横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > ブログ > 今から外壁塗装で使うの塗料の話をします

    本日の現場ブログ

         

     日々の現場の様子をブログにてご紹介しております。
    ご質問などはお気軽にお問い合わせください!

    今から外壁塗装で使うの塗料の話をします

    更新日:2016年6月25日

    今日は風が非常に強く車を運転してるだけで怖かったです。横須賀へ向かう高速道路を走ってたら車が横転するんじゃないかと思う位でした。今回はまだ工事に入ったばかりの現場ですが、そこの現場で使う塗料のブログを書きたいと思います。塗り替えを考えている方なら誰しも思った事があるかと思います。何を塗ろうか?もしくはお見積りを取った事がある方も考えた事があるかと思います。一口に塗り替えに使う塗料と言っても沢山あります。我々でさえ迷う位です。屋根に塗る塗料と壁に塗る塗料は基本的には違いますし木部鉄部に使う塗料も業者によって違います。そんな中でほんの一例ですが、私共が受注させて頂いた今回のお宅様の塗料をご紹介させて頂ければと思います。

    OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

    まず外壁に使う塗料なのですが、右の写真の物です。エラストコートという塗料になります。こちらのお宅様の外壁はモルタル壁なんですね。塗料には基本的に水性系と溶剤系との2種類に分かれます。溶剤系というのは油性のペンキとお考え下さいね。モルタルの外壁の場合、ヒビ割れが発生します。夏は冷房、冬は暖房を点けると壁内結露が発生します。外壁と内壁の間、柱なんかがある空間に結露が発生します。それで木材が水を吸い乾いた時に少し動くそうです。それで外壁が割れてしまうので、モルタル壁には割れに強い弾性塗料がお勧めです。ゴムの様に伸び縮みする水性系の塗料の方がお勧めなのです。さらに言うと塗装工事というのはビニールを貼る様な工事です。外壁に防水工事を施す訳ですからね。しかしながらビニールを外壁に貼ったら結露はどこへ行くのでしょう?逃げ場がなくなり内壁に篭もりますよね。ですから塗料自体に透湿性という機能の付いた塗料がお勧めです。透湿性とは家の中の湿気は外に逃がしてくれるけれども外から湿気は入れない、という機能になります。その弾性と透湿性の機能を併せ持った塗料がこのエラストコートという塗料になります。このエラストコートの特筆すべき点は塗膜の伸び率になります。伸び率はなんと360%です。通常の状態から約3,6倍伸びるんです。大袈裟ですが天変地異でも起きない限り割れません。もちろん寿命はありますが。この伸び率は私の知る範囲では国内で最も伸びる塗料です。

    OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

    続いて屋根の塗料をご紹介したいと思います。屋根の塗料に関してはスレート瓦なので熱に強い塗料の方が良です。なので溶剤系の塗料がお勧めです。その中でも遮熱塗料がお勧めです。右の写真の塗料がその遮熱塗料のフッ素になります。シリコンもありますよ。耐久年数が長いのはやはりフッ素になります。この塗料で屋根は仕上げさせて頂いて、外壁は先ほどのエラストコートで仕上げてあげれば屋根、外壁共に15年以上の耐久性が期待出来ます。これで次回の塗り替えの目安は早くて15年後という事になります。この様に屋根と外壁が塗装ならば耐久年数を合わせてあげたり、屋根と外壁の種類によって塗料を使い分けてあげて下さい。それが1番だと思います。常にお家にとって最良のご提案をさせて頂ければと思います。

    屋根外壁塗装工事についてご質問やご不明な点等ございましたら、フリーダイヤル0120ー948-355までお気軽にお問い合わせください。

     

    街の外壁塗装やさん横浜店

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
    1. お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着ブログ一覧

      2019-01-13 08:06:19 横浜市保土ヶ谷区初音ヶ丘で日本ペイントパーフェクトトップND-503を使用しての外壁塗装

      IMG_8524

      本日は横浜市保土ヶ谷区T様宅で行われました、外壁塗装工事の様子をお伝えいたします。T様宅は築35年、先10年程は安心して暮らせるメンテナンスを、との事で今回屋根・外壁の塗装を行う事になります。もともとは屋根の劣化が顕著になり、屋根のみのメンテナンスをお考えでしたが、足場の有効活用も考慮に入れ、外壁の塗装も併せて行うことになりまし...続きを読む

      2019-01-11 15:02:58 横浜市青葉区美しが丘で行った外壁調査、ALCを使用した外壁は水を吸いやすいので早めに塗装でメンテナンス

      IMG_8524

      近年外壁に使用される材料はいくつか種類があります。大手の住宅メーカーで使用されるケースが多いのはALCという材料です。軽量気泡コンクリートを短縮してALCと呼んでおります。コンクリートなのに軽く、断熱性や耐震性、耐火性、耐久性に優れており、多くの新築建物に使用されております。メリットやデメリットと言ってしまうと「良い」とか「悪い...続きを読む

      2018-12-28 13:02:51 横浜市港北区新吉田東にて屋根・外壁塗装が竣工、その前後の外観を比較

      IMG_8524

      横浜市港北区新吉田東にて屋根外壁塗装が完工し、足場が解体になりその全貌が見れるようになりました。 調査時の塗装前の外観と、塗装後まだ間もない外観を写真を使って見比べてみます。今回使いました塗料は外壁のメイン部分は日本ペイントさんのパーフェクトトップ、ラジカル制御型塗料にて綺麗に仕上がりました。   狙った...続きを読む

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る