横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
横浜外壁塗装工房にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ

HOME > ブログ > 大和市築14年サイディング3階建ての住宅を塗り替え調査

本日の現場ブログ

     

 日々の現場の様子をブログにてご紹介しております。
ご質問などはお気軽にお問い合わせください!

大和市築14年サイディング3階建ての住宅を塗り替え調査

更新日:2016年4月7日

大和市にあるお宅より塗り替え調査のご依頼がありましたのでお伺いいたしました。

外観

築14年でサイディング3階建ての住宅です。サイディング住宅は外壁の目地にシールを使用しております。サイディングの劣化よりも先にシールが劣化するケースが多いので確認しなければならないポイントのひとつです。

シール劣化① シール劣化①拡大

シール劣化② シール劣化②拡大

シールの表面に劣化見られます。表面がボソボソしており弾力が失われております。ゆくゆくは大きな亀裂が生じて割れてきます。

シール劣化③ シール劣化③拡大

こちらは真ん中に亀裂が入りだしており、さらに劣化が進行した状態です。このような状態をご自宅で見かけた場合は調査を受けて下さい。

シール劣化④ シール劣化④拡大

こちらはシール自体が無くなってしまってます。こうなると雨水はダイレクトに浸入します。外壁に取り付けてある幕板とサッシの取合いですので、室内への雨漏りが予想されます。早めの打ち替えが必要です。

幕板コーナー 幕板コーナー拡大

幕板が取り付けたるお宅にはよくある現象でコーナー部分が離れてしまい隙間が出来ております。幕板の表面は加工されておりますが、裏側は加工されていないのが殆どです。加工されていない部分へ雨水が浸入すると劣化が急速に早まりますので、塗り替えの際はシールで埋めて雨水が浸入しないようにしてから塗りましょう。全体的にシールの劣化目立ちます。シールをこのままにしておくと、やがてサイディングの劣化に繋がり亀裂や欠損を引き起こします。シールを新しく打ち替えてから塗り替える事で、シールの上に塗膜を造りさらに長持ちすることが出来ます。

 

ご質問やご不明な点が御座いましたら、フリーダイヤル0120-948-355までお気軽にお問合せ下さい。

 

横浜外壁塗装工房

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
    1. お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着ブログ一覧

      2018-05-27 19:07:23 屋根カバー工事をお考えの方へ|横浜市戸塚区

      IMG_8524

      そろそろ屋根を葺き替えたい、塗装しようかなど、どうしようか決めかねている方に参考になればと、ご紹介させて頂きます。 本日お伺いしました築20年弱。神奈川県戸塚区のお客様のお問合せは、屋根カバー工事で使われる横暖ルーフを設置する場合の予算が知りたいという事でした。 まず知っておいて頂きたいのは、屋根に上がってきちんと調...続きを読む

      2018-05-20 19:19:52 コーキングの補修でお悩みの方へ|横浜市青葉区

      IMG_8524

      本日は築20年、今までに施したメンテナンスは10年前の外壁塗装のみという、横浜市青葉区のお宅にお伺いさせていただきました。 ご相談としてまずお話されたのは、コーキングの痛みが気になるとの事でさっそく立ち合いのもと現場調査にはいります。 また、何か指摘してもらえるところがあれば教えて欲しいとの事でしたので、コーキング以...続きを読む

      2018-05-19 21:41:39 外壁の塗膜が剥がれていたらすぐに塗り替えましょう|横浜市旭区

      IMG_8524

      塗膜の剥がれに気づくことは外壁にとってとても大切なことです。前回の外壁塗装から年数が経っていても、経っていなくても、塗膜が剥がれていたらすぐに塗り替えが必要です。被害を最小限に抑えることの出来る手段です。それは費用面でも同じことが言えます。本日は横浜市旭区のアパートで外壁調査を行いました。    ...続きを読む

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る