横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > ブログ > 横浜市港南区で屋根塗装が出来るかどうかの判断基準は?

    本日の現場ブログ

         

     日々の現場の様子をブログにてご紹介しております。
    ご質問などはお気軽にお問い合わせください!

    横浜市港南区で屋根塗装が出来るかどうかの判断基準は?

    更新日:2017年4月10日

    横浜市港南区で屋根の調査をおこないました。塗装工事を検討されているという事ですが、しっかりと屋根の状態を確認した上で最適なご提案をさせて頂きます。

    屋根はスレート葺きです。築25年程の建物という事ですが、スレートの傷みはどの程度なのか見ていきましょう。

    25年間メンテナンスをしていなかったという事で、表面の劣化が著しいですね。古い塗膜は浮き上がって剥がれてしまい、白っぽく見えるスレートの基盤が見えていました。コケや花粉が付着していて表面はズルズルと滑るような状態です。

    触ると簡単に塗膜が剥がれていくのがわかります。陽が当たりにくい北面はコケがびっしり生えていました。しかし、反りや割れも殆ど無いので高圧洗浄と下塗りをしっかりとおこなえば塗装工事は可能です!と言いたいところなのですが、気になるのは『築25年』という部分です。屋根の役割というのは、風雨から建物を守ることにあります。それを担っているのは屋根材なのですが、その下に敷いてある防水紙の約割も重要なんです。建物を雨から守ってくれるのは、屋根材と防水紙という訳です。雨が降ると屋根の上を雨水が流れ落ちていきますが、必ず屋根材の裏側にも雨水はまわっていて、それを防ぐのが防水紙です。スレートなどの屋根材は日本瓦などと違い簡単にはがしたり戻したりする事が出来ませんので、屋根材の下がどうなっているのかを目で見て確認する事が出来ません。そこで重要なのが築年数です。屋根材にも寿命がある様に防水紙にも寿命があり、大体20年~25年です。今回の横浜市港南区の建物の様に築25年経過していると、防水紙の寿命が来ていて目に見えないだけでスレートの下で劣化したり切れたりしている可能性が考えられます。そうすると、今回のメンテナンスをスレートの表面だけを見て判断して塗装工事をおこなったとしても、防水紙の劣化によって雨漏りしてしまう可能性が非常に高くなります。屋根の塗装工事では絶対に雨漏りを止めることは出来ません!ですから、今回のメンテナンスのご提案は、塗装工事ではなく屋根の葺き替え工事です。防水紙も新しくなって雨漏りする心配も無くなりますので安心です。この様に建物の劣化状況を判断して最適なご提案をさせて頂いております。重ねていいますが、塗装ができるかどうかの判断基準は、『スレートの劣化と築年数』という事を覚えて頂ければと思います。

    屋根塗装についてご質問や御不明な点など御座いましたら、フリーダイヤル0120-948-355までお気軽にご相談・お問い合わせください。

    街の外壁塗装やさん横浜店

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
    1. お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着ブログ一覧

      2018-09-20 21:09:01 横浜市港北区築14年の屋根調査、防水効果を失った化粧スレートの現状

      IMG_8524

      本日は横浜市港北区にて、築14年で初めての屋根塗装を行う前に経年劣化や傷みがどの程度あるのか、しっかり調査しご説明するために屋根に上らせて頂いた時の様子をお伝えいたします。   築14年だからこうだ、など答えは常に同じとは限りません。様々な要因によって傷み具合も、その原因も建物によって異なります。同じ屋根の...続きを読む

      2018-09-06 09:38:10 秦野市でファインパーフェクトベストを使った鮮やかなブルーの屋根へ塗り替え

      IMG_8524

      スレートや経年によって色褪せやひび割れが発生する 本日ご紹介いたしますのは秦野市で行った屋根塗装の様子です。対象となる屋根にはスレートが使われていますが、スレートは経年によって劣化し色褪せやひび割れが発生します。それを防ぎ長持ちさせるためにも屋根の塗装を定期的に行っていく必要があります。今回はファインパーフェクトベストという屋...続きを読む

      2018-09-02 16:17:23 横浜市鶴見区で屋根塗装、遮熱塗料サーモアイのクールライトグレーで仕上げました

      IMG_8524

      本日は築14年経ちました横浜市鶴見区の木造2階建て住宅の屋根塗装、仕上げの様子をご紹介致します。 遮熱塗料サーモアイを使って塗ると決めてから、塗料の性質上淡い色の方がより遮熱効果が得られるのと、もっと屋根を明るくしたいとのご希望もあったため、今回はクールライトグレーを使う事に決めておりました。一番反射率が高いものでクールホ...続きを読む

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る