横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
VORT新横浜2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ
  • イオン銀行住宅ローン

    HOME > モルタル下地の仕上げ種類と補修方法をご紹介

    モルタル下地の仕上げ種類と補修方法をご紹介

    更新日:2017年12月15日

    現在のお家のほとんどは、サイディングを使用していますが、一昔前の外壁はモルタルが主流でした。
    モルタルは、セメントと砂と水を練り混ぜて作られています。
    セメントが入っているのだから丈夫なんじゃないの?と疑問に思われる方もいらっしゃるかと思いますが、モルタルは防水性能が低いと言われています。そこで防水性を持たせるために、モルタル下地の上に塗装を行うのです。
    本日は、モルタル下地のひび割れ補修や、仕上げの種類などをご紹介したいと思います。
    モルタル劣化

    様々なモルタル下地の仕上げ種類

    モルタル下地には様々な種類があるのをご存知でしょうか。
    ・リシン仕上げ
    ・スタッコ仕上げ
    ・吹付タイル仕上げ
    ・左官仕上げ
    主に上記4つの種類がモルタル下地にはあります。
    リシン仕上げは、昔からある手法で、粒状に砕いた石に、樹脂、接着剤などを混ぜたものを吹き付けていきます。
    スタッコ仕上げは、石、合成樹脂エマルションなどを混ぜて、吹き付けたり、塗りつけたりしていきます。
    吹付タイル仕上げは、樹脂などの結合剤とけい砂、寒水石軽量骨材などの混合したものを口径の大きい塗装機で吹き付けていきます。
    左官仕上げでは、コテを使用し、仕上げていきます。左官職人の技術を要し、綺麗に仕上げるためには熟練した技術が必要になります。
    ひび割れ
    仕上げ

    ひび割れの補修方法

    お家のひび割れ、小さなものだし、DIYでなんとか補修できないかな…と思われる方もいらっしゃるかと思いますが、ひび割れが1ミリの幅を超えてしまっている場合はDIYはお勧めではありません。幅が超えてしまっているというお家は、DIYで補修する前に、専門の業者さんに劣化診断をしてもらうことがお勧めです。
    ちなみに、DIYで使用する道具には、モルタルパテ、ヘラ、養生テープ、サンドペーパー、ローラー、、塗料が必要になります。
    DIYでの補修では、やはりプロ並みに仕上げることは難しいです。
    DIYで行いたいけど不安という方やモルタル壁について困っている、悩んでいるという方は、街の外壁塗装やさん横浜店までお気軽にご相談くださいね。

    街の外壁塗装やさん横浜店

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
    1. お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る