横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
横浜外壁塗装工房にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > 施工事例 > 横浜市緑区でマンションコンクリート壁をパーフェクトトップで外壁塗装

    横浜市緑区の施工事例

    横浜市緑区でマンションコンクリート壁をパーフェクトトップで外壁塗装

    【施工前】

    【施工後】

    【お問い合わせのきっかけ】
    隣の建物が火事になった影響で、貰い火によりコンクリート壁が焼け爛れてしまったことが契機となり、全体的な外壁塗装を行うこととなりました。外壁とはコンクリート壁と一部タイル壁があります。塀はブロック塀でタイル壁とブロック塀も塗装しました。 ブロック塀塗装

    【工事内容】
    外壁塗装 部分塗装 ブロック塀塗装
    【工事詳細】
    使用材料
    パーフェクトトップ ファイングラシィSi IPヨウヘキコート ファインSi
    施工期間
    22日間
    築年数
    28年
    平米数
    406.㎡
    施工金額
    193万円
    お施主様
    FS
    保証
    10年間
    IMG_19622
    コンクリート壁は亀裂が発生しており、塗装する前に補修が必要な状態です。表面も汚れがありメンテナンスが必要な時期に差し掛かっているようです。
    IMG_19582
    特に開口してある周辺に亀裂が多く発生している傾向があり、以前も補修しているようですが、補修材が浮いているようで、爪で軽く叩いただけでも乾いた音がします。
    IMG_19411
    内階段の壁は玉吹き仕上げになっておりますが、塗膜が剥がれております。内階段も塗り替えが必要です。
    IMG_19781
    バルコニーの上裏から出ている配管の周りには隙間が出来ております。おそらく新築時に補修材を使用して隙間を埋めていたのでしょう。塗装前に補修した方が見栄えが良くなります。
    IMG_19261
    火災の被害にあった壁面です。収縮目地に打たれているシールはボロボロの状態です。塗装前に打ち替えが必要です。
    IMG_19722
    サッシやメーターボックスの周りに打ってあるシールです。雨風に当たることがほんとんどない場所に位置しておりますが、シールの表面はシワシワで劣化が確認できます。こちらも増し打ちしてから塗装を行います。
    IMG_2008
    まずは塗装前に洗浄し外壁の汚れを落します。洗浄することにより塗料の食い付きが全く違います。洗浄せずに塗装をすれば逆に剥がれやすくなります。
    IMG_2005
    タイル壁に関しては洗浄する前に、専用の洗剤を使用して汚れを浮かしておきます。タイル用の塗料はクリヤーを使用しますので、塗った後に極力汚れが見えないようします。
    IMG_20021
    洗浄を行い乾燥を待つと、今度はシーリング作業に入ります。こちらは収縮目地と言って、コンクリートの収縮によるひび割れを防ぐための目地です。
    IMG_1996
    既存のシールを撤去して、マスキングテープではみ出さないよう養生をしてから打ちます。
    IMG_1990
    こちらはドアまわりのシーリング作業の様子です。
    IMG_1986
    洗浄やシーリングは塗装前に行う作業です。コンクリートのひび割れや傷みもあるので補修を行います。
    IMG_19782
    コンクリートが露出した壁の下塗りを行っていきます。コンクリートは一見フラットで平らに見えますが、実は無数の穴があります。何回入念に塗っても細かい穴は塗料が入り込まないところも出てきます。
    IMG_19701
    下塗りが終わり乾燥すると、今度は上塗り材の1回目中塗りです。下塗り材の白色が見えなくなるまで塗っていきます。
    IMG_1959
    中塗りの乾燥が終わると、上塗り材の2回目上塗りです。コンクリートに色が付くと小さな穴がはっきりとわかるようになります。小さな穴はハケを使用して塗料を入れ込んでいきます。パーフェクトトップの色はND-012を使用しております。
    IMG_1980
    コンクリートの表面に柄が付いている壁の下塗りを行っていきます。もとの色が見えなくなるまで塗っていきます。
    IMG_19751
    乾燥を待って中塗りを行います。こちらも下塗り材の白色が見えなくなるまで塗っていきます。
    IMG_17811
    中塗りの乾燥を待って上塗りを行います。パーフェクトトップの色はND-491を使用しております。
    IMG_19201
    タイル壁の塗装を行っていきます。専用洗剤で磨いて洗い流し、乾燥を待ってから始めます。
    IMG_19031
    磁器タイル用塗料のファイングラシィSiを2回塗っていきます。クリヤー塗料の特徴として仕上りが、塗れたような状態になることから塗れ色と言われております。
    IMG_1751
    付帯部塗装として、今回はメーターボックスやパイプスペースの扉がありましたので、下塗り材として1ハイポンファインデクロ、上塗り材としてファインSiのND-105を使用しております。
    IMG_18161
    雨樋は磁器タイルの色に合わせた色を選びたかったのですが、近い色が見当たらないので現場で調色したファインSiを塗っております。
    IMG_17631
    IMG_1797
    IMG_22081
    IMG_09863
    IMG_15481
    IMG_0984
    before
    IMG_19033
    horizontal
    after
    IMG_09771
    before
    IMG_09941
    horizontal
    after
    IMG_1864
    before
    IMG_19491
    horizontal
    after
    IMG_17742
    before
    IMG_1117
    horizontal
    after
    IMG_2193
    IMG_2214
    古さのあった外壁も新築の様な輝きに生まれ変わりました。公道に面しているタイル壁も艶を取り戻してイキイキとした印象を受けます。ご入居様も喜んでおられるのではないでしょうか。この度はご利用いただきまして誠に有難う御座いました!!

    横浜外壁塗装工房

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
    1. お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着ブログ一覧

      2018-07-14 07:48:41 横浜市鶴見区|5,6年後を見据えたメンテナンス・屋根外壁塗装

      IMG_8524

      本日は横浜市鶴見区にお住いのS様より、屋根外壁塗装の為の調査依頼を頂きました。S様宅は築30年、5,6年後には建て替え、若しくは建て壊しを検討。現状、雨漏りなどはないが、5、6年間何も手を付けないのには不安があるとの事で、全体的に塗装を施したいとのご要望です。 外壁にはところ所で補修痕が見受けられます。今まではご...続きを読む

      2018-07-10 09:31:39 窯業系サイディングの劣化症状とメンテナンスをご紹介|伊勢原市

      IMG_8524

      ...続きを読む

      2018-07-02 21:09:15 築年数が経過したモルタル外壁|横浜市瀬谷区

      IMG_8524

      築年数30年ほど経っているお宅のモルタル外壁の調査にお伺いした様子をお伝えいたします。 モルタル外壁はサイディングなどと違い、外的要因で建物に力が加わってしまったとき、例えば地震などの振動の影響を受けますとその力を逃がす所がないために必然的に表面の塗膜に力が集中しヒビが出てきます。よく見受けられるのがヘアクラックと呼ばれる...続きを読む

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る