横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > 施工事例 > 横浜市鶴見区の住宅で木部と鉄部の部分塗装工事

    横浜市鶴見区の施工事例

    横浜市鶴見区の住宅で木部と鉄部の部分塗装工事

    【施工前】

    【施工後】

    【お問い合わせのきっかけ】

    横浜市鶴見区の住宅で木部と鉄部の塗装工事を行いました。最近の住宅ではサイディングやモルタルの外壁が多く、外壁化粧に木材を使用することも減ってきましたが、しっかりとメンテナンスすればデザインにおいて周囲と差別化が計れます。


    担当:佐々木


    横浜市鶴見区の住宅で木部と鉄部の塗装工事を行いました。最近の住宅ではサイディングやモルタルの外壁が多く、外壁化粧に木材を使用することも減ってきましたが、しっかりとメンテナンスすればデザインにおいて周囲と差別化が計れます。


    担当:佐々木


    【工事内容】
    部分塗装 その他塗装
    【工事詳細】
    施工期間
    3日間
    築年数
    25年
    施工金額
    20万
    お施主様
    T様邸
    足場アイコン
    IMG_10061
    外壁の木部が色褪せてきた、というお問合せを頂きまして点検へお伺いいたしました。木材は幕板・軒天・破風に使用されており、広範囲にわたり塗装が必要な状態でした。またベランダの手摺に錆が出ており、メンテナンスが必要な状態でした。今回の木塗装で足場を建てる必要があるため、鉄部も塗装することとなりました。
    IMG_0973
    玄関前が吹き抜けておりかっこいい窓枠です。しかし木部に変色が見られ、古さを感じます。
    IMG_09751
    庇と幕板は同じ材料で同じ仕上げのようですが、表面の劣化により色に違いが出てきております。
    IMG_09861
    軒天は色褪せが著しく、もう少しで腐食が起こりそうな気配です。早めのメンテナンスが必要です。
    IMG_0998
    3階のベランダです。一番風に当たりやすいせいか、塗膜の剥がれが特に起こっておりました。
    IMG_09922
    鉄製の手摺が錆びており、塗膜はすでに剥がれた状態です。しっかりケレンして塗り直す必要があります。
    IMG_10032
    こちらは3階ベランダの手すり腰壁部分の錆です。こちらはパンチングメタルから流れてきた雨水が溜まりやすくなっており、その部分だけが錆びている状態です。
    IMG_1989
    今回使用する塗料は、大阪塗料工業のニューボンデンDX。業界唯一の防蟻性能、防藻性能を併せ持った塗料です。余分な塗膜を造らないので、塗り替え時に旧塗膜を除去しなくても塗れてしまうのも特徴ですが、念のためケレンは行います。
    IMG_1991
    木材の場合はケレンしすぎると、どんどん削れてしまいますのでうまく塗膜だけが削れるように手加減が必要です。全体的にムラなく女性を抱きしめるように優しくケレンします。
    IMG_1981
    ニューボンデンDXは、2回塗りが条件です。まずは木目に入り込むようにハケを合わせて塗っていきます。塗膜を機能としての効果を発揮させるためには1回目の塗装がとても重要です。
    IMG_2153
    2回目は見栄えを考えて塗装します。本来同じ色の塗料を塗ると何の特徴もない1色になってしまいます。しかし木部塗装は、完成したときの木目感を考えて塗らなければなりません。よって最低2回は塗りながらも3回~4回塗る箇所も発生してきます。常に仕上りへの意識が重要です。
    before
    IMG_0994
    点検時の状態では、全体的に表面の劣化で黒くなってしまっております。既存の塗膜は剥がしながらも、木目の質感はなくさないように優しくケレンします。
    horizontal
    after
    IMG_2150
    うまくケレンすればご覧のように明るい仕上りになり、消して艶感のある塗料ではありませんが輝いて見えます。
    before
    IMG_09741
    こちらの吹き抜け窓は正面玄関の真上にある窓です。外からみると1番のビューポイントです。
    horizontal
    after
    IMG_2253
    ビフォー画像ではレトロというよりは古びた印象ですが、塗り替えることでこのように周囲のレンガにも馴染んで見えます。
    IMG_2009-e1453722069915
    パンチングメタルから流れてきた雨水が溜まってしまい、経年により錆びて変色しておりますので、塗り替えを行います。まずはケレンから行います。木部とは違って鉄部のケレンは強めに行います。
    IMG_2002
    錆止め材を下塗りし、1回目の上塗りを行います。木部塗装と同じですが、やはり1回目が塗装の効果をしっかり発揮させるには重要です。
    IMG_1975
    2回目の上塗りも木部塗装と同じで、仕上げに重点を置いてぬります。既存の色はねずみ色でしたが、今回は白(ナチュラルホワイト)をしております。
    IMG_2001
    白は色を持たない無彩色です。光の反射率は非常に高く、眩しさすら感じます。「色を変えただけで洗濯が気持ちいい」とお客様のお言葉。冥利につきます!!
    before
    IMG_09892
    horizontal
    after
    IMG_21481
    before
    IMG_09931
    horizontal
    after
    IMG_21451
    IMG_22531
    この度はご利用いただきまして誠にありがとうございます!!外観の雰囲気が明るくなり、温かみが出ましたまね!!最後のご挨拶のときに頂いた「また、お願いします」のお言葉。ご厚情痛み入ります。また定期点検でお会いできるのを楽しみにしております!!

    街の外壁塗装やさん横浜店

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
        店舗詳細はこちら
    1. お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着ブログ一覧

      2020-06-21 22:27:11 横浜市泉区西が丘にて屋根カバー工事中、部分的に傷んでいた破風板の塗装も同時に行いました

      IMG_8524

       横浜市泉区西が丘にて、屋根の傷みが酷かった為に雨漏りする前に屋根カバー工事中、気になる所のみ部分塗装を行いました。気になる所とはケラバと呼ばれる部分に設置されている「破風板」です。屋根や外壁と同じく、塗装でのメンテナンスが必要な部分です。今回は外壁全体のメンテナンスは見送る事になりましたが、部分的に特に気になる破風板部分のみの...続きを読む

      2020-06-14 17:50:35 横浜市磯子区洋光台にて部分的に交換した雨樋へ、現地にて調色をし雨樋塗装を行い綺麗に仕上げました

      IMG_8524

       雨樋の一部に雨水が溜まる様になったので、雨樋を部分的に交換。しかし以前の外壁塗装工事時に雨樋も塗装しており同色の雨樋は用意できない状態でした。横浜市磯子区洋光台にお住まいのN様邸ではその新しく交換した雨樋部分のみを、現地にて職人が調色をし部分塗装を行った様子をご紹介いたします。  以前塗装した時に塗料の型番をどこかへ控え...続きを読む

      2020-05-29 21:28:31 横浜市青葉区美しが丘にて外壁塗装工事中、鉄部塗装の下準備であるケレン作業はとても重要です

      IMG_8524

       外壁塗装といっても外壁だけを塗装するわけではございません。破風板や雨樋、軒天や霧除けなど様々ございます。お見積りにそれらを一式と書いている様な業者への依頼はやめておきましょう。大切なお住まいを守る為に塗装をするのですがその調査に伺う者が平米や長さ、塗るべき箇所を見落としているとすれば大きな失敗に繋がります。 本日はその内の一つ...続きを読む

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る

      質問してね!

      私は街の屋根やさんの人工知能、AIコンシェルジュ!
      何を知りたい?

      9:03

      質問してね!