横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
横浜外壁塗装工房にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ

HOME > 施工事例 > 横浜市戸塚区横方向に貼られたサイディングをパーフェクトトップで外壁塗装

横浜市戸塚区の施工事例

横浜市戸塚区横方向に貼られたサイディングをパーフェクトトップで外壁塗装

【施工前】

【施工後】

【お問い合わせのきっかけ】
外壁塗装を検討中ということで調査にお伺いしましたが、玄関前の天井に染みがあることでもお悩みでした。ご依頼者様が建てられた施工店へ聞いてみても改善策が見当たらない中で、玄関前の染みの原因も追究しました。

【工事内容】
外壁塗装
【工事詳細】
使用材料
パーフェクトトップ ファインSi
施工期間
14日間
築年数
10年
平米数
187.2㎡
施工金額
106.9万円
お施主様
C様邸
保証
10年間
IMG_9254
サイディングの表面には染みのようなものが浮き出ております。築9年で考えますと少し早いような気もします。
IMG_92602
サイディングを近くで見てみると、表面が剥がれきていることがわかります。剥がれるとサイディングの中身が露出して塗装をしても剥がれやすくなりますので、早めの塗装が望ましい状態です。
IMG_9276
雨上がりに調査をしましたが、コーキング部分に雨水が浸み込んでしまっているようです。
IMG_9306
埋めていたコーキングも痩せており、サイディングもコーキングも劣化していることが伺えます。
af11e7750d20dab82ef325e9534abe711
サイディングを横方向に貼って仕上げてありますが、この場合は継ぎ目が横になりますのでコーキングも横方向に打つことになります。
f5256525e4e2ad707abf91a3d875c2a21
横方向に打たれたコーキングが劣化して雨水が浸み込むと、そこに雨水が溜まります。するとサイディングの断面から侵入してサイディングの中を通って下へと流れていきます。玄関前の天井が染みているのはそのせいです。塗装前に対策が必要です。
IMG_74462
まずはサイディングに付着した汚れを高圧洗浄していきます。みるみる汚れが落ちていきます。キレイに表面に塗装することで塗膜の付着性が向上します。
IMG_74381
高圧洗浄後は乾燥待ち、塗装前の下準備を行っていきます。窓や付帯部、色分け部分へ養生を施します。そしてサイディングの継ぎ目に打たれている既存のコーキング材を新しいコーキング材へ打ち替えたり、窓廻りを打ち増したりします。
IMG_7433
サイディングの継ぎ目を打ち替える際は、コーキングする前にプライマーを塗ります。プライマーを塗ることでサイディングと付着するようになります。
IMG_6926
こちらの建物は横方向に向かってサイディングが貼られておりますので縦と横に継ぎ目が存在します。
before
aa1cc6c2af7c1d74cb1720450774e5551
軒天の染みの原因は赤丸の部分にあります。横の継ぎ目に打たれているコーキングが薄いので、サイディングの断面が露出してしまっております。ここに雨水が溜まるとサイディングに浸透して下に落ちてしまい、軒天の染みになります。
horizontal
after
IMG_69331
今後は軒天の染みが発生しないように、コーキングを厚く打ち、雨水が溜まらないようにします。
IMG_72211
コーキングのいらないサイディング組まれている継ぎ目も、サイディングを横方向に貼ると縦になります。この隙間も雨水が入り込み、隙間を伝って下へと流れていきます。
IMG_72221
この隙間も天井の染みや場所によっては雨漏りの原因つながる可能性がありますので、コーイング材で埋めてしまいます。
IMG_74241
コーキングはその他にも排水溝の周りやベントキャップの周りにも行います。
IMG_7415
養生やコーキングなどの下準備を経て、塗装の工程に移っていきます。まずは下塗りです。パーフェクトトップのサイディング用下塗り材のパーフェクトサーフを使用して塗っていきます。
IMG_7403
パーフェクトサーフの硬化を待ってからパーフェクトトップを2回塗っていきます。まずは1回目の中塗りです。パーフェクトサーフの白色が無くなるまで塗っていきます。
IMG_74051
中塗りの硬化を待ってから2回目の上塗りを行います。塗料の色は青系を使用しております。塗りたては明るい青ですが硬化が進むにつれ本来の色に変化していきます。今回使用した色は、白が75-85Aで青が70-20Dです。
IMG_74011
付帯部も塗っていきます。まずは表面の脆弱な部分を落すためにケレンしていきます。金属部分は高圧洗浄だけでは落ちない汚れもありますので入念にかけていきます。
IMG_7396
錆止め塗料の1液ハイポンファインデクロを下塗りとして塗ってからファインSiを2回塗りしていきます。ファインSiの色は75-85Aを使用しております。
IMG_7399
シャッターBOXも基礎水切りと同様の工程で塗っていきます。ガイドレールや枠は塗れない材質が多く、スラットは塗っても巻き込む際に剥がれる心配がありますので塗らないことが多いです。
IMG_7395
屋根や外壁の塗装工事では足場を架けることが多いので、その際に塗れるところは全て塗るプランが望ましいです。
IMG_7448
外壁の高圧洗浄の際はバルコニー床も洗い流します。屋根外壁塗装のタイミングでバルコニー床のトップコートの塗り替えを行うことが多いです。
IMG_73971
バルコニー床のトップコートは3回塗りで仕上げます。下塗りとしてプライマーを塗ってから、トップコート材を2回塗りします。
IMG_73981
トップコートは防水層が受ける紫外線を防止するのが役割です。トップコートを定期的に塗り替えれば防水層の経年劣化を防ぐことに繋がります。
IMG_7456
雨樋や鼻隠し板も塗装が可能ですので塗っていきます。雨樋や鼻隠し板は外壁と違う色を用いてアクセントにすることも多いですが、今回は外壁と同様の75-85Aを使用して70-20Dがより引き立つようにしました。
before
IMG_92683
horizontal
after
IMG_72592
IMG_72711
IMG_72871
IMG_7291
IMG_73212
IMG_7276
IMG_7264
IMG_73061
IMG_7347
IMG_83581
IMG_83771
IMG_83641
色割りは以前と変わりませんが、既存の黒に変えて青系の70-20Dを使用しております。また白は白でも以前よりも明るい白の75-85Aを選びました。より爽やかにすっきりさせたいとのことで、余計に色を増やさずに2色で仕上げております。この度はご利用頂きまして、誠に有難う御座いました!!

このページと共通する工事内容の新着施工事例

ページの先頭へ戻る