横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
横浜外壁塗装工房にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ

HOME > 施工事例 > 横浜市青葉区モルタル壁を3分艶塗料でスッキリした仕上げに

横浜市青葉区の施工事例

横浜市青葉区モルタル壁を3分艶塗料でスッキリした仕上げに

【施工前】

【施工後】

【お問い合わせのきっかけ】
同時期に建てられた周囲のお家が、塗り替えを行いだしたことに気付き、弊社へ塗り替え調査のご依頼がありました。築11年の外壁には亀裂が発生しており、早めのメンテナンスが必要な状態でしたので塗り替えのご提案をいたしました。外壁はモルタル壁でリシンを吹付けた仕上げです。お客様のご要望で外壁の色を既存と同じ色にして欲しいとのことでしたのでご用意いたしました。

【工事内容】
外壁塗装
【工事詳細】
使用材料
パーフェクトトップ JP2023
施工期間
7日間
築年数
11年
平米数
163㎡
施工金額
80万
お施主様
W様邸
保証
8年
IMG_33541
モルタル壁は窓枠の角から亀裂が発生することが多いですが、こちらの画像は陽の当たらない外壁に発生している亀裂です。モルタル壁では陽の当たらないところも亀裂の発生がしやすいです。
IMG_33591
周囲に取合いなどが何もないところに発生する亀裂は外壁材自体の劣化です。塗り替えに必要性を感じます。
IMG_33261
鼻隠しの入隅にラインが出ております。もともと材料同士を合わせている箇所ですのでラインが出やすいです。見映えが悪いので塗り替えの際は補修してラインをなくしましょう。
IMG_3331
こちらも軒天にラインが出ております。塗膜の劣化を感じます。こちらも塗り替えの際にラインをなくすことができます。
IMG_3415
擁壁の表面に汚れが付着しております。擁壁は湿気の影響を受けやすいので塗膜の劣化や汚れが建物の外壁と比べて早く出てきやすいところです。
IMG_34231
玄関上のフラットルーフです。FRPで防水加工されておりますが、足場を架けなければならない塗り替え工事の際には、同時に行ったほうがコスト的にも宜しいでしょう。
IMG_9343
塗料が外壁としっかり密着できるように外壁表面をキレイな状態にする必要があります。そのために高圧洗浄を行います。
IMG_9375
ブリックタイルのエリアは、今回塗装を行いませんが、周囲の塗り替えに併せてバイオ洗浄を行ってキレイな状態にします。また玄関廻りの床も同時に行います。
IMG_9428
外壁の塗装を行っていきます。まずは下塗りです。上塗り材がパーフェクトトップなので専用の下塗り材パーフェクトフィラーを塗っていきます。
IMG_9469
パーフェクトフィラーの塗り重ね乾燥時間は最低でも4時間です。乾燥を確認後に中塗りとしてパーフェクトトップを塗っていきます。
IMG_9424
パーフェクトトップの塗り重ね乾燥時間は最低でも3時間です。乾燥を確認後に上塗りとして再度パーフェクトトップを塗っていきます。今回使用した色は、既存の色と同色のJP2023です。色は同じですが、塗料という事でザラザラ感はなくなります。通常の艶有りでは光沢がありすぎるので3分艶を使用いたしました。
IMG_9381
擁壁部分には擁壁専用の塗料を塗っていきます。高圧洗浄を行ったあとに下塗りを行いますが、今回は上塗り材としてIPヨウヘキコートを使用しますので、専用の下塗り材であるIP含侵シーラーを使用します。
IMG_9382
IPヨウヘキコートは、商品名に「ヨウヘキ」とあるので擁壁専用と思われがちですが、湿気にもろに影響を受けやすい箇所に塗れる塗料です。住宅の基礎や塀などにも効果を発揮します。今回の色は外壁同様にJP2023です。
IMG_9415
極めて微細な粒子のなので非常に塗りやすく細かい凹凸もカバーできます。また藻・苔・カビにも強く長く美観を保つことができます。
上塗り材を2回塗っていきます。建物外壁用塗料の仕上りと比べると元々のザラザラした触感が残っています。
IMG_9422
こちらのバルコニーは平板ブロックが敷き詰められておりますが、この下にFRPの防水層があります。
IMG_9380
平板ブロックを撤去すると、このようにFRPが出てきます。今回はFRPへトップコートを塗っていきます。高圧洗浄でキレイにして乾燥させたあとで、塗り替え用のプライマーを塗ります。
IMG_9448
プライマーの上からFRP用のトップコートを2回塗っていきます。今回ご使用したプライマーは東日本塗料の塗り替えプライマーエコ。トップコートは東日本塗料のエコトップです。
IMG_93761
トップコートの乾燥を確認したら、平板ブロックを元に戻して完成です!!この平板ブロック。取り外すことが出来ないものもあります。工事前にチェックが必要です。
IMG_94051
破風の継ぎ目にシールを打ちます。塗装前の下準備です。塗装後に継ぎ目のラインが見えなくなります。
IMG_9345
下塗りを行います。瓦と接近している箇所ですので当たらないように慎重に進めていきます。
IMG_9407
中塗りと上塗りを行います。だんだん外壁と同じ色になってきました。白やアイボリーは近くで見ていると色の変化が分かりますが、足場を外して遠くから見ると、色の変化が分かりづらい箇所でもあります。
IMG_93741
軒天も継ぎ目もシールで埋めます。軒天の継ぎ目は塗膜が割れてラインが出やすい傾向がありますので、事前に埋めて出づらくします。
IMG_9393
下塗りを行っていきます。穴の部分が塗膜で埋まらないように塗るのは職人の腕次第です!!
IMG_9392
この様にただ塗るだけでなく、今後も考えて細かいところもしっかり施工します。ちょっとした手間を重ねることで少しでも長く美観が保たれることを考えて施工します。
IMG_9209
IMG_92101
IMG_92183
IMG_8405
IMG_8404
IMG_84002
IMG_83951
IMG_8399
before
IMG_9435
horizontal
after
IMG_9359
before
IMG_9460
horizontal
after
IMG_9355
before
IMG_33262
horizontal
after
IMG_84091
before
IMG_33311
horizontal
after
IMG_84111
before
IMG_9431
horizontal
after
IMG_9439
IMG_92161
この度はご利用頂きまして誠に有難う御座いました!!電話が大好きな娘さんとたくさん電話でお話しさせて頂きました(笑)定期点検でお伺いしますが、娘さんの成長も一緒に見れると思うと次回がより楽しみに感じます。次回はご近所さんと一緒に防水のメンテナンスと仰っておりましたが、安心してくださいまだ先ですよ!!定期点検でしっかり確認いたします。

このページと共通する工事内容の新着施工事例

ページの先頭へ戻る