横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > ブログ > 横浜市栄区で築20年スレート屋根の過去に屋根塗装したかどうかを調査

    本日の現場ブログ

         

     日々の現場の様子をブログにてご紹介しております。
    ご質問などはお気軽にお問い合わせください!

    横浜市栄区で築20年スレート屋根の過去に屋根塗装したかどうかを調査

    更新日:2018年9月21日

    本日は築20年は最低でも経っているという木造2階建ての横浜市栄区のお宅に、屋根の状態がどんなものか調査した上で、どのようなリフォームが最適かの提案をしてほしいとのご依頼を頂きましたので、お伺いした時の様子をお伝えいたします。

    最低でも20年が経過ということは、屋根材以外にもその下にある防水紙の傷みも気にしなければならない時期です。さっそく上ってみます。

    【一度も塗装をしていないとなると?】

    こちらのお宅はいつも使います3連梯子を架けるスペースが見つからなかったため、バルコニーから下野(げや)に降り、そこに写真左上に見えますように脚立を置いてそちらから屋根に上ろうと段取りをしていましたら、2階屋根に上がる前に下野におかしいところが見つかった為先に下野から調査しました。

    赤丸に囲んでいる所は片方はクラックが酷くスレートが欠けているところ、もう片方は何故かスレートの重なり部である小口(こぐち)にシートを入れ込んでありました。

    ここは本来であれば屋根材の裏に回り込んでしまった雨水の逃げ道や屋根裏の湿気などを逃がすために隙間が無いといけないところですが、塞いでしまっているためこちらの内部は雨水が留まってしまっている可能性が強いです。

    【屋根材の中に苔や藻、カビが・・・】

    多くのクラックがあり、よくよく見てみますと誰かしらが補修した後がありました。コーキングを使って補修している箇所が多く見受けられましたが、ここは本来は雨水の通り道でもあるので塞ぐとこのように屋根材の隙間の奥に藻やカビが生えてしまっています。これほどになると、建物にとっては水は大敵。汚れに弱い屋根になってしまっています。築年数を考えますとこの下にあります防水紙の劣化も頭に入れないといけません。防水紙も耐用年数がありますので、こちらも劣化が進むと雨漏りに繋がります。

    クラックが多いとは先ほど書きましたが、ついでといってはなんですが隙間があれば埋めてしまえ、かのごとく本来しなくてもいい所にコーキングがうってあり、水の流れを止めてしまっており、付近の屋根材は撥水効果もなくなり、歩くとズルズル滑る屋根になってしまっています。こちらは北面で下野ということもあり、日当たりも常に悪い、水捌けが悪い、結果コケや藻が生えやすい環境という建物にとって悪者であるこれらにとっての良い環境が出来てしまっています。築年数を考えるとおそらくもう葺き替えしか選択肢はないでしょう。

     

    化粧スレートは基本は10年に一度、塗装しましょう。美観を損ねるだけではなく屋根材の寿命も縮めてしまい、本来の耐用年数ほどもたない事になってしまいます。

    しかしなかなかご自分で屋根に上がる事は困難です。危険ですので専門家に任せてください。

    塗装のために屋根外壁の調査をしてくれる会社をお探しならば、現地調査から丁寧に対応しご不安事を解消する街の外壁塗装やさんにお任せください。

    街の外壁塗装やさん横浜店

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
    1. お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      その他の施工事例一覧→

      と近隣地区の施工事例のご紹介

      その他の施工事例一覧→

      お住まいの塗装 ここがポイント

      外壁塗装料金プラン
      施工事例
      7つの約束
      5つのルール
      後悔しない色選び
      会社概要

      お問い合わせページへのリンク

      ページの先頭へ戻る