横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
VORT新横浜2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

お問い合わせ

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > ブログ > 横浜市港北区で「一部が欠けている」と指摘された築16年三階建てのスレート屋根を調.....

    新型コロナウィルス
    対策について
    オンラインでの無料相談・ご提案について

    本日の現場ブログ

         

     日々の現場の様子をブログにてご紹介しております。
    ご質問などはお気軽にお問い合わせください!

    横浜市港北区で「一部が欠けている」と指摘された築16年三階建てのスレート屋根を調査

    更新日:2018年9月1日

    横浜市港北区のお宅で、近隣で新築工事をしている業者さんから屋根の一部が欠けてるよと言われたのと、築年数を考えて一度しっかり調査してもらいたいとの事がきっかけで弊社にお問合せを頂きましたので、その時の様子をお伝え致します。

    現在は横浜ではなく埼玉にお住まいでここは賃貸に出しているとの事で、現在住まわれている方との日程調整を終え無事調査する事が出来ました。

    三階建ての屋根の上をよく下から判断できたなと思っていましたが、新築工事している所が道路向かいの目の前で、そちらも三階建てでした。納得です。

    ではさっそく上がってみます。

    【雨漏りに繋がる前に築年数が経ったら点検は必要です】

    こちらがその業者さんが指摘してきたと思われるところです。ちょうど向かいの新築現場からだとよく見えるでしょう。新築現場ということは足場もあるのである程度いい意味で気を抜いて作業できる(安全)ので、何かの合間に回りを見て分かったのだと思います。

    こちらは上がり慣れてるとはいえ、三階建てで急な角度のついた屋根、写真を見て頂けると分かりますが、表面はコケが生えあまり踏ん張りがききませんので、調査は特に慎重に行います。

    こちらはひび割れやクラックなどを通り過ぎ、1枚の化粧スレートが半分に割れてしまっています。固定するために下地に釘で打ち付けているところが丸見えです。相当屋根材の劣化が進んでいるのが分かります。では回りも見ていきます。

    このように触るとぐらぐらです。なぜこれだけ割れてずれているのに落ちていなかったというと、谷(たに)の板金部分にちょうど乗っかっており、いい塩梅で落ちていなかったようです。

    苔ができるのはよく日当たりの悪く水捌けが悪い北面に多くできるのが一般的、私たちの現場調査の経験からもそうなのですが、こちらのお宅はどの面も苔がはえており、踏み場を間違えると滑り落ちそうな位表面の劣化が進んでいました。水捌けが悪いということは、水が蒸発してなくなるまで屋根や苔に存在し続けます。水は住まい自体、建材にも悪影響をもたらします。

    ここまで苔が生えてしまってますと、塗装のサインです。塗装で保護をしませんと、もともとの屋根材の寿命も縮んでしまいます。

    塗装で保護ができなくなると、屋根のカバー工事や葺き替え工事などの高額になってしまう工事を早期にやらざるを得なくなりますので注意が必要です。

    基本化粧スレート(コロニアル・カラーベスト)は10年に一度は塗装をしませんと劣化する一方です。たまにうちの屋根は30年なにもしてないよというお宅もあるにはありますが、そのような事はごく稀です。

    こちらは北面と、南と西面を撮影したところです。日当たりのいい場所も関係なく屋根一面に苔やカビが見受けられます。こちらは6寸と呼ばれる急勾配にはいる屋根の角度で本来は水捌けがいいはずなのですが、それでも水が留まってしまい苔の繁殖などに繋がってしまっています。太陽の熱や紫外線、雨水の影響を受け続け年数をかけて劣化してしまったようです。

    クラックや板金の釘が浮いている箇所も多数見られました。今回は塗装で補えるかどうかの境目かもしれませんね。板金も補強しないと台風や強風時などに飛散してしまう恐れもありますのでこちらも全て点検致しました。

    屋根は外壁と違いきちんと上がってみないとどんな状態かわかりません。新築時から10年を超えたらスレート屋根は一度点検してみましょう。

    塗装で保護ができるのはあくまで定期的に手をかけてきた屋根のみです。劣化が進んでしまった屋根は手遅れで塗装でどうにかなる範疇を超える場合が多々御座います。

    しっかりとした現地調査を希望されるならば街の外壁塗装やさんにお任せください。

    (フリーダイヤル0120-948-355)

     

     

     

     

     

     

    街の外壁塗装やさん横浜店

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の外壁塗装やさん横浜支店

      お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着ブログ一覧

      IMG_8524

      IMG_8524

      2021-07-24
      横浜市泉区岡津町にて塗装を検討している屋根と外壁にはひび割れが生じていました

       横浜市泉区岡津町で屋根・外壁塗装をご検討されたお客様邸の調査を行いました。私たち街の外壁塗装やさんでは、お住まいの調査から工事のお見積り・ご提案まで無料で承っております。メンテナンスをお考えの際にはお気軽にご相談ください。 現地調査を開始!  お...続きを読む

      IMG_8524

      IMG_8524

      2021-07-22
      横浜市旭区中沢で塗装が原因で下地に傷みが出ているスレート屋根

         横浜市旭区中沢で屋根の調査をおこないました。  屋根の取り付けてある棟板金の不具合を指摘されたという事でお問合せをいただきました。実際に屋根に上ると棟板金が浮いていました。下地の貫板が腐食していて釘が効いていない状態になっているので...続きを読む

      IMG_8524

      IMG_8524

      2021-07-21
      横浜市旭区白根で塗膜が剥がれたスレート屋根を塗装工事で保護します

       横浜市旭区白根で屋根塗装工事をおこないます。  スレート葺き屋根は定期的に塗装工事が必要な屋根材で、塗装工事をおこなわないと撥水性が落ちてしまい、反りや割れに繋がってしまいます。スレート自体に問題が有る場合は効果はありませんが、通常のスレートであれば塗...続きを読む

      このページと共通する工事内容の新着施工事例