横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
VORT新横浜2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ
  • イオン銀行住宅ローン

    HOME > 施工事例 > 川崎市幸区で下の階への漏水を防止するためバルコニーをウレタン防水

    川崎市幸区の施工事例

    川崎市幸区で下の階への漏水を防止するためバルコニーをウレタン防水

    【施工前】
    バルコニー防水前

    【施工後】
    ウレタン防水

    【お問い合わせのきっかけ】

    川崎市幸区のマンションオーナー様から「自分が所有しているマンションの1室を知人に貸しているが、バルコニーが傷んできており、下の階の借りている方々にご迷惑をかける前に何とかしたい」とご相談を承りました。空き室にしていた時は鳩、しばらくしたらバルコニーの床面の傷みと何かとトラブル続きの1室のようです。トラブルは全て私達が解消するのでご安心ください。


    担当:白石


    川崎市幸区のマンションオーナー様から「自分が所有しているマンションの1室を知人に貸しているが、バルコニーが傷んできており、下の階の借りている方々にご迷惑をかける前に何とかしたい」とご相談を承りました。空き室にしていた時は鳩、しばらくしたらバルコニーの床面の傷みと何かとトラブル続きの1室のようです。トラブルは全て私達が解消するのでご安心ください。


    担当:白石


    【工事内容】
    防水工事
    【工事詳細】
    お施主様
    O様邸
    防水工事
    バルコニーの植物
    オーニング
    バルコニーには数々の植物が並んでおりました。プランターを用意し、バルコニーで植物を育てる人は増えているようです。ミニ野菜などを育てている人は育て終わり、シーズンオフになったら、必ずプランターを移動してバルコニーなどの床面を点検してあげてください。放置しておいてトラブルになることも多いのです。バルコニーには一面を覆えるターフも用意されていました。日差しを遮るので、暑いときは役に立ちそうです。
    端部の雨染み
    排水口の上のひび
    バルコニーの床面と立ち上がり部に染みが出来ています。おそらく雨水が染み込んだ跡でしょう。現段階では深刻ではないにしろ、改善が必要です。排水口の周辺が結構、傷んでいそうです。ベランダやバルコニーで野菜や花、植物を育てると、排水口に水が流れ込む機会が増えます。したがって、どうしても傷みが早くなるのです。
    フクロウの置物
    清掃
    ベランダを掃除し、さまざまなものを片付けていくと急に存在感を増したものがありました。以前、鳩害に悩まされていたときに活躍していたというフクロウの置物です。フクロウを置くと、他の鳥が寄り付かなくなるそうです。私達の工事も見守ってもらいましょう。ベランダの床は清掃し、薬品などで下地調整をしていきます。
    立ち上がり部の防水処理
    立ち上がり部の防水処理
    床面と立ち上がりの境い目に染みが出来ていた部分のシールを改修します。シーリングを打ち込んで、雨水の浸入を防止します。こちらにもウレタン防水を施すのでしっかりと均しておきます。
    ドレーンの設置
    プライマー塗布
    排水口とその周辺が傷んでいたので、改修ドレーンを用い、改善します。このドレーンは柔らかい鉛でできており、排水口にはめ込んだ後、叩いて床面や壁面にフィットさせていくのです。床面と壁面との隙間をなくして漏水を防止します。公開は通気緩衝工法を行いますので、透湿シートをまずは床面に貼り付けます。透湿シートを密着させるため、プライマーを塗布します。
    通気シート張り込み
    ウレタン樹脂塗布
    透湿シートを敷き込んで、ウレタン樹脂を塗布していきます。まずは1層目です。ウレタン防水は液状の樹脂を塗布するため、どんな形状のところにもフィットさせることができます。限度はありますが、何回も塗布を重ねることによって防水層を厚くすることも可能です。また、これまでの下地を気にすることなく施工できます。
    立ち上がり部に塗布
    k8-2
    立ち上がり部にもウレタンを塗布していきます。乾燥の頃合を見計らって、何層にもウレタン樹脂を塗布していきます。何層にも重ねることができるといっても、重ねすぎると部分的に乾燥不足を招いたりします。
    通気緩衝工法のウレタン防水
    通気緩衝工法のウレタン防水が竣工しました。通気緩衝工法のメリットは湿気や水分を通さない防水層の下に溜まった水蒸気を脱気塔を介して排出できる点にあります。これまで「雨漏りしていた」、「雨漏りはしてなかったが防水層に浸水があった」というケースにも対応できる優れた防水工法と言えるでしょう。通気緩衝工法はウレタン防水以外の防水方法でも用いられています。通気緩衝工法による防水方法は街の外壁塗装やさんにご相談ください。

    街の外壁塗装やさん横浜店

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店

      お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着ブログ一覧

      2021-01-20 10:32:05 横浜市緑区東本郷にて、屋根外壁塗装とバルコニーのトップコート塗り替えでお住まいのメンテナンス

      IMG_8524

       横浜市緑区東本郷のS様邸にて、屋根塗装工事とバルコニーのトップコート塗り替え工事を行いました。工事の様子をご紹介いたします。お住まいのメンテナンスを一度に行うことで足場代を節約することができるのでおすすめです。  感染が拡大し続けている新型コロナウイルスに不安な毎日をお過ごしかと思います。街の外壁塗装やさんでは対策を徹底して...続きを読む

      2021-01-19 10:41:42 藤沢市渡内にて、FRP防水用のコーティング材「ウレアックスHG」でメンテナンスを行いました

      IMG_8524

       藤沢市渡内のI様より、「ベランダのFRP防水が剥がれたり、ひび割れたりしている」とのご相談をいただき、現地調査の後にFRP防水のトップコート塗り替え工事を行いました。私たち街の外壁塗装やさんでは、屋根や外壁の塗装だけでなくベランダやバルコニーの防水工事も承っております。現在は、マスクの着用やソーシャルディスタンスの確保など新型...続きを読む

      2020-12-21 11:44:20 横浜市港南区丸山台にて、オートンウレアックスHGでバルコニー床のトップコート塗り替えを行いました

      IMG_8524

       横浜市港南区丸山台にお住まいのH様邸にて、バルコニー床のトップコート塗り替えを行いました。H様邸は築6年ほどが経過しておりトップコートの剥がれが目立つようになったため街の外壁塗装やさんへお問い合わせくださいました。バルコニーやベランダの床には防水層が形成されています。さらにその上には防水層を守るためのトップコートが塗られていま...続きを読む

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る