横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
横浜外壁塗装工房にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ

HOME > ブログ > 神奈川県横須賀市で補修跡が目立つALCの外壁塗装

本日の現場ブログ

 日々の現場の様子をブログにてご紹介しております。
ご質問などはお気軽にお問い合わせください!

神奈川県横須賀市で補修跡が目立つALCの外壁塗装

更新日:2017年9月3日

神奈川県横須賀市で外壁の調査をおこないました。最近雨が続いていたのですが、今日は朝から一日天気が良くて久し振りに夏を感じました。

ツバメの巣 調査開始

調査に伺ったのは、外壁の塗装をしたそうですが補修跡が目立つので直したい、というご要望でした。こちらの建物は高台に建っていて陽当りも風通しも良い立地なのですが、目に付いたのは建物の北面に造られたツバメの巣です。時期的に巣立ってしまっていますが、換気フードの上に巣がありました。換気フードの上は丸くなっているので巣が作りにくかっただろうな、などと考えてしまいました。

建物外観

建物の外壁はALCパネルが貼ってありました。ALCパネルとは『高温高圧蒸気養生された軽量気泡コンクリート』の事をいい、多孔質で軽量のため水にも浮く特徴があります。軽くて扱いやすい反面、物をブツけたりすると傷や凹みが付き易いので扱うときには注意が必要なんです。

ALCパネルの外壁 ヒカリの当たり方で見える

外壁の仕上げはALCパネルに塗装してあるのですが、塗装前におこなった傷の補修が目立ってしまうのがとても気になるそうです。矢印の部分が補修跡で、横に線が入っているのがわかりますでしょうか?正面から見ると殆ど分からないのですが、斜め横から見るとヒカリの当たり具合によって補修跡がクッキリ見えてしまいます。

横に入ったスジ 補修跡拡大

上の画像も正面から見た時は分からなかったのですが、筋が入っていました。右の画像が拡大したところなのですが、ヒビ割れやキズの跡をパテ埋めで処理していてその部分が触っても分からないくらいな微妙な段差を作っていました。塗装の方法が、ALCパネルに凹凸が付く様なパターンを付けずに色を付ける塗装をしている為に、余計に補修跡が目立ってしまう事になっていました。この様になってしまった時には、パターン(柄)を付けてあげるのが一番良い方法です。パターンが付けば補修跡も凹凸も目立たなくなります。神奈川県横須賀市の補修跡が目立つALCの外壁は、パターンを付ける塗装工事のご提案です。

ご質問やご不明な点など御座いましたら、フリーダイヤル0120-948-355までお気軽にご相談お問い合わせください。

このページと共通する工事内容の新着ブログ一覧

2017-09-22 23:25:10 横浜市南区|付け出隅がある場合は隙間にシーリングをして外壁塗装

IMG_8524

近年で使用されている外壁の材質は絞られてきております。そこにもともとの柄や仕上りなどを含めるとたくさんの種類になります。外壁塗装と言うくらいなので、メインは外壁塗装なんですけれども、どのお宅でも「外壁塗装の際に外壁塗装以外でやっておかなくてはならないところ」があり、お宅によってそれはそれぞれ違います。   ...続きを読む

2017-09-22 00:44:01 横浜市神奈川区で傷んだスレート屋根に最適な下塗り材を使います

IMG_8524

横浜市神奈川区で塗装工事中の建物です。木造二階建て住宅の屋根と外壁の塗装工事をおこなっています。 高台に位置しているので見晴らしが良く、窓からみなとみらいが一望出来るなんとも羨ましい立地です!しかし、見晴らしが良い反面非常に風当たりが強いので、建物が傷みやすいというデメリットもあります。建物は紫外線や風雨によって年...続きを読む

2017-09-12 00:45:27 横浜市神奈川区で外壁を上下で塗り分けの塗装工事中

IMG_8524

横浜市神奈川区で塗装工事中のたてものです。工事が始まった最初の頃は雨続きで苦労しましたが、そのあとは天気も良くて順調に工事が進んでいます。 こちらの建物は、1階と2階でデザインの違うサイディングを使用していました。色合いや柄(パターン)が違うサイディングを、幕板という帯をグルッと建物の外周に回すことで綺麗にツート...続きを読む

このページと共通する工事内容の新着施工事例

ページの先頭へ戻る