横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
VORT新横浜2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ
  • イオン銀行住宅ローン

    HOME > 外壁リフォームの一つ、外壁カバー工法

    外壁リフォームの一つ、外壁カバー工法

    更新日:2017年10月18日

    外壁のリフォームには、外壁塗装・外壁張り替え工事・外壁カバー工法があります。
    その中でも、本日は外壁カバー工法について簡単なご紹介をしたいと思います。
    外観

    人気の手法?外壁カバー工法とは

    カバー工法とは、古い外壁を壊すことなく、新しい外壁材を上に重ねて張る手法の事を指します。
    使用する外壁材には大きくわけて「金属系サイディング」と「窯業系サイディング」の2種類があります。
    金属系サイディングの素材はガルバリウム鋼板とアルミがあります。ガルバリウム鋼板は、屋根材や金属の外壁として幅広く使用されています。
    また、窯業系サイディングの素材は、セメント材を中心に作られている外壁材です。以前はモルタル壁が主流でしたが、モルタル壁の代わりに新しくできた窯業系サイディングが今では主流となっています。
    下地
    カバー工法

    外壁カバー工法のメリットとデメリット

    カバー工法のメリットには、解体の手間が無く廃材が少ないというのがあります。もちろん解体や廃材処分の手間が無いので、費用も削減でき工期も短縮することができます。
    お住まいのリフォームの際、何気に負担になるのが、解体時です。済みながらのリフォームは、音や埃に悩まされることも多いのですが、カバー工法の場合ではそういった悩みが無くなります。
    他にもカバー工法のメリットとして、
    ・断熱性や遮音性などの機能を付加することができる
    ・外観のイメージを手軽に変えることが出来る
    などもあります。
    また、デメリットには、価格の面で外壁塗装と比較した際にどうしても割高になってしまう事や通常の外壁工事よりも施工が難しく、きちんとした知識や経験を持った職人さんが行わなければ、結露などの問題が起こってしまう可能性などがあります。

    リフォームの設備や建材の進化により、外壁も以前より手軽にリフォームすることができるようになってきています。カバー工法は色だけでなく、質感も変えられる手法です。お住まいのイメージチェンジをしてみたいという方はぜひカバー工法も考えてみてはいかがでしょうか。

    街の外壁塗装やさん横浜店

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
    1. お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る