横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
横浜外壁塗装工房にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ

梅雨時期の無料点検QUOカードプレゼントキャンペーン

逗子市の施工事例

神奈川県逗子市で雨漏りの原因はバルコニーの防水の劣化

【施工前】
施工前

【施工後】
施工後

【お問い合わせのきっかけ】
神奈川県逗子市で防水工事をおこないました。バルコニーの下の部屋の天井から雨漏りがするという事で点検したところ、床の防水に亀裂が入っていて雨水が侵入している事がわかりました。床下地も雨漏りによってブカブカに傷みが出ていましたので、下地から作り直しの工事です。床を下地から剥がしていくのですが、大分傷みが進んでいましたので、補強を入れてから床下地を組んでいきます。排水口周りに改修用のドレンを設置してその上からウレタン防水を巻き込んで仕上げるので、一体になって雨漏りがしにくい納まりになります。不安だった雨漏りが解消されてお客様も喜んでいらっしゃいました。

【工事内容】
防水工事 雨漏り修理
【工事詳細】
使用材料
ウレタン防水
施工期間
6日
築年数
30年
平米数
115平米
お施主様
S様邸
79f0da1a9993c29a2db548f977bd0e2e
バルコニーの床の様子です。シート防水が施工してあり、養生の為に人工芝が並べてありました。
d69d42beb09a456a1333c23636e87379
ブルーシートの下が雨漏りしている部分です。以前に雨漏りした際にコーキングをした事があるそうです。
0719381e7efcb1cbcb266f6f218a4dae
壁際にも亀裂が入っていてシートが浮いていました。
1490a9fc9fb93b8b6a63b4b733dce94e
排水口まわりは、床よりも若干盛り上がっているので、排水効率が非常に悪くなっています。
c450c7dbc1b9260d2a047ff18a06f71a
傷んだ床の合板を剥がしました。若干雨漏りした跡が有りますが、それ程ひどい状態ではありません。
e5143d51b0b8bea3bf9e7cf47cea90ac
下の階の天井が見えています。雨漏りした際に、直ぐに下の階に雨漏りしていたことが分かります。その為に天井材の傷みはあまりありませんでした。
a95ca5f065fe697c8ea858b74a578638
壁際に勾配が付けてあったのですが、その部分も解体してフラットな床に変えています。今までは、立ち上がり部分に鉄骨性の手すりが取り付いていましたが、床置き型の手すりが取付出来る様に床の仕上げを変えました。
f43a472e0c71e4db6c52e16ab8613789
もともとの床を若干勾配修正して排水を確保していきます。
20150807_56
排水口があった所に、排水管を立ち上げて床を貼ります。
20150807_235
鉛製のプレートが一体となった、改修用ドレンを配管に差し込みます。
20150807_3341
床の高さで排水管をカットしてこの様に差し込みます。
22da7ce1f5c2d94786eaff2b5745805f
鉛のプレートごとウレタン防水をかける事で、排水口周りからの雨水の浸入を防ぎます。うっすらと丸くなっているのが分かりますか?
cd9c8ee10113209df9e82526e4bac226
ウレタン防水は、下塗りでプライマーという接着剤を塗布して、防水層が建物の動きで切れないようにする、補強クロスを敷き込みます。
328604f5dd0b99b528204d6cfa7ed701
補強クロスごとウレタン防水を塗りこんでいくのですが、2回塗って防水層を作っていきます。
20facf7907deb428cc20f0ca562ba75f
2回目のウレタンを塗布している状態です。
b351a1b0c7af3cc8b1fde30a4dfaf74a
紫外線から防水層を保護するために、トップコートを塗布します。元々が緑色の床でしたので、グリーンのトップコートを使用しました。
2期工事でこの上に手すりを取り付けて行きます。

このページと共通する工事内容の新着施工事例

ページの先頭へ戻る