横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > ブログ > 塗装の前に高圧洗浄で汚れを綺麗に洗い流します|川崎市高津区

    本日の現場ブログ

         

     日々の現場の様子をブログにてご紹介しております。
    ご質問などはお気軽にお問い合わせください!

    塗装の前に高圧洗浄で汚れを綺麗に洗い流します|川崎市高津区

    更新日:2018年3月13日

    川崎市高津区で塗装工事が始まりました。屋根と外壁の塗装工事で先日足場を架けましたので、高圧洗浄を始めます。塗装工事には工事をおこなう順番があり、一番最初におこなうのが高圧洗浄です。建物は築年数が経過すると汚れていくのですが、この汚れを落とさずに塗装工事をおこなっても付着性が弱いので、塗装が剥がれたり浮いたりしてしまいます。付着性を高める為にはコケや砂ぼこりなどの汚れや古い塗膜を綺麗に洗い流さなければなりません。塗装工事をおこなう時には足場を架けて外側にメッシュシートを張るのですが、塗料が飛ぶのを防ぐ役割と高圧洗浄で洗い流した時に回りに飛び散らない為にも、足場とメッシュシートは塗装工事には必須です。

    高圧洗浄は必ずおこないます

    築年数がそれ程経過していなければ汚れの付着も酷くはありません。見た目はそれ程でもなくても高圧洗浄は必ずおこなわないと、いくら耐久性が高い塗料を使っても絶対に長持ちしません。塗装工事の中でも高圧洗浄と下塗りが非常に重要な工程なんです。

    屋根と外壁を高圧で噴出した水で洗っていくと、見た目には気付かなかった汚れが付着していたのが良くわかります。

    洗い流された汚れがどんどん下に流れてきました。この汚れが表面に付いていた状態で塗装をしても、直ぐに剥がれてしまいますので、屋根と外壁の塗装工事の前には必ず高圧洗浄をおこなわなければなりません。

    汚れを落とした後は、棟板金をビスで補強していきます。棟板金は下地の木に釘で固定している事が多いのですが、年数が経つと木が痩せてきて釘が抜けてしまう事がありますので、ビスで固定してゆるみが無い様にしていきます。スレートとスレートの重なり部分には、タスペーサーを差し込んで塗装をした時に塗料で隙間が塞がらない様にします。隙間が塞がってしまうと雨漏りの原因になりますので、しっかりと差し込みます。塗装工事はお好みの色に仕上れば見た目は綺麗になりますが、高圧洗浄やタスペーサーなどの色を塗る前の作業が非常に重要なんです。川崎市高津区の建物は、塗装の前に高圧洗浄で汚れを綺麗に洗い流して塗装の準備が終わりましたので、後はお客様のイメージ通りに仕上げていきます!

    ご質問や御不明な点など御座いましたら、フリーダイヤル0120-948-355までお気軽にご相談・お問合せください。

     

    街の外壁塗装やさん横浜店

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
    1. お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着ブログ一覧

      2018-09-20 21:09:01 横浜市港北区築14年の屋根調査、防水効果を失った化粧スレートの現状

      IMG_8524

      本日は横浜市港北区にて、築14年で初めての屋根塗装を行う前に経年劣化や傷みがどの程度あるのか、しっかり調査しご説明するために屋根に上らせて頂いた時の様子をお伝えいたします。   築14年だからこうだ、など答えは常に同じとは限りません。様々な要因によって傷み具合も、その原因も建物によって異なります。同じ屋根の...続きを読む

      2018-09-18 07:57:08 川崎市高津区で塗装による外壁リフォーム、色はブラウン系(ND-342)の半艶です

      IMG_8524

      本日は川崎市高津区T様宅で行われました、塗装による外壁リフォームの様子をお伝えいたします。T様宅は築20年、中古で購入したばかりの建物になります。引っ越しを行う前に建物の点検を行ったところ、外壁塗膜の劣化「チョーキング」が窺われたため、塗装にるメンテナンスを行う事になりました。 「高圧洗浄を行う際は塗装とセットで...続きを読む

      2018-09-16 11:45:47 横浜市保土ヶ谷区のモルタル下地の外壁調査、モルタルは築10年前後で亀裂が入ることが多い

      IMG_8524

      近年建てられる住宅の外壁は、モルタル下地を使用した外壁とサイディングボードを使用した外壁が多いのですが、モルタルを下地に使用した外壁は亀裂が入りやすいと言われております。確かに調査にお伺いすると、サッシの四隅から亀裂が出来ていたり、コーナーが割れていたりするのを見かけます。亀裂から雨水が浸入すると、モルタル自体も傷みやすくなりさ...続きを読む

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る