横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
VORT新横浜2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > 知っておこう、塗料の1液型と2液型の違い

    知っておこう、塗料の1液型と2液型の違い

    更新日:2017年7月11日

    外壁・屋根塗装に使用されている塗料は、1液型と2つの液を混ぜて使う2液型という分類が存在します。これはアクリル、ウレタン、シリコン、フッ素等の全てに存在する分類となっています。
    塗料を選ぶ際は、グレード、水性・油性塗料といったタイプだけでなく、1液型と2液型を選ぶ必要があることを知っておきましょう。何を選べば、耐久性が高く、綺麗な状態で外壁や屋根を保つことが出来るかを知ることもできます。本日は、1液型と2液型について簡単にご紹介したいと思います。
    塗装作業
    1液型と2液型、それぞれにメリットとデメリットがあります。
    1液型塗料は、メリットとして、比較的に価格が安い、塗料が余っても次の日使用できる、デメリットは、耐久性が低い、塗装できる場所が限られてしまうなどがあります。最近は、進化して耐久性が高いものも出てきています。
    2液型塗料は、耐久性が高い、様々な場所に塗装が出来る、デメリットは、価格が比較的高い、液を混ぜてしまうとすぐに使わなければならないなどになります。
    2液型塗料
    ペンキあける
    1液型は封を開けてそのまま塗装が可能ですが、2液型は塗料と硬化剤がセットになっておりこれを決められた混合比率で混ぜて使います。2液型は混ぜて使わずに、塗料だけで塗っても乾くこと(固まること)が無いため、硬化剤を加えて、化学反応を発生させ塗料を固めるのです。
    硬化剤を混ぜてしまうと、塗料は化学反応が進み、どんどん硬化してしまいますので、一定時間内に使い切らなければなりません。
    ですので、2液型を使用した塗装は難しいとも言われています。ちなみに、2液型は混ぜなければ、1液型よりも長期保存が可能になるということもメリットの一つです。

    街の外壁塗装やさん横浜店

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
    1. お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る