横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > ブログ > 横浜市港北区綱島西にて窯業系サイディングが使われた外壁は継ぎ目に打たれているコー.....

    本日の現場ブログ

         

     日々の現場の様子をブログにてご紹介しております。
    ご質問などはお気軽にお問い合わせください!

    横浜市港北区綱島西にて窯業系サイディングが使われた外壁は継ぎ目に打たれているコーキングが傷みすぎておりました

    更新日:2019年8月11日

    以前塗装してから10年以上何もしていないという横浜市港北区綱島西にお住まいのT様より外壁点検調査の依頼を頂きました。

    どのような塗料を使ったかわからないとの事で、今の建物の傷み具合に最適な提案をしてほしいとの事です。

     

    幕板や破風板の劣化が顕著な外観

    幕板や破風板などが劣化しているのがすぐに分かります

     

    こちらの建物は幕板から二階と一階でモルタル外壁窯業系サイディングが分かれています。ただ、その幕板も出隅部分や妻側の破風板などが塗装が剥がれてしまっているのがすぐに分かりました。外壁や屋根と同じく塗膜での保護がないと傷む速度が速まり、最悪は塗装でのメンテナンスが不可能になります。

    (お住まいの各部名称などの説明はこちらをご覧ください。)

     

    一見すると傷みが見つからない様に見えますが継ぎ目に打たれているコーキングが劣化しています

    すぐには傷み具合は分からない物です 窯業系サイディングボードの継ぎ目に使われているコーキングの傷み

     

    外周をぐるっと見て回って気づいたのが、一階部分の外壁に使われている窯業系サイディングの継ぎ目に必ず打たれているコーキングの劣化です。

    コーキングはボードの縦の継ぎ目やサッシ回りなどに防水性能や建物への揺れを吸収緩和してくれるなどの重要な役目を担っている箇所になります。

    ここが劣化してしまうと(写真右)、この隙間から雨水が内部へ侵食しはじめてしまい、気づいたころには外壁から雨漏りする事があります。塗装でのメンテナンスをしていない影響で起こる雨漏りは実は多いのです。

     

    目地を上から下へ見ると最終的にはサッシ回りへとつながっており、ここの取合いも劣化すると内部へ雨水が侵食してしまい雨漏りに繋がる事があります コーキングの劣化と塗膜がぷつぷつと膨れて内部に湿気が溜まって様子

     

    コーキングは塗料よりも劣化が早く傷みやすい傾向があります。だからこそ外壁塗装時には街の外壁塗装やさんでは高耐候性を持ち長期にコーキングの事での心配がないオートンイクシードをお勧めする事が多いのです。せっかく良い塗料を選んだとしても、先にコーキングが劣化してしまい早期に塗装工事をしなくてはならなくなったら意味がありません。

    窯業系サイディングでは必ずコーキングが使われます。コーキングも外壁や屋根に使われる塗料と同じで様々お選び頂けますので、塗装するならコーキングにもこだわりたいとのご要望があるならばオートンイクシードを使用した塗装工事も数多く実績がある街の外壁塗装やさんへご相談ください。

     

     

    街の外壁塗装やさん横浜店

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
        店舗詳細はこちら
    1. お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着ブログ一覧

      2019-09-18 16:31:06 大井町金子にて外壁塗装の調査、築30年が経過し破風や戸袋など木部の塗膜が剥離してきています

      IMG_8524

      ...続きを読む

      2019-09-17 16:30:02 中井町北田にて外壁メンテナンス調査、台風の影響で外壁にひび割れが発生!雨樋も破損していました

      IMG_8524

      ...続きを読む

      2019-09-17 09:30:38 横浜市磯子区中原にてサッシ廻りからの雨漏り、原因は外壁の亀裂か

      IMG_8524

      本日は横浜市磯子区中原F様宅にて行いました、雨漏り調査の様子をお伝えいたします。F様宅は築50年程の賃貸アパートです。数年前より角部屋(壁際)の一室のサッシ廻りから雨漏りが確認される様になったとのことです。 できる範囲で簡易的な補修を行っているそうですが、雨漏りの解消にはつながらず、こちらのお部屋は空き家のままと...続きを読む

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る