横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > ブログ > 川崎市中原区でスレート屋根を塗装工事で耐久性を戻します

    本日の現場ブログ

         

     日々の現場の様子をブログにてご紹介しております。
    ご質問などはお気軽にお問い合わせください!

    川崎市中原区でスレート屋根を塗装工事で耐久性を戻します

    更新日:2017年7月19日

    川崎市中原区で屋根の調査をおこないました。関東地方は例年よりも早い梅雨明けでこれから暑くなりますが工事が順調に進みそうです。

    スレート葺きの屋根 調査開始

    屋根はスレート葺きで、今回が築13年で初めてのメンテナンスです。スレート屋根のメンテナンスは塗装工事と葺き替えなどの屋根工事に分けられるのですが、スレートの傷み具合や築年数による下地の傷みによってメンテナンス方法が変わってきます。

    反りはありません

    スレートの表面は塗膜が劣化していてコケなどが付着していますが、反りは殆ど見られませんでした。

    コケの付着 ヒビ割れ1

    スレートの表面が傷んでくると、雨が降っても雨水を弾かなくなってしまうためスレートが雨水を吸ってしまいます。そうすると日が当たりにくい北面などはコケやカビが生えやすくなったり、日が当たる南面はスレートの表面が先に乾燥してしまうので、外側に引っ張られる様に反りが出てきてしまいます。反りが酷くなると割れにつながってしまうんです。反りは殆どありませんが、パッと見では気付かなかったヒビ割れがアチコチにありました。

    ヒビ割れ2 屋根の軒先

    ヒビ割れはまだ大きくありませんので直ぐにスレートが落ちてしまう様な状態ではありませんが、スレートを固定する釘穴の回りからヒビ割れが出ているのだと今後も同じ様な症状が現れてくる可能性が非常に高いと思います。

    ドーマーの屋根 棟板金

    ドーマーには金属製の屋根が葺いてあり、この金属製の屋根も一緒に塗装が必要です。棟板金に浮きが出ている所が何箇所かありましたが、下地の貫板はしっかりと固定されているのでビスで補強すれば全く問題ありません。屋根全体を見てみましたが、表面の劣化とヒビ割れが気になるくらいで下地にも問題ありませんので、川崎市中原区のこちらの建物はヒビ割れ補修したあとに塗装工事で耐久性を戻す工事が最適です。梅雨が空けたので台風シーズンに入る前にはメンテナンスを終わらせたいですね。

    屋根塗装工事についてご質問やご不明な点など御座いましたら、フリーダイヤル0120-948-355までお気軽にご相談・お問い合わせください。

    街の外壁塗装やさん横浜店

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
    1. お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着ブログ一覧

      2018-08-07 09:55:18 相模原市緑区のお客様からのご相談「軒天の塗装やメンテナンスについて」

      IMG_8524

      ...続きを読む

      2018-07-28 10:05:19 秦野市|スレート瓦の劣化症状の確認と屋根塗装に絶対必要な工程をご紹介

      IMG_8524

      ...続きを読む

      2018-07-14 07:48:41 横浜市鶴見区|5,6年後を見据えたメンテナンス・屋根外壁塗装

      IMG_8524

      本日は横浜市鶴見区にお住いのS様より、屋根外壁塗装の為の調査依頼を頂きました。S様宅は築30年、5,6年後には建て替え、若しくは建て壊しを検討。現状、雨漏りなどはないが、5、6年間何も手を付けないのには不安があるとの事で、全体的に塗装を施したいとのご要望です。 外壁にはところ所で補修痕が見受けられます。今まではご...続きを読む

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る