横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > 施工事例 > 湘南藤沢市で屋根と外壁にサーモアイシリーズを使用した塗装

    藤沢市の施工事例

    湘南藤沢市で屋根と外壁にサーモアイシリーズを使用した塗装

    【施工前】

    【施工後】

    【お問い合わせのきっかけ】
    築16年のモルタル壁とスレート屋根のお宅です。ご主人様たってのご希望で遮熱塗料をしようする塗装工事となりました。日本ペイントさんの水性サーモアイウォールSiとサーモアイ4Fを使用しました。

    【工事内容】
    外壁塗装 屋根塗装
    【工事詳細】
    施工期間
    17日間
    築年数
    16
    平米数
    外壁151.7㎡ 屋根67㎡
    施工金額
    103.6万
    お施主様
    N様邸
    保証
    外壁8年・屋根10年
    IMG_26362
    外壁はモルタル壁ですが、苔が繁殖しております。特に日陰になりやすい壁に多く繁殖しております。元の色がわからないくらいです。
    IMG_27651
    玉吹き仕上げの凹凸に紛れて膨らみがありました。触ると柔らかくて押せます。中が空洞のようなので、塗装前には削り落とす必要があります。
    IMG_2740
    こちらhバルコニーの笠木です。板金で仕上がっており、コーナーにはシールが打たれております。ここは劣化すると破れてしまい、出来た隙間から雨水が浸入して、外壁の亀裂や雨漏りを引き起こします。塗装時には打ち直しておく必要があります。
    IMG_26971
    塗れていない箇所があります。このような細部もしっかりと塗りますのでご安心下さい。
    IMG_27571
    屋根は北面以外にも苔が付着している状態です。幸いなことにひび割れや欠損などはありませんでした。
    IMG_27611
    棟板金の釘が抜けております。塗装の際は、ビスで打ち直してから塗るようにしております。
    P9280037
    屋根や外壁の表面は汚れが付着しているので、塗れる状態に整えます。高圧洗浄で汚れを落としていきます。
    P9280041
    外壁の苔もこのように落してキレイにしていきます。
    IMG_0392
    ブリックタイルに塗料が付かないように養生をしていきます。
    IMG_0089
    数カ所ですが、棟板金の釘抜けがありましたので、ビスで固定していきます。
    IMG_0085
    既存の塗膜に膨れがあった箇所は、潰して剥ぎ取ります。補修を行ってから柄をつけます。
    PA010074
    補修部の柄付けが終わり乾燥せたあとに、下塗りを行っていきます。水性サーモアイウォールSi専用の下塗り材であるサーモアイウォールサーフを塗っていきます。
    PA050079
    サーモアイウォールサーフが乾燥すると、今度は水性サーモアイウォールSiの1回目を塗っていきます。下塗りの白が見えることが無いように塗っていきます。
    PA080098
    サーモアイウォールSiの2回目です。仕上げの上塗りになりますので、色ムラや被りを確認しながら塗っていきます。今回はND-281を使用しております。
    P9290064
    出窓の屋根は板金で出来ておりますので、錆び止めを塗っていきます。
    PA060083
    オールマイティ塗料ファインSiの黒を塗っていきます。日ごろあまり見る事のない箇所ですが、雨に晒されやすく、舞い上がる汚れが付着しやすい箇所でもあります。
    PA120119
    窓のサッシが黒なので、雨樋や板金屋根も黒に合わせました。
    PA060081
    屋根は高圧洗浄の後に乾燥させてから下塗りを行います。下塗り材はサーモアイ4F専用の下塗り材のサーモアイシーラーを使用します。
    PA070087
    スレート屋根の必需品とも言えるタスペーサーを差し込んでいきます。
    PA080091
    中塗りを行っていきます。サーモアイ4Fの1回目です。下塗りの白が見えるなくなるまで塗っていきます。
    PA080094
    上塗りを行っていきます。サーモアイ4Fの2回目です。中塗りをしっかり行うからですが、同じ塗料を使っての1回目と比べても、やはり2回目の艶は全然違います。
    PA110108
    バルコニー笠木が板金仕上げになっておりました。継ぎ目が緩んで開いてくる傾向があり、開いたことにより雨水が浸入してモルタル壁の亀裂に繋がる可能性がありますのでシールで隠します。
    IMG_15332
    IMG_1546
    IMG_1265
    IMG_12681
    IMG_12821
    IMG_1496
    IMG_15321
    IMG_15232
    IMG_15281
    外壁が新しくなりツヤが出て生まれ変わったように感じます。またアンティーク調のブリックタイルとのバランスもちょうど良く、色合いも抜群だと感じました。奥様のお色選びのセンスを感じました。また屋根の色も以前と比べてワンポイントとなっていると思います。にこの度はご利用頂きまして有難うございました!!

    街の外壁塗装やさん横浜店

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
    1. お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着ブログ一覧

      2018-09-20 21:09:01 横浜市港北区築14年の屋根調査、防水効果を失った化粧スレートの現状

      IMG_8524

      本日は横浜市港北区にて、築14年で初めての屋根塗装を行う前に経年劣化や傷みがどの程度あるのか、しっかり調査しご説明するために屋根に上らせて頂いた時の様子をお伝えいたします。   築14年だからこうだ、など答えは常に同じとは限りません。様々な要因によって傷み具合も、その原因も建物によって異なります。同じ屋根の...続きを読む

      2018-09-18 07:57:08 川崎市高津区で塗装による外壁リフォーム、色はブラウン系(ND-342)の半艶です

      IMG_8524

      本日は川崎市高津区T様宅で行われました、塗装による外壁リフォームの様子をお伝えいたします。T様宅は築20年、中古で購入したばかりの建物になります。引っ越しを行う前に建物の点検を行ったところ、外壁塗膜の劣化「チョーキング」が窺われたため、塗装にるメンテナンスを行う事になりました。 「高圧洗浄を行う際は塗装とセットで...続きを読む

      2018-09-16 11:45:47 横浜市保土ヶ谷区のモルタル下地の外壁調査、モルタルは築10年前後で亀裂が入ることが多い

      IMG_8524

      近年建てられる住宅の外壁は、モルタル下地を使用した外壁とサイディングボードを使用した外壁が多いのですが、モルタルを下地に使用した外壁は亀裂が入りやすいと言われております。確かに調査にお伺いすると、サッシの四隅から亀裂が出来ていたり、コーナーが割れていたりするのを見かけます。亀裂から雨水が浸入すると、モルタル自体も傷みやすくなりさ...続きを読む

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る