横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
横浜外壁塗装工房にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ

HOME > ブログ > 横浜市緑区で塗装したスレート屋根が傷んでいます

本日の現場ブログ

     

 日々の現場の様子をブログにてご紹介しております。
ご質問などはお気軽にお問い合わせください!

横浜市緑区で塗装したスレート屋根が傷んでいます

更新日:2017年8月5日

横浜市緑区で屋根の調査をおこないました。お問合せのきっかけは、最近非常に多い『近くで工事中の業者が屋根の板金の釘が浮いているから直ぐに直した方が良い』と言われたという内容です。その業者は特に屋根に上る事も無く、下からみて浮いているのを指摘して帰っていくそうです。すぐに直さないと、なんて言われたら心配になりますよね?心配になってお問合せ頂くことが非常に多くなっています。指摘した部分がどうなっているのか早速見てみましょう。

棟板金 調査開始

スレート屋根の面と面が接する部分には、棟板金という金属を被せて雨水の浸入を防ぐ納め方をします。近くの業者が指摘してきたのは、この棟板金を固定している釘が浮いているという事でした。

棟板金の釘の浮き 釘が5ミリ浮いている

確かに一ヵ所浮いている部分がありましたが、抜けているのは5mm程度です。この浮いた状態が下から確認出来たかどうかはさておき、この様になる原因は下地の木が経年劣化によって痩せてきたり雨水によって腐ったりした場合に起こりやすくなります。打込めばしっかり釘は効きましたので下地の傷みは無さそうなので問題はありません。釘ではなくてビスで補強する程度で良いでしょう。

スレート表面の状態

気になったのはスレートの表面の状態です。築20年で10年ほど前に塗装工事をおこなったそうですが、表面の塗膜が劣化していて足元が取られそうになる位にズルズルになっています。

反っていないスレート 雨を吸い込んでしまいます

塗膜が剥がれてスレートの先端部分が劣化している所が何箇所かありました。前回の塗装の時にどの様な塗料を使用したか分かりませんが、10年にしては傷みが早い気がしますので棟板金よりも先にスレートのメンテナンスが優先ですね。表面の傷みに比べてスレート自体は反りも無くそれ程傷んでいませんので、塗装工事をおこなってスレートが雨水を吸わない様に塗装工事で撥水性を戻してあげましょう。横浜市緑区で調査した建物は、お問い合わせの棟板金に問題は有りませんでしたが、スレート屋根が傷んでいるので塗装をご提案しました。

屋根塗装工事についてご質問や御不明な点など御座いましたら、フリーダイヤル0120-948-355までお気軽にご相談・お問合せください。

横浜外壁塗装工房

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
    1. お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着ブログ一覧

      2018-05-24 22:19:23 ご自宅の屋根が塗装できるかどうか調べます|横浜市港北区

      IMG_8524

      横浜市港北区で屋根の調査をおこないました。新築から10年を経過してくると、段々と汚れが目立ってきたり、色が薄くなったりしてきて、そろそろ建物のメンテナンスをしないと、とお考えになると思います。まず最初に浮かぶメンテナンスは塗装工事です。塗装をする事で建物の見た目を綺麗にする事が目的の様に感じますが、実はそれ以上に建物の撥水性を高...続きを読む

      2018-05-20 19:19:52 コーキングの補修でお悩みの方へ|横浜市青葉区

      IMG_8524

      本日は築20年、今までに施したメンテナンスは10年前の外壁塗装のみという、横浜市青葉区のお宅にお伺いさせていただきました。 ご相談としてまずお話されたのは、コーキングの痛みが気になるとの事でさっそく立ち合いのもと現場調査にはいります。 また、何か指摘してもらえるところがあれば教えて欲しいとの事でしたので、コーキング以...続きを読む

      2018-05-15 07:51:03 川崎市高津区|ファインパーフェクトベスト・赤さび色で屋根塗装

      IMG_8524

      本日は川崎市高津区のY様宅より、屋根塗装の様子をお伝えいたします。Y様宅では過去に一度、屋根の塗装は行ったそうですが、十数年前との事もあり、屋根の劣化は大分進んでおりました。 下地の状況も気になるところではございますので、葺き替えやカバー工法を行うご提案をさせて頂きましたが、先々での建て替えなども視野に入れており...続きを読む

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る