横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
VORT新横浜2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > 塗装前のケレンについて

    塗装前のケレンについて

    更新日:2015年5月21日

    建物の塗装は、美観と強度保持の為に欠かせないものです。
    塗装前の下処理について何度かお話していますが、今回はケレン作業についてお話しようと思います。

    屋根や外壁を塗装する際には、まず表面の汚れを落とし、傷んでいる箇所を補修してから本格的な塗装作業が始まります。

    金属部(ドア、サッシなど)や木部(破風板、幕板、ウッドデッキなど)へと塗装を施す場合、

    屋根や外壁と同じく高圧洗浄を行うのですが、錆びや古い塗装部分のすべてを落としきれはしません。

    表面に残ったそれらを取り除き、整えるのがケレン作業です。

    因みにケレンという言葉は英語の「clean」に由来しているそうです。昔の職人さん達がクリーンをケレンと聞いて使い始めた言葉だとか。

    金属部や木部の塗装持ちが良くなるよう表面に傷をつける作業を目粗しといいます。ケレン作業にはこの目粗しも含まれます。

    雨戸のケレン雨樋のケレン

    ケレン作業が不十分なまま塗装をすると、せっかく塗装をしてもすぐに塗装面が傷みだします。

    塗装して2年目の縦樋
    耐久性のある塗料を使用して2年目でこの写真の様な状態になることもあります。

    しっかりケレンが出来ているか否かで塗料の耐久性と塗装後の美しさに差がでます。

     

    屋根や外壁の塗装と比べると金属部や木部はこまめなメンテナンスが必要です。

    5年を目安にメンテナンスをしてあげるといいでしょう。

    ケレンした鉄部ケレン後に塗装した鉄部 

    街の外壁塗装やさん横浜店

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
    1. お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る