横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
横浜外壁塗装工房にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ

HOME > ブログ > 大和市築14年サイディング3階建ての住宅を塗り替え調査

本日の現場ブログ

 日々の現場の様子をブログにてご紹介しております。
ご質問などはお気軽にお問い合わせください!

大和市築14年サイディング3階建ての住宅を塗り替え調査

更新日:2016年4月7日

大和市にあるお宅より塗り替え調査のご依頼がありましたのでお伺いいたしました。

外観

築14年でサイディング3階建ての住宅です。サイディング住宅は外壁の目地にシールを使用しております。サイディングの劣化よりも先にシールが劣化するケースが多いので確認しなければならないポイントのひとつです。

シール劣化① シール劣化①拡大

シール劣化② シール劣化②拡大

シールの表面に劣化見られます。表面がボソボソしており弾力が失われております。ゆくゆくは大きな亀裂が生じて割れてきます。

シール劣化③ シール劣化③拡大

こちらは真ん中に亀裂が入りだしており、さらに劣化が進行した状態です。このような状態をご自宅で見かけた場合は調査を受けて下さい。

シール劣化④ シール劣化④拡大

こちらはシール自体が無くなってしまってます。こうなると雨水はダイレクトに浸入します。外壁に取り付けてある幕板とサッシの取合いですので、室内への雨漏りが予想されます。早めの打ち替えが必要です。

幕板コーナー 幕板コーナー拡大

幕板が取り付けたるお宅にはよくある現象でコーナー部分が離れてしまい隙間が出来ております。幕板の表面は加工されておりますが、裏側は加工されていないのが殆どです。加工されていない部分へ雨水が浸入すると劣化が急速に早まりますので、塗り替えの際はシールで埋めて雨水が浸入しないようにしてから塗りましょう。全体的にシールの劣化目立ちます。シールをこのままにしておくと、やがてサイディングの劣化に繋がり亀裂や欠損を引き起こします。シールを新しく打ち替えてから塗り替える事で、シールの上に塗膜を造りさらに長持ちすることが出来ます。

 

ご質問やご不明な点が御座いましたら、フリーダイヤル0120-948-355までお気軽にお問合せ下さい。

 

このページと共通する工事内容の新着ブログ一覧

2017-09-22 23:25:10 横浜市南区|付け出隅がある場合は隙間にシーリングをして外壁塗装

IMG_8524

近年で使用されている外壁の材質は絞られてきております。そこにもともとの柄や仕上りなどを含めるとたくさんの種類になります。外壁塗装と言うくらいなので、メインは外壁塗装なんですけれども、どのお宅でも「外壁塗装の際に外壁塗装以外でやっておかなくてはならないところ」があり、お宅によってそれはそれぞれ違います。   ...続きを読む

2017-09-22 00:44:01 横浜市神奈川区で傷んだスレート屋根に最適な下塗り材を使います

IMG_8524

横浜市神奈川区で塗装工事中の建物です。木造二階建て住宅の屋根と外壁の塗装工事をおこなっています。 高台に位置しているので見晴らしが良く、窓からみなとみらいが一望出来るなんとも羨ましい立地です!しかし、見晴らしが良い反面非常に風当たりが強いので、建物が傷みやすいというデメリットもあります。建物は紫外線や風雨によって年...続きを読む

2017-09-12 00:45:27 横浜市神奈川区で外壁を上下で塗り分けの塗装工事中

IMG_8524

横浜市神奈川区で塗装工事中のたてものです。工事が始まった最初の頃は雨続きで苦労しましたが、そのあとは天気も良くて順調に工事が進んでいます。 こちらの建物は、1階と2階でデザインの違うサイディングを使用していました。色合いや柄(パターン)が違うサイディングを、幕板という帯をグルッと建物の外周に回すことで綺麗にツート...続きを読む

このページと共通する工事内容の新着施工事例

ページの先頭へ戻る