横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > 施工事例 > パーフェクトトップで塗り分けて明るいイメージに|横浜市港北区

    横浜市港北区の施工事例

    パーフェクトトップで塗り分けて明るいイメージに|横浜市港北区

    【施工前】
    塗装前

    【施工後】
    塗装工事完成

    【お問い合わせのきっかけ】
    横浜市港北区で屋根と外壁の塗装工事をおこないました。築10年で初めての塗装工事ですが、今回塗装をおこなおうとしたきっかけは外壁の汚れが目立ってきた事と、外壁のサイディングがズレている所を直したいという理由でした。外壁や屋根のスレートは経年によって汚れが目立ってきたり、表面の塗膜が劣化していて、特に屋根のスレートは色が飛んでいて白っぽくなっていました。外壁のサイディングはタテ張りといって長い板状のサイディングをタテ向きに貼っていく工法なのですが、下にスライドしてしまい落っこちているところが結構ありました。金具で固定して下で支えるのがタテ張りの貼り方ですが、部分的に下で支えられておらず、重さによって下にスライドして落ちていました。塗装工事の前にこのサイディングを持ち上げる事から工事が始まりました。外壁には2種類のサイディングが使用してあり、元々色が塗り分けられていましたので、今回の塗装工事でもパーフェクトトップで塗り分けをおこないました。カラーシミュレーションを作成し色の打合せを進めていって、イメージ通りの明るい色へ塗り分けが出来ましたので、お客様にも非常に喜んで頂きました。 コーキング

    【工事内容】
    外壁塗装 屋根塗装 コーキング
    【工事詳細】
    使用材料
    サーモアイSⅰ,パーフェクトトップ,オートンイクシード
    施工期間
    21日間
    築年数
    10年
    平米数
    110㎡
    お施主様
    M様邸
    保証
    10年間
    de160354a5ed4a243def2aeb9a674963
    外壁のサイディングは2種類のガラを使っていて、アイボリーとブラウンで塗り分けしてありました。
    28159a6fb15a5a97f8a3fff871cf03c8
    屋根のスレートは表面が劣化していて色が飛んでしまっていました。
    46513608dff929ed0d5ea1d90de0fa3f
    屋根は複雑に入り組んだ納まりで、スレート自体の劣化はそれ程でもありませんが、色のムラが出ています。
    6c78ac46e460ebc854361376d2f0f7a5
    ヒビ割れが何箇所か出ていますが、表面だけで完全に割れているわけではありませんので、補修で大丈夫です。
    6d7452ca23f1aa5a40439e60fc963bb6
    全体的に経年劣化が出ていますが、気になるのはタテ貼りのサイディングがズレている所です。
    7acb44fe4d404ed786707ba4e312917e
    表面に釘が出ない様に専用の金物を使っている様ですが、重さによって下がっていますので、元に戻さなければなりません。
    a749ab49d23eb64d0ba77ec547de909e
    目地のコーキングもヒビ割れなどの劣化があるので、塗装の前には打ち換える必要があります。
    044190f9e22e5398cfadb4f9853f2d8d
    こちらの様に下がったサイディングによって隙間が空いたところもあるので、サイディングを直してからコーキングを直します。
    d333275f3de67dcd9fa538c96861368a
    日が当たりにくい北面は、撥水性が落ちてしまった事によりコケが生えています。
    61e564d0d27d796748ced3095c12a623
    撥水性が落ちると雨が降った時に雨水を弾かずに吸ってしまいます。濡れた状態で乾きにくいので緑色のコケがどんどん繁殖してしまいます。
    ee82df6bfbc585b7de26d02ed5bc9665
    塗装工事を始める前に落下したサイディングの復旧作業から始めます。ズリ落ちているので持ち上げてから固定します。
    6e19aa83be1b8b6f79fa461c39a3f08a
    釘が見えない様にするためのタテ張りサイディングの固定金具ですが、持ち上げて固定するには正面からビスで下地に固定します。
    b71de8164ccf3a6ef8b5b16f788627c0
    落ちたサイディングを持ち上げて固定したビスは、外に見えてしまいますが、塗装する事で塗料で覆われるので何の問題もありません。
    d0c262defde1973a09cbfd1887975888
    元通りに戻す事が出来ました。何箇所かどうしても元通りに戻らない所もありましたが、殆どのサイディングは持ち上げる事が出来ましたので、これから塗装工事開始です。
    06c3e14d7aef66ee7c9e1e52022a035f
    塗装工事は建物の汚れや古い塗膜を落とす事から始まります。高圧で噴出した水でみるみる汚れが落ちていくのが分かります。
    12dce7940189c0f0a87b207107bc3ab7
    北面の外壁に付着していたコケも高圧洗浄でドンドン落ちていきました。
    454faf62e86116abd6bcc9f4b6a71f63
    スレートも同様に高圧洗浄するのですが、汚れや古い塗膜が残っていると、新しく塗装をしても付着が悪くなり直ぐに剥がれてしまう事になりますので、念入りに汚れを落としていきます。
    eb73f1a5482c5b9e6c2c4c16f29ac3f1
    屋根と外壁と一緒に駐車場の土間や門回りも高圧洗浄致しました。
    53ceb83e71e856fad52f3f79a18b46c0
    屋根の汚れと古い塗膜を落とした後は、塗膜でスレートの重なりが覆われない様に、タスペーサーという材料を全てのスレートに差し込んでいきます。
    d59c2b722c836592831ce4506e1401db
    スレートの重なりが塞がれてしまうと雨漏りの原因になるので、必ず隙間を開けなければなりません。棟板金も劣化はしていませんが、ビスで補強をおこなってから塗装をしていきます。
    a56d0dc04ff167c9417de5d846c6abaa
    目地のコーキングを打ち換えるために、古いコーキングを剥がしていきます。サイディングの目地は、建物の動きを緩衝する役割と、防水の役割を持っていますので、ヒビ割れなどで劣化している時は新しく打ち換えが必要になります。
    67a575aa5aa6abfa21fb545ecc0dab38
    カッターを丁寧に入れて残らない様に剥がしていくのですが、サッシ回りは剥がさずに上から増し打ちをおこないます。
    af9131826f8d06d92eb94a4e192d6bf4
    意外と目地のコーキングは長さがあるので、打ち換えは結構大変な作業なんです。
    45b0ee9c58a26b466551ace2f092cff2
    建物の動きによってコーキングが剥がれない様に、木造住宅の目地の場合は、接着面が2面にしなければなりません。右の画像でいうと、左右のサイディングには接着させますが、奥の青い部分には接着させないんです。
    d87233021baa26d96acd5914cb871983
    そして、コーキングの時に重要なのが、このプライマーです。簡単にいうと接着剤で、新しいコーキングと打つ部分との付着性を高める材料です。
    c5da0d57bb794059813485841956bf4a
    プライマーがムラなく塗れていないと、コーキングを打っても付着性が落ちてしまい、隙間が空いたりします。
    3519115f63b337605750507befa466de
    今回使用したのは、オートンイクシードというコーキング材です。今あるコーキングの中でも耐久性は最上位にいちするコーキング材です。
    3e613e406e26a88b1054839acbd9d9ad
    リフォームなどの時には、2面接着が難しくなる所が多々あります。弾力性が低いコーキングだと3面接着になっていると力が逃げずに剥がれの原因になる事もありますが、オートンイクシードはその心配がありません。
    7714d90e60310665608e513a44ca17e7
    コーキングの打ち換えが終わったので、塗装工事にとりかかります。まずは下塗りです。下塗りは高圧洗浄と同じくらい重要な工程で、コーキングの時のプライマーと同じで、仕上げの塗料の付着性にかかわってきます。
    55163bc3c252d2fd7052040e0f218c54
    屋根の下塗りの後は、仕上げの塗料を二回塗って仕上げていきます。
    6ef00f7be78785881b48f8ddf2f1def0
    屋根に使う塗料は日本ペイントのサーモアイSⅰです。太陽からの熱を反射する性能を持つ、遮熱塗料です。色によって夏場の熱を反射する事で、建物内への熱の侵入を防いでくれます。
    20171219-5_171219_0012-1
    仕上がりは鮮やかなツヤに包まれたブルーの屋根になりました。使った色はクールネオサファイアブルーで、元々の黒から明るい屋根に変わりました。
    5502cf4a70838ff30aad7c7bd22c449c
    屋根が仕上がったので、次は外壁の塗装です。屋根と同じように下塗りから始めます。丁寧に塗って仕上げの塗料が性能を最大限に発揮出来るようにします。
    20171206_171225_0026
    下塗りの後は仕上げの塗装の1回目、中塗りです。仕上げは2度塗りで完成します。低価格を売りにしている業者などは、この中塗りを飛ばす事で費用を下げたりしていますが、ちゃんと2回塗らないと塗料が持つ耐久性を発揮できません。
    20171219-5_171219_0026
    サイディングのガラが違いますが、右は中塗り左が下塗りの状態です、下塗りは同じ塗料を使うので、一旦建物全体が真っ白になります。
    2416a3acdf7b8a7e9b665f6d310cc420
    仕上げに使用したのは日本ペイントのパーフェクトトップです。ラジカル制御型という性質を持っており、汚れが付きにくく耐久性が高い塗料です。価格帯はシリコン系と同等ですが、耐久性がフッ素に近いのでコストパフォーマンスがとても高い塗料です。
    ed804207b588e214bae2a71051ad1304
    こちらのタテ張りサイディング部分は薄いベージュ系の色に。
    47d65cfda8a0c029a7dc5e4c17f3d628
    木目調のサイディングはブルーで仕上げます。このブルーはカタログに載っている標準色にはありませんので、カラーシミュレーションで打合せをさせて頂き決定した色です。
    9db7e154d200306f4faed73bb95410bf
    中塗りと上塗りでは仕上がりの色のノリが違います。同じブルーでも中塗りの時よりも上塗りの後の方が色が濃く出ます。
    20171219-5_171219_0018
    雨樋や破風板、軒天なども一緒に塗装して建物全体が明るくなりました。
    ccd3c298dd59bfc910909065a1d0d9d7
    ルーフバルコニーは防水の劣化は酷くなかったので、紫外線保護のトップコートを塗布しました。
    916455bf73387f023d36d378613415bf
    元々敷いてあったタイルを戻して工事完了です!
    17f3968b426f2ba108956008a8a0e226
    白い外壁は汚れも落ちて綺麗に変わりました。
    52ed7a3ef7e7bd3388863f2ba0979e8d
    白と青のコントラストが非常に鮮やかな印象です。
    7345f94c4da6bc6a5a06939c3c46678a
    元がベージュとブラウンの塗り替えだったのですが、ブルーに塗り替えたことでとても明るい建物にイメージチェンジです。
    c7f6aa3b184e6581e5800a5c8374e894
    イメージ通りの建物に塗り替えが出来たと、お客様にも非常に喜んで頂きました。

    街の外壁塗装やさん横浜店

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
    1. お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着ブログ一覧

      2018-12-08 16:42:38 横浜市戸塚区の外壁調査、モルタル壁に発生する亀裂は小さくても雨漏りに繋がる可能性があります

      IMG_8524

      ご自宅の外壁でよくあるモルタルで下地が造られたのをモルタル壁と呼びますが、このモルタル壁は築年数の経過とともに亀裂やひび割れが起こるようになります。実はこのモルタル壁に発生する亀裂は小さくても雨漏りに繋がる可能性があります。雨漏りに繋がる前にな何とかしたい、決して無視できない現象です。横浜市戸塚区T様のお宅より「数年前から雨漏り...続きを読む

      2018-12-07 14:04:38 横浜市旭区で築13年の屋根を調査、塗装が無駄になるニチハのパミールであることが判明

      IMG_8524

      本日はまだ築10年ちょっとしか経ってない横浜市旭区の屋根塗装調査でしたが、実は屋根に上がって見ましたらニチハのパミールというスレート屋根である事が判明いたしました。 パミールは塗装が無理、無駄になってしまう屋根材です。(塗装が無理な外壁や屋根に関してはこちら。)表面のはく離が必ず起きてしまい、ミルフィーユ現象や、元々野地板...続きを読む

      2018-12-06 18:09:36 横浜市西区にて塗装工事の事前調査、外階段の鉄部の錆が外壁に付着

      IMG_8524

      築年数が25年以上経っているという横浜市西区のお宅へ塗装のための調査に伺いました。 塗装といっても今回のメインは外階段です。鉄部への塗装と、その鉄部の錆が外壁に漏れ伝わってしまっているのと、前回外壁塗装してからそろそろ10年ちかく経つために合わせて塗装しようという計画です。   鉄部の錆が外壁を伝わってし...続きを読む

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る