横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
VORT新横浜2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ
  • イオン銀行住宅ローン

    HOME > 工場、倉庫をお持ちの方へ、折板屋根のメンテナンスをご紹介

    工場、倉庫をお持ちの方へ、折板屋根のメンテナンスをご紹介

    更新日:2018年1月18日

    建物の屋根は1年を通して、雨風や日光による紫外線などの影響で傷みが激しいです。
    お住まいの屋根ももちろんですが、工場や倉庫をお持ちの方、または管理しているという方、普段からどれくらいの頻度で屋根の点検を行っているでしょうか?
    化学工場などの基準の厳しい所では建物も厳重に維持管理されているでしょうが、街中を見る限りそうではないと感じられる建物を見受けられます。
    そこで本日は、工場や倉庫で多く使用されている折板屋根のメンテナンスや屋根の種類をご紹介したいと思います。
    ce60a163f5312148379e568e737ce949

    折板屋根とは

    まず折板屋根とは、強度や経済性を備える金属屋根の代表的な屋根工法です。
    梁・母屋に直接葺くことが出来るので、野地板などの下地材が不要で工期の短縮にも繋がります。
    折板屋根は主に、工場や倉庫、学校の体育館などの大きい施設によく用いられています。
    折板屋根の種類には、はぜ締めタイプ、重ねタイプ、嵌合タイプ、二重葺きタイプ、わん曲加工が存在します。
    7093be09df54a9063ad5199fc5bc0c56
    409ce04c4ec7b9ac345bd674c774cb59-1

    折板屋根のメンテナンス

    折板屋根の多くは築年数が数十年と長く、重ねタイプの折板屋根では十年程度経つとボルトの赤錆が多く見られてきます。また、はぜ締めタイプや嵌合タイプでも赤錆や穴あきなどの劣化症状が見られる様になります。
    築年数が数十年と長い場合の工場や倉庫は改修時期にきていますので、専門の業者に調査してもらうようにしましょう。
    折板屋根のメンテナンスでは、屋根からの漏水などが無く、チョーキングや塗膜の膨れなどの劣化症状が起きている場合、塗装によるメンテナンスがおすすめです。
    穴あきなどで漏水がある場合は、カバー工法によるメンテナンスを行います。
    折板屋根の塗装工事は、折板屋根の主な劣化要因である錆びの除去や防止を行う工程がありますが、お住まいの屋根塗装と内容はほとんど変わりません。
    以下は、折板屋根の塗装工程です。
    1.高圧洗浄
    高圧洗浄機で、屋根に付着したゴミや汚れをしっかりと洗い落とします。
    2.ケレン
    ここでしっかりとケレン作業を行う事で、この後塗料を塗る際にしっかりと塗料が密着します。
    3.下塗り
    この際に、折板屋根の代表的な劣化である錆びを防止する錆び止めを塗布します。
    4.中塗り・上塗り
    最後に塗料を塗って仕上げていきます。


    街の外壁塗装やさん横浜店では、お住まいの屋根だけでなく工場や倉庫などの屋根の塗装もお受けいたしています。
    工場や倉庫をお持ちの方で塗装を考えているという方はお気軽に街の外壁塗装やさん横浜店までご相談下さい。

    街の外壁塗装やさん横浜店

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
    1. お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る