横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
VORT新横浜2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > 塗料のバインダーの違いによるメリットとデメリット

    塗料のバインダーの違いによるメリットとデメリット

    更新日:2016年12月9日

    一般にアクリル塗料は現在、色の発色がよい、塗りやすさが良いなどから一昔前はよく使われていた塗料です。ヒビができやすいことやまた外壁での耐用年数短く、最大で8年ぐらいと言われています。
    ただ、アクリルそのものが弱いわけではありません。例えば、水族館の透明の水槽はアクリルを何層も特殊な接着剤を使って貼り付けて使われています。

    ペンキ缶コーティング

    ウレタン塗料は耐用年数が10年程で屋根の塗装にも使用されています。塗膜が柔らかく光沢が出てアクリル系塗料に比べて耐久性に優れています。屋根にも外壁にも使われていたので建築現場では重宝された塗料でした。デメリットとしてはシリコン系塗料に劣るというところです。

    シリコン塗料は耐用年数が長くて10~15年となっており、汚れが付きにくい、耐候性が高い特徴があります。当初は、価格が高かったのですが、ここ数年で安くなってきてはいます。

    上塗り作業2上塗り作業
    フッ素塗料は耐久性、耐熱性、親水性、防カビ性に優れた塗料です。耐用年数は長く、10年~20年となっています。価格面では最も高くて、ウレタンに比べて倍の価格になる場合もあります。

    このため、コスト面と耐久性を考えながらどの塗料を選ぶかはよく考えなければなりません。

    街の外壁塗装やさん横浜店

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
    1. お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る