横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
横浜外壁塗装工房にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ

HOME > 施工事例 > 横浜市戸塚区サーモアイSiとファインシリコンフレッシュで屋根と外壁塗装

横浜市戸塚区の施工事例

横浜市戸塚区サーモアイSiとファインシリコンフレッシュで屋根と外壁塗装

【施工前】

【施工後】

【お問い合わせのきっかけ】
築20年で塗り替えなどのメンテナンスを過去に1度も行ったことのないお宅でした。屋根も外壁も劣化具合は重度の状態でしたが、亀裂は少なく表層の問題だけでした。塗装前の高圧洗浄時にバイオ洗浄剤にて外壁表面をよりキレイな状態にして塗装を行いました。

【工事内容】
外壁塗装 屋根塗装 部分塗装 その他塗装
【工事詳細】
使用材料
サーモアイSi  ファインシリコンフレッシュ
施工期間
18日
築年数
20年
平米数
屋根85㎡ 外壁130㎡
施工金額
110万
お施主様
C様邸
保証
8年
IMG_31671
築20年で初めて屋根と外壁の塗り替えを検討中とのことでした。
過去に1度も塗り替えたことがないということでした。調査をしてみると塗膜の劣化が激しくすでに剥げれ始めている状態でした。こちらのお宅には今後も住み続けるとういことでしたので、早急な塗り替えをご提案させていただきました。
IMG_3233
外壁材は1階部分がモルタル壁。2階部分がサイディングです。建物全体が黒ずんでおり汚れたイメージがあります。
IMG_30853
外壁を手で触ってみると白い粉が付着します。これはチョーキングといって既存の塗膜の塗り替え時期を超えている兆候です。既存の塗膜は劣化がかなり進行しております。
IMG_30972
既存の塗膜自体にはプツプツと小さな穴がたくさん出来ております。これは完成時の気泡でも何でもなく後から劣化によりできた穴です。塗膜に力はすでに低下しております。
IMG_31263
1階のモルタル壁では、モルタル壁特有の亀裂が発生しております。
IMG_31601
軒天にも亀裂が発生しております。塗膜も見るからに劣化しているの分かります。
IMG_32481
2階のサインディング目地が割れております。雨水が浸入してしましサイディングの自体も欠損やひび割れを起こすことに繋がりますので、早急なメンテナンスが必要です。
IMG_3207
バルコニー笠木の継ぎ目です。長年このままにしておくと、ここから雨水が浸入するようになり、いつしか外壁の亀裂や破損に繋がっていきます。シールにて補修しましょう。
IMG_3174
屋根の表面には苔やカビなどの汚れが付着しております。築20年で1度もメンテナンスをしていないともなれば、これくらいは汚れが付着します。屋根材本来の表面も高圧洗浄をすれば簡単に剥がれたしまいそうです。この場合は適切な下塗り材を選ばねばなりません。
IMG_5930
こちらはバイオ洗浄剤のクリーナースーパー。バイオ技術の応用により、頑固な汚れも効果的に分解します。抗菌効果も併せ持っており、カビやバクテリアなどの微生物も除去・抑制します。




P1070264
クリーナースーパーを至るところに塗っていきます。まずは屋根です。
P1070268
塗り終わると次はたわしを使用して手作業で汚れを落としていきます。屋根や外壁を全て手作業で行いますのでかなりの労力ですが、塗装前のこの下準備こそがとても大切です。
P1070292
続いて外壁も塗っていきます。この後に高圧な水で流しますが、細かいところまで洗浄剤が行き届きくように塗っていきます。
P1070287
外部のタイル面もサービスで汚れを落とさせて頂きます。
P1070314
全体的に塗り終わると、高圧な水で流していきます。
before
P1070300
horizontal
after
P1070305
DSC02460
屋根を乾燥させている間は、外壁目地のシールの交換を行います。まずはカッターでキレイに切れ目を入れて撤去していきます。
DSC02461
清掃を行いプライマーを塗っていきます。プライマーは接着剤の役割を担っております。
DSC02468
新しいシールを打ち、コテで均していきます。
DSC02469
これでシールの打ち替えは完了です!!
DSC02478
洗浄を終えてしっかり乾燥させた後は、屋根の隙間にタスペーサーを差し込みます。
DSC02482
次に板金部分へ下塗りとして錆止めを塗っていきます。下塗りに関しては板金部分と化粧スレート部分では材料が違います。
DSC02484
次に下塗りを塗っていきます。今回の下塗り材はサーモアイシーラーです。サーモアイシーリーズの専用の下塗り材です。
DSC02491
下塗りの乾燥を待ち、次に行うのは中塗りです。中塗りと上塗りの材料は同じです。今回はサーモアイSiのクールシルバーアッシュを使用しております。
DSC02537
上塗りは最後の仕上げ塗りになりますので、艶の感じを見ながら塗っていきます。
IMG_73661
クールシルバーアッシュ。全体で見ると何だか白っぽく感じますが、全日反射率61.0%、近赤外日射反射率84.3%なので優秀な色です!!
P1070270
屋根や付帯部と同様にバイオ洗浄剤のクリーナースーパーを塗り、高圧な水で洗い流します。
DSC02505
今回は下塗りを2回行います。付着性を高めるためにまずはカチオン系のシーラーで塗っていきます。

DSC02496
下塗りの2回目です。1階のモルタル壁はパーフェクトフィラー。2階のサイディング壁はパーフェクトサーフで塗っていきます。
DSC02519
ファンシリコンフレッシュで中塗りを行います。上塗り材を2回塗るうちの1回目ということになります。上塗り材の持つ耐用年数や仕上りを表現ずるうえでは欠かせない工程です。
DSC02529
最後に仕上げの上塗りです。これでファインシリコンフレッシュの持つ耐用年数や仕上りが発揮します。
IMG_7354
今回のファインシリコンフレッシュ色はND-111を使用しております。付帯部はファインSiのND-105を使用しております。
before
IMG_59371
horizontal
after
IMG_73662
before
IMG_5931
horizontal
after
IMG_7410
before
IMG_3244
horizontal
after
IMG_6739
IMG_7368
IMG_7306
IMG_73651
IMG_73831
IMG_73902
IMG_7386
IMG_76071
この度はご利用頂きまして誠に有難う御座いました!!温かみのある色合いに見え、全体的にすっきりしたように感じます!!ご主人様がお選びになったお色ですが見事にマッチしていると感じました。次回は定期点検でお会いしましょう!!

このページと共通する工事内容の新着施工事例

ページの先頭へ戻る