方をご紹介

    更新日:2017年5月29日

    ここ最近で窯業系サイディングのお住まいがかなり増えてきたかと思います。
    ほとんどのお住まいが窯業系サイディングになった理由としては、工期が短く、安価であることや、デザインが多彩であるからとされています。
    特に、窯業系サイディングのデザインの中でもタイル調のデザインは、本物のタイルとそっくりな出来栄えになるため人気です。
    玄関まわり
    しかし注意点として、本物のタイルであれば外壁塗装の必要性がなく、メンテナンスだけで済みますが、窯業系サイディングの場合は本物のタイルそっくりであっても、必ず外壁塗装をする必要性があります。しかし、現在のお住まいが中古で買ったお住まいの場合、窯業系サイディングなのか本物のタイルなのかわからないという方も中にはいるかもしれません。 そうなると外壁塗装が必要かどうかわからなくなってしまいますよね。
    玄関
    目地
    そこで、本物のタイルか窯業系サイディングかどうか見分ける方法があります。
    その方法はとても簡単で、外壁にシーリング材が使用されているかどうかを見るだけです。ちなみにシーリング材とは、窯業系サイディングの継ぎ目に充填されているもので、隙間から雨水の浸入を防いだりしてくれます。垂直方法に1階、または2階の軒天までゴムのような物が詰められていればそれはシーリング材が使用されているということになるので、外壁塗装が必要になります。また、上記の左写真のようなタイルの並び方は複雑なため、実際に本物のタイルを使用している可能性は考えられないのでサイディングだと考えることも出来ます。シーリングも経年により劣化していきますのでメンテナンスを怠らないように注意しましょう。

    もしご自身で判断が難しいと感じた場合街の外壁塗装やさん横浜店までご相談ください。無料で点検・アドバイス致します。

    街の外壁塗装やさん横浜店

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
    1. お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る