横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
横浜外壁塗装工房にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ

梅雨時期の無料点検QUOカードプレゼントキャンペーン

横浜市鶴見区の施工事例

横浜市鶴見区でマンション共用部の床にウレタン塗膜防水

【施工前】

【施工後】

【お問い合わせのきっかけ】
共用部の軒天表面の劣化で修繕の依頼がありました。現場を点検すると、真の原因はその上の通路にありました。床の表面が劣化しており防水の効果が低下しておりました。すぐに工事の運びとなりました。

【工事内容】
防水工事
【工事詳細】
施工金額
14万
お施主様
Mコーポ
IMG_53511
こちらが今回の点検依頼を頂いた軒天です。塗膜が剥がれて素地が露出している状態です。この剥がれ方は塗膜の内側から水分が出てきている症状です。この上は3階の踊り場です。調べてみましょう。
IMG_53731
3階の踊り場です。床面には防塵塗料が施してあります。見た感じでは剥がれや削れた様な箇所は見受けられませんが、施工してから20年以上塗り替えていないそうです。
IMG_5374
踊り場の改修ドレンの周辺です。洗剤や水垢などが溜まった跡が白く残っております。改修ドレンの周辺はドレンに流れるまで水が滞留しますので劣化がし易い箇所でもあります。
IMG_5367
屋上の床防水です。ウレタン塗膜防水の密着工法が施してあります。こちらも施工が同時期で20年以上経過しているとのことで、今回は一緒に防水工事を行います。
IMG_9783
高圧洗浄をかけ、脆弱な部分をあらかじめ剥がしていきます。プライマーを塗る前の下準備です。
IMG_9785
プライマーを塗ります。プライマーは床との接着機能を持たせたものです。ウレタンの塗膜はこの上に塗ることになります。
IMG_9778
ウレタンの主材を塗っていきます。ウレタンを2回塗り、最後に保護コート(トップコート)を塗ってウレタン塗膜防水は完成します。ウレタン塗膜防水に限らず、ウレタンを使用した防水工事では、ウレタン主材と硬化剤の撹拌がポイントです。
IMG_9789
軒天は剥がれた部分をキレイに取り除き、パテで均してシーラーを塗ります。
IMG_9784
シーラーを乾燥させて中塗り・上塗りを繰り返して仕上げます。
IMG_9799
屋上の床も高圧洗浄をしたうえで、プライマーを塗っていきます。前回は行っていなかったようですが、室外機の架台も今回は仕上げます。
IMG_9798
中塗りでを行っていきます。中塗りは、上塗りの塗料をムラなくより美しく塗るための下地の役割と、補強することが目的です。
IMG_9796
しっかり乾燥させた後、上塗りと保護コートを塗っていきます。保護コートはウレタン層を紫外線から守るための塗ります。
IMG_9684
今回の色はグリーンを使用しました。とてもキレイなグリーンです。共用部の床は、保護コートに珪砂を混ぜており、滑り止めの機能を持たせました。
IMG_9686
改修ドレンの周りもキレイな仕上りです!!点検時の状態と比べるとまさに雲泥の差!!
IMG_94941
防水工事全般として、劣化の具合でメンテナンスコストに違いが出ます。劣化が重度の場合はウレタン層をもう1度造らなくてはなりませんが、軽度の場合は保護コートのみの塗り替えで済むことがあります。1年と言わず、3か月に1度は確認するようにしてみてください。表面の劣化に早めに気づけば、その分コストを抑えられる可能性が高くなります。
IMG_9680
ウレタン塗膜防水はこれにて完成です。これで軒天が劣化して塗膜が剥がれだす心配はありません!!
この度はご利用いただきまして、誠に有難う御座いました!!

このページと共通する工事内容の新着施工事例

ページの先頭へ戻る