横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > 施工事例 > 亀裂を補修しながらパーフェクトトップで外壁塗装|横浜市磯子区

    横浜市磯子区の施工事例

    亀裂を補修しながらパーフェクトトップで外壁塗装|横浜市磯子区

    【施工前】

    【施工後】

    【お問い合わせのきっかけ】
    築9年が経過する横浜市磯子区E様のお宅の外壁には、大きめの亀裂がたくさんある状態でした。外壁の材質はモルタルでどの亀裂も縦に入っておりました。外壁塗装をした後も出来るだけ長く美観を維持したいので、しっかりと亀裂を補修したうえで外壁塗装を行います。

    【工事内容】
    外壁塗装
    【工事詳細】
    使用材料
    パーフェクトトップ,ファインSi
    施工期間
    11日間
    築年数
    9年
    平米数
    198.4㎡
    お施主様
    E様
    保証
    10年間
    足場アイコン
    IMG_6886-1
    IMG_6927-1
    建物で北側に面している外壁は、他の3方角と比べて汚れや苔の付着が多い傾向があります。横浜市磯子区E様のお宅でも例外ではなく、玄関のある北側の外壁に汚れや苔の付着が多い状態でした。雨水が集まってもとまって流れている跡がくっきりと残っております。モルタルで造られた外壁では、コーナー(角)の部分が早めに剥がれ出すことが多いので必ず確認する箇所です。
    IMG_6900
    IMG_6925-1
    外壁に亀裂が発生するのには様々な要因があります。調査の段階で確認する亀裂としては、表面のみの比較的浅い亀裂と大きめの深い亀裂がありますが、こちらは大きめの亀裂になります。このような亀裂がある場合は、亀裂を補修してから塗装をしたほうが、より長期にわたり美観を維持することが出来ます。
    IMG_1992-1
    IMG_2007
    外壁塗装を行う際は、塗るところを先に綺麗な状態にします。高圧洗浄機を利用して高圧な水を当てて洗浄します。一般の高圧洗浄機と違い、ガソリンを燃料とした高圧洗浄機を利用しますので、汚れ具合や外壁の傷み具合に合わせて圧を調節しながら行えます。外壁以外のシャッターBOXや水切り、雨樋などは、高圧洗浄した後にケレンをかけます。ケレンは材弱部分を落したり、塗料の食い付きを良くする効果があります。
    IMG_1996-1
    IMG_2031
    洗浄やケレンが終わると亀裂の補修を行います。亀裂の縁をサンダーでカットしてモルタルを埋めやすい状態にします。モルタルを埋めることで亀裂が奥に隠れますので、塗装をした後に亀裂が出にくくなります。埋めたモルタルの乾燥を待ってから塗装の工程に入ります。
    IMG_2026-1
    IMG_2027
    横浜市磯子区E様のお宅の外壁は、9割以上モルタルで造られておりますが、デザイン上のワンポイントとして1部だけ木目調のサイディングで造られたところがあります。継ぎ目にはコーキングが打たれておりますので、打ち替え作業を行います。既存のコーキングを綺麗に取り除いて、新しくコーキング打ち直します。
    IMG_2021
    IMG_2022
    サイディング部分にあるサッシまわりにもコーキングが打たれております。サッシまわりに打たれているコーキングは全てを取り除くことが難しく、また取り除こうとするとサッシやサイディングを傷めてしまいます。造りの問題としても交換する必要はありませんので、既存の上に新しいコーキングを被せる打ち増しを行います。既存のコーキング表面を綺麗にして、プライマーを塗ってから打っていきます。
    IMG_2040
    IMG_2039-1
    パーフェクトトップで外壁を塗装する際は、下塗りを1回と上塗り材を2回で計3回塗ります。サイディングにはパーフェクトサーフ、モルタルにはパーフェクトフィラーというそれぞれに合った専用の下塗り材を使用します。パーフェクトトップ(上塗り材)は同じものを用います。下塗りでは既存の外壁が見合えなくなるまで塗っていきます。
    IMG_2059
    IMG_2058
    それぞれの下塗り材が乾燥して硬化を確認した後に、パーフェクトトップを中塗り・上塗りとして2回塗っていきます。中塗りから上塗りに移る間も乾燥して硬化を確認してから移ります。中塗りは下塗り材の白色が見えなくなるまで塗っていきます。
    IMG_2280
    IMG_1818-1
    上塗りは最後の仕上げになります。中塗りのみの部分よりも上塗りまで行ったところの方が色がしっかりと出ます。上塗りを行ったあとは色ムラが出ていないかを確認しながら全体を見て回ります。必要なところは再度塗り上げていきます。
    IMG_2076-1
    IMG_2050
    シャッターBOXや水切り、雨戸などの金属部は、錆び止め塗料を下塗りしてからファインSiを2回塗り。雨樋やスリムダクトなどの硬質塩ビ部はファインSiを2回塗りして仕上げます。
    IMG_5829-1
    塗り替えたことで新築時のような輝きになりました。汚れや苔があったことなんてが全く感じさせない仕上りです。サイディング部分に青色をワンポイントとして使用しているため、以前よりもスッキリして爽やかな印象になりました。モルタル部分に使用したパーフェクトトップの色はND-104の5分艶で、サイディング部分に使用したパーフェクトトップの色は75-20D。ファインSiはND-105を使用しております。「綺麗になったのもちろんだけど、思っていた色合いとズレていなくて良かった」とお喜びの様子でした。この度はご利用頂きまして、誠にありがとうございました!!

    街の外壁塗装やさん横浜店

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
    1. お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着ブログ一覧

      2019-04-17 19:34:10 横浜市瀬谷区宮沢にて築30年経つ窯業系サイディング外壁を塗装の為調査で分かったのは多くの塗膜の剥がれとコーキングの傷み

      IMG_8524

      以前一度塗装した事あるが細かい内訳もあまり確認しなくどんな塗料で塗ったのか、次回の塗り替え時期も分からぬまま年数だけが経ってしまったという横浜市瀬谷区宮沢にあります住宅へ外壁塗装の為に調査致しました。 サイディングという事は、コーキング(シール材)がボードのぶつかる目地やサッシ回りに使われている事になります。建物の揺れなど...続きを読む

      2019-04-14 22:33:43 横浜市港北区新吉田東にて築10年経過した意匠性の高いモルタル外壁を塗装工事の為調査しました

      IMG_8524

      築10年以上経過し、外壁に苔などの汚れが目立ち始めたので塗装のメンテナンスを考え始めた事がきっかけで横浜市港北区新吉田東にあります平屋住宅に外壁塗装の為に調査に伺いました。 こちらはお住まいではなく、こちらにてご商売をされているとの事で外観の汚れが気になってしまっている様です。 ではさっそく調査をしてみましょう。 ...続きを読む

      2019-04-07 19:01:20 横浜市港北区綱島東にて築25年以上経過したモルタルと窯業系サイディングが使われている外壁を塗り替えに備えて調査致しました

      IMG_8524

      前回の塗装工事は既に10年以上前でどんな塗料でどんな施工をしてもらったかも覚えがないという横浜市港北区綱島東のT様邸へ塗装工事の為調査に伺いました。 幕板と呼ばれる化粧板で一階と二階を分けている仕様で、外壁の素材もモルタルと窯業系サイディングが使われている意匠性の高い建物でした。 ではさっそく塗装がまずできるものかど...続きを読む

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る