横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > ブログ > 川崎市川崎区で棟板金の調査でスレートの傷みが発覚

    本日の現場ブログ

         

     日々の現場の様子をブログにてご紹介しております。
    ご質問などはお気軽にお問い合わせください!

    川崎市川崎区で棟板金の調査でスレートの傷みが発覚

    更新日:2017年3月24日

    川崎市川崎区で屋根の調査をおこないました。近所で工事をおこなっている業者が『棟板金が浮いているから直した方が良い』といってきたそうです。屋根の上はなかなか上る機会はないと思いますし普段気にしない所だと思いますので、気づいた時には大分傷みが進んでいた、何てことになる事が良くあります。

    屋根の調査は上らないと分からない事だらけですので、ハシゴを架けて屋根の調査を開始しましょう。

    屋根はスレートが葺いてあります。製品名ですが、コロニアルというと分かりやすいかもしれませんね。屋根面と屋根面が合わさる部分には、棟板金という金属の板が被さっていて隙間からの雨水の浸入を防ぐ造りになっています。確かに一ヵ所釘が浮いていたりして剥がれそうなところはありましたが、その一ヵ所だけで他は何ともありません。築17年ほど経っているという事でしたが、棟板金のまわりはそれ程酷い傷みでは無かったです。通常釘で固定されているのですが、ビスで補強すれば全然問題はない状況でした。

    屋根に上ってみて気になったのは、棟板金よりもスレート自体の劣化です。新築の時のスレートは、表面が塗膜で覆われています。しかし、紫外線や風雨に晒される事によって、表面がどんどん劣化していき、塗膜が浮いたり撥水性が無くなるので濡れて乾いてを繰り返す事で、スレート自体が上向きに反っていき、それが進むと割れに繋がっていきます。そして、こちらの建物の屋根勾配(角度)は7寸勾配と非常に急な屋根の角度でした。通常ですと全く屋根に上れる角度ではないのですが、幸いにも劣化した塗膜が殆ど無くなっていて、スレートの表面が全然滑らなかったので上っての調査が可能になっていました。元々は黒い屋根材だったと思いますが、劣化が激しく写真の白い部分の様にスレートの基板が見える様な状態になっていました。

     

    屋根の左側と右側では色が違うのがわかりますか?左は南東向きで右側が北東向きになっています。オレンジ色しているのはコケや飛んできて付着した花粉なのがべっとりとこびり付いていました。この様な汚れに差が出る原因は太陽の陽射しがちゃんと当たる部分と当たり難い部分の違いです。先ほども申し上げましたが、スレートの傷みが進んでいくと表面の撥水性が無くなって雨が降るたびに雨水を吸い込んでしまいます。そして、濡れたスレートの表面が陽射しによって乾いてく外側に反っていき、陽射しが当たり難い所はコケやカビ、花粉が付着してしまいます。このまま放置すると、スレートの傷みが進行しすぎて塗装が出来なくなってしまう事もあります。その様にならない為にも、10年に一回は建物の外周部のメンテナンスをしていきましょう。川崎市川崎区のこちらの建物の様に、棟板金が破損して調査をおこなっていなければ全然気づかなかったかもしれませんし、現在の屋根の状況もしっかりと把握できましたので、お客様にとって何が一番良いのかを考えて、適切なご提案をさせて頂きます。

    屋根塗装や棟板金の事について、ご質問やご不明な点など御座いましたら、フリーダイヤル0120-948-355までお気軽にご相談・お問合せください。

    街の外壁塗装やさん横浜店

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
    1. お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着ブログ一覧

      2018-09-20 21:09:01 横浜市港北区築14年の屋根調査、防水効果を失った化粧スレートの現状

      IMG_8524

      本日は横浜市港北区にて、築14年で初めての屋根塗装を行う前に経年劣化や傷みがどの程度あるのか、しっかり調査しご説明するために屋根に上らせて頂いた時の様子をお伝えいたします。   築14年だからこうだ、など答えは常に同じとは限りません。様々な要因によって傷み具合も、その原因も建物によって異なります。同じ屋根の...続きを読む

      2018-09-06 09:38:10 秦野市でファインパーフェクトベストを使った鮮やかなブルーの屋根へ塗り替え

      IMG_8524

      スレートや経年によって色褪せやひび割れが発生する 本日ご紹介いたしますのは秦野市で行った屋根塗装の様子です。対象となる屋根にはスレートが使われていますが、スレートは経年によって劣化し色褪せやひび割れが発生します。それを防ぎ長持ちさせるためにも屋根の塗装を定期的に行っていく必要があります。今回はファインパーフェクトベストという屋...続きを読む

      2018-09-02 16:17:23 横浜市鶴見区で屋根塗装、遮熱塗料サーモアイのクールライトグレーで仕上げました

      IMG_8524

      本日は築14年経ちました横浜市鶴見区の木造2階建て住宅の屋根塗装、仕上げの様子をご紹介致します。 遮熱塗料サーモアイを使って塗ると決めてから、塗料の性質上淡い色の方がより遮熱効果が得られるのと、もっと屋根を明るくしたいとのご希望もあったため、今回はクールライトグレーを使う事に決めておりました。一番反射率が高いものでクールホ...続きを読む

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る