横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
VORT新横浜2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > ブログ > 外壁塗装はどんな工程で進むのか|川崎市川崎区のお客様からのご質問

    新型コロナウイルス対策に関して

    新型コロナウイルス対策に関して

    本日の現場ブログ

         

     日々の現場の様子をブログにてご紹介しております。
    ご質問などはお気軽にお問い合わせください!

    外壁塗装はどんな工程で進むのか|川崎市川崎区のお客様からのご質問

    更新日:2018年4月21日

    今日は川崎市川崎区にお住いの方からのご質問です。『外壁塗装の工程はどのように進むのか?』という内容です。確かに塗装工事は何日くらいかかるのか気になりますよね?洗濯物が外に干せなくなるし、雨が降ったらその分工事は長くなるのか?などなど、気になる所がいくつもあると思います。建物の大きさや工事の内容などによって工程は変わっていきますが、今回は一般的な住宅の屋根と外壁塗装をおこなった場合の工程についてご説明いたします。

    足場を架けたら次は高圧洗浄

    屋根と外壁の塗装工事をおこなう時には、必ず足場が必要になります。足場は一日で架け終わりますので、翌日は塗装工事の一番最初の工程である『高圧洗浄』をおこないます。表面の汚れや古い塗膜を綺麗に洗い流していきます。

    塗装の前の下準備

    高圧洗浄が終わり塗装作業にとりかかりますが、その前に下準備です。屋根のスレートには縁切りの為のタスペーサーを入れたり、サイディングの外壁は目地のコーキングの打ち換え工事もおこないます。この作業が終わったら、サッシなどの塗装しない所をビニールで覆う養生をおこないます。この作業が大体2~4日くらいかかります。

    屋根も外壁も下塗りがまず最初の塗装

    塗装作業は下塗りから始まります。塗装をする部分と仕上げの塗料がちゃんと密着する為にとても大切な作業です。屋根材や外壁材それぞれにあった下塗り材を使用して、丁寧に塗っていきます。屋根と外壁で1日ずつです。

    仕上げの一回目、中塗り

    下塗りが塗り終わったら、仕上げの塗装の1回目『中塗り』です。仕上げ色で塗り始めますので段々と仕上がりの感じが分かってきます。中塗りもそれぞれ1日です。

    上塗りをおこなって綺麗に仕上げます

    仕上げの塗装の2回目『上塗り』で屋根と外壁の塗装は完成です。色もしっかり出ますし、塗料がもっている性能を最大限に発揮してくれます。上塗りも1日ずつです。

    屋根と外壁以外にも塗装するところはあります

    建物の塗装工事は屋根と外壁以外にも塗装する場所はあります。例えば雨樋や屋根の外周部に取り付けてある破風板、軒裏や雨戸なども一緒に塗っていきます。バルコニーに防水がしてあれば傷み具合にもよりますが保護材のトップコートを塗っていきます。全体を付帯部(ふたいぶ)と呼ぶのですが、この辺が建物の造りによって大分変ってくる部分です。付帯部で大体3日~5日くらいかかります。これらの工程をまとめると、短い期間で13日間になります。実際には、屋根の下塗りをおこなって乾燥させている間に付帯部の塗装を進めるなど、工程が重複する部分があります。塗る箇所が多ければその分無駄の無い工程が組みやすくなっていきます。雨が降れば塗装工事が出来なくなりますので、大まかには2週間~3週間程度が工事期間だとお考えいたければと思います。川崎市川崎区のお客様から外壁塗装の工程についてご質問頂きましたが、皆さまの建物ごとに若干工程が変わって来ますので、お伺いした際に工程についてもご説明させていただきます。

    ご質問やご不明な点など御座いましたら、フリーダイヤル0120-948-355までお気軽にご相談・お問合せ下さい。

    街の外壁塗装やさん横浜店

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の外壁塗装やさん横浜支店

      お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着ブログ一覧

      2020-09-26 13:00:55 横浜市鶴見区上末吉でモルタル壁からクラック、クラック補修をして外壁塗装でメンテナンス

      IMG_8524

       建物の外壁にモルタルを使用したモルタル壁は、築年数が経過して傷んでくると、傷んできている目安になる現象が発生します。それがクラックです。クラックはひび割れや亀裂を総称しております。細い幅のものや太い幅のものなど種類はたくさんございますが、築年数の経過と比例するよう発生する件数も増えていきます。横浜市鶴見区上末吉にお住いにならて...続きを読む

      2020-09-25 11:41:11 座間市東原にてお住まいの点検調査、モルタルのクラックは幅0.3mm以上のものは危険度が高いです

      IMG_8524

       座間市東原にお住まいのO様よりお家の点検調査のご依頼をいただき、ご自宅へ伺いました。街の外壁塗装やさんでは無料点検を行っておりますので、塗装をご検討中の方はお気軽にご連絡ください。  現在街の外壁塗装やさんでは、スタッフの体調管理やこまめな消毒など新型コロナウイルス対策を徹底して点検調査に伺っております。詳しくは「新型コロナ...続きを読む

      2020-09-23 22:35:26 横浜市金沢区能見台でモルタル外壁の点検、ひび割れが増えてきたら外壁塗装でメンテナンスしましょう

      IMG_8524

       横浜市金沢区能見台にお住いになられているH様より「築年数が15年以上で以前よりも色が暗くなってきたので一度外壁を見てほしい」とご自宅の外壁にご不安を抱えていたそうです。建物の外部に使用されている建築資材は、紫外線や雨風の影響よって傷んだり劣化してくものです。築年数の経過に合わせて定期的に点検や調査をしてもらってください。横浜市...続きを読む

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る