横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
横浜外壁塗装工房にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ

HOME > 施工事例 > 横浜市保土ケ谷区|超高耐久サーモアイ4Fとエラストコートの屋根外壁塗装

横浜市保土ヶ谷区の施工事例

横浜市保土ケ谷区|超高耐久サーモアイ4Fとエラストコートの屋根外壁塗装

【施工前】
屋根外壁塗装,点検

【施工後】
屋根外壁塗装工事,完了

【お問い合わせのきっかけ】
横浜市保土ケ谷区のF様邸です。 築13年のモルタル外壁ですが、塗り替えの時期とのことで、見積もりにお伺いいたしました。 気になる点としては、出窓の上裏に雨染みが有ること、雨漏りを起こしているのではないかと不安を感じています。 また高耐久塗料を求めていらっしゃまいますので、他社様の提案塗料と比較して決めて頂きたいと思います。

【工事内容】
外壁塗装 屋根塗装 防水工事
【工事詳細】
使用材料
日本ペイント サーモアイ4F:クールベビーブルー ブライトン エラストコート
築年数
築13年
お施主様
F様邸
保証
屋根外壁:12年 付帯部:3年
横浜市保土ケ谷区,点検
タイル張り
築13年、横浜市保土ケ谷区の2階建て住宅です。部分的にタイルを使用しており、重厚感あふれるモルタル外壁です。
築年数で塗り替えの時期を判断し、スレート屋根とモルタル外壁の調査を行っていきます。
出窓
軒天
まずはF様が気になっている、出窓とバルコニーの軒天部分の染みです。
軒天は普段雨水に直接あたる所ではないので、湿気の滞留によって傷むことがあったとしても、
はっきりと雨染みが残る事が多くありません。
2階の出窓には黒染みがはっきり残ってしまっていますが、染みを作る原因は、窓周辺から内部に向かって雨水が入り込んでいる可能性があります。
またバルコニー部分の軒天に染みがある場合はバルコニーの防水が劣化しているという事です。
これは防水工事を行ってからでないと、補修をしても意味はありませんので、上部の補修が最優先になります。
苔付着
リシン吹付
リシン吹付仕上げのモルタル外壁は、凹凸感が大変細かい為苔や汚れが大変付着しやすく、なかなか取れにくい仕上げです。
何かをぶつけたのか、一部仕上げが剥がれている箇所を発見しました。小さな剥がれであれば問題なく、通常の塗装で仕上げる事が可能ですが、また新たに剥がれる恐れがある場合は、剥がせるだけ剥がしリシンを吹付直します。
そうすることで仕上がりを一切変えずに外壁を綺麗にすることが出来ます。
クラック
汚れ
モルタルの弱点はクラックです。砂やセメントが材料の為乾燥し築年数が経過することでひび割れを発生させてしまいます。
紙1枚も入らないような細かいヘアクラックは塗装での補修で充分ですが、大きくひび割れた構造クラックは、できるだけ内部からの補修が必要です。
VカットやUカット等の工法を用いて補修をするため、費用も嵩みがちです。
放置すると次第に雨漏りや剥離の原因にもなってしまいますので、ヘアクラックの段階で拡大防止の対策をしていきましょう。

塗り替えを行う際にはモルタルのひび割れ対策に、弾力性のある塗料を選定し、クラックを埋めるようにしましょう。
この際に防藻・防カビ機能やセルフクリーニング機能を持つ塗料を使用することで、綺麗を長期間に渡って維持することも出来ます。
ぜひ汚れにくい外壁にしたいですよね。
バルコニー
笠木,シーリング
雨漏りの疑惑があるバルコニーです。デッキ材を敷いているようですが、下地はFRP防水です。
FRP防水とはガラス繊維と補強材を組み合わせて一体にした塗膜防水です。その為、仕上がりは継ぎ目のないシームレスな防水です。
耐用年数は10~15年、ひび割れ等が目立ち始めたら補修の準備をしていきましょう。
ちなみにベランダに何かを敷いている住宅が多くなってきましたが、一長一短です。
何かを敷くことによって直射日光を防ぐことが出来ますが、排水を邪魔し湿度がこもりがちになります。

こちらは浮きや剥がれが見当たりませんでした。その代わりに笠木継ぎ目のシーリングが劣化し隙間が出来ていました。
笠木はシーリングと保護材の使用で雨水の浸入を防いでいきます。
カラーシミュレーション,クールベビーリーフ
カラーシミュレーション,クールライトブラウン
塗装前にどのような仕上がりにしたいのか、カラーシミュレーションで完成イメージを作成していきます。
塗り分けは新築時の塗り分けを変えたくないというご希望ですので、バルコニーの出の分のみピンク系の色で作成していきます。
今回使用する江ラストコートの特徴としては鮮やかに発色するという事です。ピンクと一言で言っても、落ち着いたトーン、明るめ・オレンジ系等仕上がりは数パターンですので、少しずつ色を変えながら作成させて頂きます。
カラーシミュレーションクールチェリーブラウン
クールベビーブルー,カラーシミュレーション
外壁はベージュ系、イエロー系、ホワイト系と、現状から大きく外さない仕上がりです。
屋根は全体的なバランスを見て、明るめの4色にて作成いたしました。
雨樋・破風板・軒天等の付帯部は全て統一させ、外壁よりのホワイト系です。
付帯部は住宅に多い部分ですので、ホワイト系か、ブラック系で住宅の印象は大きく変わります。
ホワイト系の場合は住宅全体が爽やかな印象に、ブラック系の場合引き締まったような印象を持たせます。
住宅全体のイメージと何色をご希望なのか確認の上、付帯部の色を決めていきましょう。
軒天開口
内部雨染みなし
まずは塗装前に足場を組み、軒天の調査を行いましょう。
軒天材を剥がし内部を確認すると、雨染みらしきものは一切見当たりません。
通常は軒天に染みが出来る状態ですと、内部の木材は黒く雨水が染み込み腐食している場合もあります。
しかし、今回はそんなこともなく大変綺麗な状態です。
軒天下地
軒天
どこにも軒天内部には雨が通った跡もなく、綺麗な状態でした。
その為染みが出来たのは雨漏りではなく、窓の結露の可能性が非常に高くなりました。
室内外の温度変化により結露が生じ、周りにも影響が出ているのだと感じます。
しっかりと内部を確認し、問題が無いことを再確認したら新規の天井材で塞いでいきます。

軒天補修
軒天を張り替えてひとまず雨漏り調査は終了です。
この後は通常通り、塗装工事を行っていきますが、軒天も塗装で表面保護をしていきます。
高圧洗浄
高圧洗浄
塗装工事に入ります。まずは足場に水や汚れの飛散防止用メッシュシートを取りつけ高圧洗浄を行っていきます。
屋根から駐車場まで、付着している苔や汚れ、劣化した旧塗膜までしっかりとそぎ落として真っ新な状態にします。
苔が付着していると、塗装後に苔が塗膜を突き破ってしまいます。その為、高圧で苔の根絶ちを行う必要があります。
洗浄
タスペーサー設置
玄関ドアやサッシも綺麗に流し、ポーチを流し洗浄は終了です。しっかり乾燥させるためにこの日の作業は終了となります。

続いては屋根塗装です。
スレートの場合は必ず塗装で縁切りかタスペーサーの設置をする必要があります。ヘラでの縁切りは屋根の仕上がりも汚くなり、塗料が再度密着する恐れがあります。
そこで、塗装で屋根材同士が密着しないようにタスペーサーを設置し、縁切りの役目を果たします。
ベスコロフィラーHG
下塗り
続いて塗装です。若干反りが出始めているスレートでしたので、スズカファインのベスコロフィラーHGを下塗りに使用し、劣化したスレートを蘇らせます。
素地の吸い込み止めも高く、上塗りが乗りやすい下塗り材です。
満遍なく塗装しすることでムラの無い頑丈な屋根材に仕上がります。
補修
シーリング
スレートのヒビはシーリングで塗装仕上げの前に補修を行っていきます。
施工中にスレートがひび割れる事もありますので、何度か手直しを行いながら屋根を綺麗に仕上げていきます。
サーモアイ4F
中塗り
日本ペイントの遮熱塗料サーモアイ4Fで中塗り・上塗りを仕上げていきます。
遮熱塗料は紫外線を反射させることで室内温度や屋根表面温度を下げ、室内を快適にするための塗料です。
遮熱は冬の寒さにはあまり関係はありませんが、夏の暑さには高い効果を発揮します。

上塗り
屋根塗装
色はクールベビーブルーで、淡い色ほど日射反射率が70.4%と高く、遮熱効果が高いです。
全40色、スレートだけでなく、鋼板・トタン屋根への塗り替えも可能です。
また同シリーズで、外壁や道路にも遮熱機能を持たせることが出来ます。ぜひ全体的に遮熱塗装を行い、快適に夏をお過ごしになられてはいかがでしょうか?
軒天塗装
軒天完了
外壁塗装です。軒天を2回塗りで仕上げていきます。付帯部の使用塗料はファインSiのND-105です。
完全な白ではなく、外壁に近いようなホワイト系でそろえていきます。
下塗り
エラストコート
外壁塗装はブライトンの100%アクリル系弾性コーティング剤のエラストコートを使用していきます。
シーラーレス塗料ですがモルタルは塗料の吸い込みが激しい為、下塗りを行い吸い込み止めを行います。

エラストコートはコンクリート・モルタル・左官仕上げ材・吹付材等の塗り替えにも使用可能です。
艶なしタイプで既存の質感や風合いを損なわずに塗り替えが可能です。
中塗り
中塗り完了
中塗りを行っていきます。全体的な塗装はB-957を使用します。高い弾性機能と通気性能を併せ持っている為、膨れを起こすリスクを減らしました。
撥水効果があり水洗いをすることが出来ますが、ヘアクラックもしっかりと埋める優れものです。
外壁
バルコニー
続いて上塗りを行います。バルコニー外壁と3階バルコニー内壁はKM5524-1での塗装です。
防カビ効果も高い為、このまま綺麗な状態を維持することが出来るかと思います。
霧除け塗装
霧除け2回塗り
霧除け等の鉄部はケレン処理後、錆止めを塗り仕上げ材で2回塗りをしていきます。
錆が発生する物については表面保護が大変重要ですので、外壁塗装と同時に作業を行っていきましょう。
上塗り
手摺
手摺も笠木部分のシーリングを補修し全体塗装を行います。つるつるした表面では塗膜がすぐに剥がれてしまうため、しっかりとペーパー掛けで表面を傷つけてから塗装を行います。
アルミ製品の場合は塗装をしてもすぐに剥がれてしまうので、塗装は行いませんのでご了承ください。
塗装1回目
塗装
水切りまでしっかり塗っていきます。水切りもケレン後2回塗りで仕上げていきます。
注目して頂きたいのは外壁の色の違いです。
1回目は外壁塗装前に行い、2回目は仕上げに行っています。その為、塗り方にも大きな差がありますが綺麗に仕上げることが出来ます。
バルコニー,トップコート
バルコニー,トップコート
バルコニーは雨漏りを起こしていなかったため、トップコートを塗装し表面保護を行います。
トップコートの耐久性としては5~10年程ですので、またヒビが入り始めたら補修が必要です。
全体を綺麗にすることで、住宅が蘇ったかの様です。
施工保証は屋根外壁共に12年、付帯部は3年です。今後は隔年で定期点検を行い、塗膜の膨れ等の有無をチェックしていきますので、宜しくお願い致します。

横浜外壁塗装工房

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
    1. お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着ブログ一覧

      2017-10-18 22:14:25 横浜市栄区|傷みすぎたサイディングは部分的な交換が可能です

      IMG_8524

      外壁塗装をご希望されるお宅の中には、傷みすぎた状態の外壁もあります。塗装は、対象物を表面から保護して、対象物の劣化を防ぐために行います。もちろん美観という意味合いもありますが、美観という点で考えても、やはり対象物の劣化を防いでいかなければ維持ができません。そんな塗装でも、対象物の劣化が進行しすぎていれば、塗っても早く剥がれてしま...続きを読む

      2017-10-15 20:17:11 FRP防水の立上りとサッシの取合いは雨漏りしやすい|横浜市栄区

      IMG_8524

      FRP防水は、ガラス繊維などの繊維をプラスチックの中に入れて、強度を向上させた複合材料を使用した防水です。他の防水材を使用したものと比べれば、そのままの状態であれば強度が髙いのですが、1度割れてしまうと元に戻すことができません。特にFRP防水の立上りとサッシの取合いは、亀裂が入り雨漏りしやすいようです。横浜市栄区O様より、「バル...続きを読む

      2017-10-14 02:35:37 横浜市磯子区|サイディングの外壁塗装に不可欠な目地のコーキング

      IMG_8524

      横浜市磯子区で塗装工事をおこなう建物です。築13年で初めての塗装工事ですが、サイディングの表面は劣化が進んでいてチョーキングが出ていました。撥水性が落ちてきているので雨が降っても水を弾かずにサイディングが吸ってしまいどんどんボロボロになっていきます。この状態を元に戻す為には塗装工事をおこなってサイディング表面の撥水性を戻します。...続きを読む

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る