横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
横浜外壁塗装工房にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ

HOME > ブログ > 大和市築14年サイディング3階建ての住宅を塗り替え調査

本日の現場ブログ

 日々の現場の様子をブログにてご紹介しております。
ご質問などはお気軽にお問い合わせください!

大和市築14年サイディング3階建ての住宅を塗り替え調査

更新日:2016年4月7日

大和市にあるお宅より塗り替え調査のご依頼がありましたのでお伺いいたしました。

外観

築14年でサイディング3階建ての住宅です。サイディング住宅は外壁の目地にシールを使用しております。サイディングの劣化よりも先にシールが劣化するケースが多いので確認しなければならないポイントのひとつです。

シール劣化① シール劣化①拡大

シール劣化② シール劣化②拡大

シールの表面に劣化見られます。表面がボソボソしており弾力が失われております。ゆくゆくは大きな亀裂が生じて割れてきます。

シール劣化③ シール劣化③拡大

こちらは真ん中に亀裂が入りだしており、さらに劣化が進行した状態です。このような状態をご自宅で見かけた場合は調査を受けて下さい。

シール劣化④ シール劣化④拡大

こちらはシール自体が無くなってしまってます。こうなると雨水はダイレクトに浸入します。外壁に取り付けてある幕板とサッシの取合いですので、室内への雨漏りが予想されます。早めの打ち替えが必要です。

幕板コーナー 幕板コーナー拡大

幕板が取り付けたるお宅にはよくある現象でコーナー部分が離れてしまい隙間が出来ております。幕板の表面は加工されておりますが、裏側は加工されていないのが殆どです。加工されていない部分へ雨水が浸入すると劣化が急速に早まりますので、塗り替えの際はシールで埋めて雨水が浸入しないようにしてから塗りましょう。全体的にシールの劣化目立ちます。シールをこのままにしておくと、やがてサイディングの劣化に繋がり亀裂や欠損を引き起こします。シールを新しく打ち替えてから塗り替える事で、シールの上に塗膜を造りさらに長持ちすることが出来ます。

 

ご質問やご不明な点が御座いましたら、フリーダイヤル0120-948-355までお気軽にお問合せ下さい。

 

横浜外壁塗装工房

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
    1. お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着ブログ一覧

      2018-01-18 23:45:05 下塗り材で傷んだスレートを保護します|横浜市神奈川区

      IMG_8524

      横浜市神奈川区で塗装工事中の建物は、外壁サイディングの目地のコーキングは打ち換えが終わりましたので、下塗りに取り掛かりました。屋根のスレートは高圧洗浄でしっかりと汚れと古い塗膜を落としたので、下塗りでスレートを保護して仕上げの塗料の付着性を高めていきます。下塗りの前にもまだやる事があって、棟板金をビスで補強したり、金属部分にサビ...続きを読む

      2018-01-15 21:34:07 サイディングの目地はワーキングジョイントといいます|横浜市神奈川区

      IMG_8524

      横浜市神奈川区で塗装工事中の建物です。屋根と外壁の塗装工事をおこなうのですが、先日高圧洗浄が終わり外壁目地のコーキングの打ち換え工事をおこなっています。スレートは小さなヒビ割れが大分出ていますので、色を付ける前におこなう補修工事で問題ありません。このスレートはスリットが深くまで入っているのでヒビ割れが入りやすくなってしまう材料で...続きを読む

      2018-01-14 15:30:39 モルタルに亀裂が入ってきたら外壁塗装を行う目安|横浜市保土ヶ谷区

      IMG_8524

      「そろそろ外壁のメンテナンスを考えたい」とのことで、横浜市保土ヶ谷区A様より調査のご依頼がありました。築10年が経過した横浜市保土ヶ谷区A様のお宅の外壁は、モルタルで造られた外壁です。モルタルの場合は、築年数の経過により亀裂が入るようになります。外壁は定期的なメンテナンスとして塗装が必要になりますが、モルタルで造られた外壁の場合...続きを読む

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る