横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
横浜外壁塗装工房にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ

HOME > ブログ > 川崎市麻生区でウエスタンレッドシダーのウッドデッキ塗装が完成しました

本日の現場ブログ

 日々の現場の様子をブログにてご紹介しております。
ご質問などはお気軽にお問い合わせください!

川崎市麻生区でウエスタンレッドシダーのウッドデッキ塗装が完成しました

更新日:2017年8月30日

横浜市麻生区でウッドデッキの塗装工事が完成しました。雨に降られることもなく順調に工事が進んだので良かったです。

2回塗りで仕上げる1回目 下塗り中

先日、ウッドデッキの表面を研磨して古い塗膜を綺麗にしました。もともと木材に染み込むタイプの浸透性塗料が使われていたのですが、古い塗装の上に同じ浸透性塗料を塗装してしまうと、劣化したりくすんだ色がそのまま仕上げに現れてしまうので、表面を研磨して削ってから新しい塗料を浸透させる必要があります。ワイヤーブラシで削ったあとペーパーを当てますので、ササクレだった表面も平で滑らかにした状態で塗装をするので見た目が殆ど新しい時と変わらない様になります。

2回塗り 浸透性塗料上塗り

今回使った浸透性塗料は、『キシラデコール』です。2回塗って丁寧に木材に塗料を染み込ませていきます。浸透性塗料の特徴は、木材に浸透することで通気性を保ち、木の呼吸を妨げないので木材が長持ちします。キシラデコールは他にも防腐効果や防虫効果などもありますので、外部で雨晒しになる様なウッドデッキには最適な塗料です。

床板が腐っている コケが生えたデッキ

上の画像は塗装工事を始める前の状態です。ウエスタンレッドシダーの表面が劣化して、コケやカビが生えていました。一部木が腐ってしまっている部分もありました。さすがにこの状態では長く持たないという事で塗装をおこないました。

ウッドデッキ全景

仕上がった様子です。塗装前と比べると全く違うのがわかると思います。表面を研磨して塗装をしているので古い塗料の色も出ませんし、床材の表面が滑らかになって新築時の状態と変わらない位になりました。

仕上がったウッドデッキ1 仕上がったウッドデッキ2

全体が明るくなって、回りの緑と良い具合に調和して気持ちが良いです!お客様にも仕上がり具合をとても喜んで頂きました。この新しい状態を維持するためにも浸透性の塗料は定期的なメンテナンスで塗装工事が必要です。刷毛で塗るだけですので、DIY感覚で御自分で塗装されるのも楽しいかもしれませんね。川崎市麻生区でウエスタンレッドシダー製のウッドデッキ塗装は、非常に良い仕上がりになりました。

ご質問やご不明な点など御座いましたら、フリーダイヤル0120-948-355までお気軽にご相談・お問い合わせください。

このページと共通する工事内容の新着ブログ一覧

2017-09-08 22:37:53 横浜市瀬谷区住宅基礎をIPヨウヘキコートで塗装します

IMG_8524

横浜市瀬谷区で住宅基礎を塗装しました。 擁壁や基礎は外壁と比べて、地中からの湿気や水分がそのまま影響します。なので専用の塗料で塗る必要があります。外壁の塗料で塗ってしまうと剥がれるのが早くなる可能性が非常に高くなります。擁壁や基礎に塗る塗料として定評があるのがインターナショナルペイントさんのIPヨウヘキコートです...続きを読む

2017-09-02 21:24:47 横浜市中区シャッターBOXが錆びると交換費用が高いので塗装で防止

IMG_8524

横浜市中区で外壁調査をしていたところ、錆び始めたばかりのシャッターBOXがありました。 シャッターやシャッターBOXは錆びないに限ります。錆びて動かなくなると交換が必要になり、シャッター自体も高額ですが作業費も高額です。またシャッター周囲の外壁や内壁の補修も必要となりさらに高額になります、なので錆びさせないに限り...続きを読む

2017-09-02 20:30:00 横浜市西区の外壁調査で外壁の亀裂と木部の塗膜剥がれ

IMG_8524

横浜市西区のお宅で外壁調査を行いました。築30年以上経過したお宅です。以前に何度か塗装でメンテナンスを行っているようです。 中古でご購入されてから1年半ほどが経過したそうで、1度外壁全体の確認をしてほしいとのご要望でした。 外壁を見て回ると、モルタル壁で表面は玉吹きのヘッドカット仕上げとなっておりま...続きを読む

このページと共通する工事内容の新着施工事例

ページの先頭へ戻る