横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
VORT新横浜2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > ブログ > 横浜市青葉区で使うコーキングは高耐久ではなく超高耐久のオートンイクシード

    新型コロナウイルス対策に関して

    新型コロナウイルス対策に関して

    本日の現場ブログ

         

     日々の現場の様子をブログにてご紹介しております。
    ご質問などはお気軽にお問い合わせください!

    横浜市青葉区で使うコーキングは高耐久ではなく超高耐久のオートンイクシード

    更新日:2018年8月11日

    本日は横浜市青葉区の屋根外壁現場より、サイディングボードの目地(ボードとボードの継ぎ目)やサッシ回りに使う超高耐久のオートンイクシードというコーキング材(シーリング材)のご紹介です。

    今回のお宅では特に塗装もそうですが、繋ぎ目に使われるコーキングの劣化を心配されておりました。それならばと少し通常のものよりもお値段は張りますが、お値段以上の価値があるオートンイクシードをご提案した事が決め手となり、塗装のご依頼を賜りました。

    超がつくからにはどれくらい違うの?となりますが、一般的に使われるコーキングは約5年~7年ほどで劣化が始まりますが、こちらのオートンイクシードはメーカー自体が15年プラスアルファの耐久性、対候性がありますと謳っている商品です。詳細はこちらをご覧ください。

    「打ち替え」、ボードの継ぎ目の場合、まずは養生をしっかりし既存のコーキングを専用の工具を使って剥がします。基本サイディング外壁においてのコーキングはボードの繋ぎ目の2面接着が基本です。振動や気候の寒暖による伸縮膨張などから外壁を守るためによく動いて力を逃がし吸収してくれなくてはならないためです。

    全ての面で接着してしまうと思うように動いてくれなくなり、期待通りの性能を発揮してくれません。

    プライマー、下塗りを行い密着度を高めます。プライマーはもともと英語のprimaryからきています。「最初に塗る塗料」として幅広く使われています。

    上記右写真はサッシ回りなどの既存のコーキングを剥がせないところに上から塗りこむ「増し打ち」を行っているところです。

    「打ち替え」、主に目地部分になりますが、こちらもしっかり行い最後は均一になる様整えていきます。

     

     

    特に近年では屋根や外壁塗装に使う塗料の進化も著しく、しっかりとした施工をした上での話になりますが10年もつものも多くなっており、そうすると一般的に使われているコーキングの劣化の方が塗装の劣化よりも早くなってしまいます。もし高耐久性の塗料を使う場合は合わせてオートンイクシードを使うと、交換時期を揃えられ、通常のものならば7~8年でやり替えるコーキング代+足場代の出費も浮かすことができ長い目で見ればいい事づくしです。

    サイディング外壁においてのコーキングの役割は、壁面の伸縮や揺れなどを吸収してくれる「耐久性」、紫外線など外的要因からの保護の「対候性」の両方を求められますので、両方共に超性能を備えてくれているオートンイクシードはサイディング外壁に最適といえますね!

     

    コーキングはそんなに種類がなくどれも同じと見られがちですがこの様な製品も御座います。弊社ではお客様目線でのご提案を大切にしているため、ご提案の中にこういう選択肢もありますとご説明できます。

    街の外壁塗装やさんでは、様々な塗料などからお客様宅にとっての最適なご提案致します。

    色々迷われいてるならば一度ご連絡くださいませ。親身になってお話をお伺い致します。

    (フリーダイヤル0120-948-355)

     

     

    街の外壁塗装やさん横浜店

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の外壁塗装やさん横浜支店

      お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着ブログ一覧

      2020-09-26 13:00:55 横浜市鶴見区上末吉でモルタル壁からクラック、クラック補修をして外壁塗装でメンテナンス

      IMG_8524

       建物の外壁にモルタルを使用したモルタル壁は、築年数が経過して傷んでくると、傷んできている目安になる現象が発生します。それがクラックです。クラックはひび割れや亀裂を総称しております。細い幅のものや太い幅のものなど種類はたくさんございますが、築年数の経過と比例するよう発生する件数も増えていきます。横浜市鶴見区上末吉にお住いにならて...続きを読む

      2020-09-25 11:41:11 座間市東原にてお住まいの点検調査、モルタルのクラックは幅0.3mm以上のものは危険度が高いです

      IMG_8524

       座間市東原にお住まいのO様よりお家の点検調査のご依頼をいただき、ご自宅へ伺いました。街の外壁塗装やさんでは無料点検を行っておりますので、塗装をご検討中の方はお気軽にご連絡ください。  現在街の外壁塗装やさんでは、スタッフの体調管理やこまめな消毒など新型コロナウイルス対策を徹底して点検調査に伺っております。詳しくは「新型コロナ...続きを読む

      2020-09-23 22:35:26 横浜市金沢区能見台でモルタル外壁の点検、ひび割れが増えてきたら外壁塗装でメンテナンスしましょう

      IMG_8524

       横浜市金沢区能見台にお住いになられているH様より「築年数が15年以上で以前よりも色が暗くなってきたので一度外壁を見てほしい」とご自宅の外壁にご不安を抱えていたそうです。建物の外部に使用されている建築資材は、紫外線や雨風の影響よって傷んだり劣化してくものです。築年数の経過に合わせて定期的に点検や調査をしてもらってください。横浜市...続きを読む

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る